レビュー
» 2005年08月25日 13時40分 公開

“アクションゲームの面白さ”その答えがここにある(1/2 ページ)

歴代のソニックシリーズから9本を選んで収録したのが、この「ソニック ジェムズコレクション」だ。2002年12月発売の「ソニック メガコレクション」と合わせることで、ソニックシリーズの系譜をより詳しく知ることができる。ファンならずとも必携のアイテムだ。

[水野隆志,ITmedia]

あなたはソニックを知っていますか?

 ゲームに関心のある人なら“なにを愚問な”と思うかもしれない。だが、2005年の今となっては、この質問も結構現実味を帯びている気がしてならない。現在15歳の人の場合、小学生になってゲームにさわり始めたとすれば、だいたい1998年あたりから、ということになる。すでにプレイステーションに代表される32ビット機の時代だ。それ以前の16ビット機の時代となれば、知らない人のほうが多いだろう。

 TVなどで、昔の有名人を取り上げて現代の人がどれだけ知っているかを試す企画があるが、あれと同じように今の小学生に“ソニックって知ってる?”と聞いたら、YESという答えは、いったい何パーセントになるのだろうか。

 まして、ソニックシリーズを実際にプレイしたかとなると、さらに不安が募る。まったく触れたことのないという人も、予想以上に多い気がしてならない。なにしろ、ソニックはその活躍の主要舞台が、メガドライブとゲームギアだったのだから……。

 だが、そこはさすがに過去の名作、コレクションとして復活することがある。これは往年のファンにとっては懐かしいし、現代のプレーヤーには旧作を知る良い機会となる。

photo 青いハリネズミこと「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。セガの幾多のキャラクターの中でも、もっともその名を知られた存在だ

ビギナーズ向け簡単ソニック講座

 ゲームとしてのソニックシリーズを楽しむのに、別に前知識などいらないが、それでもシリーズがどうやって発展してきたか知っておくと、その楽しみ方も変わってくる。ここではごく簡単に、ソニックシリーズの歴史を紹介しておこう。

 ソニックシリーズは、1991年7月にメガドライブで発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」から始まる。徹底的にスピード感を重視した演出が人気を呼び、1992年11月には「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」がリリース。ここで2P用キャラクターとして、キツネのテイルスが初登場する。

 さらにその2年後の1994年5月には「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」が発売。この作品では、ハリモグラのナックルズが登場した。この3本がいわばメインとなる。ここから生まれた、さまざまな作品群がソニックシリーズを構成しているわけだ。

 ソニックシリーズは、メガドライブ以降のセガハードのほとんどで発売されている。中には、海外のみで発売されたタイトルも存在する。そしてセガがハードから撤退してからは、ゲームボーイアドバンスやゲームキューブに引き継がれ、その数を増やしている。その合計は、他機種への移植も含めると、30本以上になるだろう。

photo シリーズが重なるにつれ、レギュラーキャラクターも増えてきた。「ソニック・ザ・ファイターズ」ではそうした面々が、「バーチャファイター」ばりの格闘アクションを繰り広げる

まずはコレクション第1弾のラインナップをご紹介

 「ソニック ジェムズコレクション」は、ゲームキューブで発売された2作目のコレクションだ。前作にあたるのが2002年12月発売の「ソニック メガコレクション」。ここには、以下の7本のタイトルが収録されていた(隠しゲームを含めると本数はもっと増えるが、ここではそれは除外する)。

タイトル 元ハード ジャンル 発売年
1.ソニック・ザ・ヘッジホッグ メガドライブ アクション 1991
2.ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 メガドライブ アクション 1992
3.ソニックスピンボール メガドイラブ ピンボール 1993
4.ソニック・ザ・ヘッジホッグ3 メガドライブ アクション 1994
5.ソニック&ナックルズ メガドライブ アクション 1994
6.ソニック 3Dブラスト ジェネシス アクション 海外発売のみ
7.ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン ジェネシス パズル 海外発売のみ

 このように、前作はメガドライブでリリースされたタイトルのコレクションだった(ジェネシスは海外でのメガドライブの名称)。すでにセガサターン時代に「ソニック ジャム」というタイトルがあり、こちらには、前述のリストのうち、代表作といえる1、2、4、5の4作品が収録されていた。

 これらはソニックシリーズ中でも、もっとも人気の高いタイトルである。音楽で言えば、ベスト盤といったところだろうか。これに対して「ソニック メガコレクション」は名の通り、メガドライブ時代の作品を網羅している。いわば、レーベル限定のシングルコレクション。海外発売のみのタイトルも加えられ、いっそう充実したラインナップとなっているのが特徴だ。

続いて今回のラインナップを紹介

 さて、これに対して今回のラインナップはどうだろうか。

タイトル 元ハード ジャンル 発売日
1.ソニック・ザ・ファイターズ アーケード 格闘アクション 1996
2.ソニック・ザ・ヘッジホッグCD メガCD アクション 1993
3.ソニックR セガサターン レース 1997
4.ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 アクション ゲームギア 1992
5.ソニック&テイルス アクション ゲームギア 1993
6.ソニックドリフト レース ゲームギア 1994
7.ソニック&テイルス2 アクション ゲームギア 1994
8.テイルスのスカイパトロール アクション ゲームギア 1995
9.テイルスアドベンチャー アクション ゲームギア 1995

 ゲームギアからの移植が圧倒的に多い。なんと全体の3分の2にあたる。ところで、メガCDのタイトルが1本入っているが、これがなぜ前作に加えられていなかったかと考えると、メガドライブとメガCDはあくまでも別のハードという発想だから……。

 少し、しゃくし定規な気がしないでもないが、今回加えられてプレイ可能になったのだから、あまりうるさいことは言わなくていいかもしれない。

photo 発売当時の各作品のマニュアルも収録されている。とくにゲームギアやアーケードのインスト画像は貴重な資料だ

あえて昔のゲームを遊ぶ意味

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」