遊びじゃない、生き残るために姿を変えろ――「ビートダウン」(1/2 ページ)

カプコン発のバイオレンス/格闘アクションゲーム「ビートダウン」。組織に裏切られ、復讐を誓う5人がメインキャラクターを務める本作だが、顔のわれている彼らだけに、普段と同じ姿では行動に制限がかかる。そんな状況を打開するための「変装」システムを紹介する。ただし、ただの変装と思うことなかれ……。

» 2005年08月06日 00時00分 公開
[ITmedia]

 カプコンが、プレイステーション 2とXboxにて、2005年11月2日に発売を予定している「ビートダウン」。本作は、ザネッティファミリーという組織に裏切られ、追われる身となった「レイヴン」、「アーロン」、「ジーナ」、「ジェイソンG」、「ローラ」の5人がメインキャラクターを務めるタイトル。

 彼らの復讐の対象となるのは、組織のボスである暗黒街の王「ザネッティ」だ。復讐へといたる道は、プレーヤーが数々の「ミッション」を遂行することで紡がれていく。

 ミッションをクリアする方法は1つではなく、自分のやりたいように行動して、最終的に復讐をやり遂げればいい、そのようなシステムとなっている本作だが、その1つである「変装」について紹介していこう。

 先にも述べた通り、メインキャラクター5人は、ザネッティファミリーや警察から追われる身である。ファミリーには彼らの顔を覚えているものもいれば、警察にいたっては指名手配を行っているという。

 そんな中で、平然と街を出歩いていては、もちろん命の保証などない。そこで変装となるわけだ。服装やアクセサリー、髪型といった基本から、いざとなれば整形を行って敵の目をあざむくこともできる。

 また、変装をうまく使えば、ファミリーや警察を相手にした余計なバトルを避けられるほかに、街の住人などから引き受けたヤバめの仕事を遂行しやすくなる。さらに言えば、特定の格好をすることで、街の住人が別人と間違えて話しかけてくることがあり、ほとんどはトラブルに巻き込まれるが、時にラッキーな出来事が起こる可能性もあるとのことだ。

photo 特定の格好をしていると、街のゴロツキから突然声を掛けられることがある
photo 格好いいから着けてたネックレスが、こいつらの敵対グループのモノだったらしい。敵対グループの一員と勘違いされたってことだが……
photo 誤解を解くのも面倒だから、ブッ倒せ!
photo ザネッティファミリー時代のスーツを着ていると、街の住人の反応も変わってくる

 ちなみに正体がバレる危険度についてだが、画面左上に表示されている2つの項目で判断することができる。「警察バッジ」のようなマークが警察から発見される危険度を、「ドクロ」マークがザネッティファミリーをはじめとするギャングに発見される危険度を示しているとのこと。

 なお、この危険度は変装を行うことで下げることができるが、同じ変装のままだと次第に怪しがられる。危険度が100%になった時点で、正体がバレてしまうので、変装しているからと言って安心せずに、周囲にある程度の気を配りながらゲームを進めたほうが良いだろう。

photo 左上のドクロマークが100%となっている。どうやら正体がバレてしまったようだ

 このように本作においては、服装や外見が非常に重要な意味を持っている。最後に変装に役立ついくつかのショップを紹介するので、ただの着せ替えと考えずに、服装や外見をコントロールしながら、うまく物語を進めてもらいたい。 

RAG SHACK

photo 店長こだわりの品揃えでストリートで大人気の古着屋。掘り出し物が見つかるかも。上着、ズボン、靴の購入ができる
photo

イかしたタトゥーを施せ「CLINIC」

(C)CAPCOM CO., LTD. 2005 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)cavia 2005
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」