ニュース
» 2005年09月07日 16時39分 公開

歌丸師匠がアニメに?――「落語天女おゆい」製作発表会には声優から落語の重鎮まで登場(2/2 ページ)

[ひろいち,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 本作は落語芸術協会創立75周年を記念して作られる作品だけあって、落語芸術協会の面々も特別な思い入れがあるようだ。それは、師匠方のコメントからも伺い知ることができる。

桂歌丸 落語芸術協会創立75周年を記念してこういうものをこしらえてくださったことに関しまして、私は大歓迎しております。そして、大感謝をしております。(我々落語の世界がアニメになるなどということは初めてのことでございまして)期待もしておれば不安な点もございますが、落語を知らない方がこのアニメを見て落語に興味を持ってくだされば、こんなありがたいことはありません。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

三遊亭小遊三 落語芸術協会の初代の会長は、6代目春風亭柳橋(しゅんぷうていりゅうきょう)師匠。75年前の当時、落語というのは時代の先端を行く娯楽でした。そんな時代の先をいく方でしたから、柳橋師匠が“アニメ”というものを知っていたならば、たぶん落語のアニメをこしらえたんじゃないかと思うわけでございます。

 落語は今“静かなブーム”という妙な言葉で表現されたりもします。騒々しいからブームなんじゃないかなんて思ったりもするわけですが、寄席には若者たちが押し寄せるなんて塩梅でございます。そこでこのブームの勢いを借りまして、アニメで大ブレイクと行きたいところでございます。どうぞよろしくお願いいたします。

桂米助 歌丸師匠や小遊三師匠は本人の役で出るようでございますが、私はこんなガラガラ声のためか悪役の声を担当させていただくようでございます。ぜひガラガラ声の悪役にも注目していただけたらと思います。また、ドラマの影響で若者たちが落語に興味を持ってくれているようでありますから、今度はこのアニメで、若者から子供たちの心までつかめたらと思います。


 ヒロインたちの声を演じる声優さん方も、落語を題材にした物語、しかも75周年記念のプロジェクト作品を担当するということで、思い入れや緊張など様々な思いがあるようだ。

後藤沙緒里 落語芸術協会75周年記念というこの作品に出演させていただけるということは、とても光栄に思っています。この作品のお話をいただいたときには“これから「笑点」を見て落語を勉強しなくては”と思いました。

小島幸子 私は元々落語や講談が大好きで、寄席などにも何度も行かせていただいています。実は先日も小遊三師匠が出演された寄席を見させていただいたばかりなんです。私は落語の話というのは完成された作品だと思っていまして、アニメになったときにどのように表現されるのかというのを今から楽しみにしています。そして、普段から落語に親しませていただいているうえでの表現ができればと思っています。

 また、本作では落語のシーンも用意されているらしく、“声優大喜利”なるイベントの企画も予定されているようだ。歌丸師匠は落語のシーンを演じる声優さん方に対してこんなアドバイスをしてくれた。「落語でもっとも重要なのは“間”です。その“間”というのは噺家1人ひとり違いまして、どういうものかという説明が難しいものでございます。落語の世界では“噺を教えることはできるが、間を教えることはできない”なんてことを申しまして、自ら学ぶしかございません。声優さんたちにはたくさんの落語を聞いていただいて、自分なりに合った“間”を見つけていただければと思います」。

 なるほど、確かに師匠方の話には、記者会見の席であるにもかかわらず、独特の風情や個性が感じられる。それは独自の“間”が生み出しているものなのだろう。声優さん方は放映までにどこまで“間”を体得し、演技に結びつけることができるのか。落語を題材とするアニメだけにひとつの鍵となりそうだ。

アニメのデモムービーを流した際には、師匠方も含め一同が食い入るように見入っていた。一番左の女性は、テーマ曲を歌う渡辺ひろ美さん

 最後に、本作の監督・高本宣弘に語っていただいた本作の魅力を紹介しよう。

高本 プロ中のプロである噺家の方から指示をいただいたり、協力をいただいたりしながら作っていくという作品というのは、ありそうでなかなかないものです。この作品は、我々にとってもアニメ業界にとっても非常に得るものが多いんじゃないかと思いますね。

 高本氏は言い方は悪いがと断りつつ「通常アニメーションで何かを表現する場合には、どこか妥協してしまうことが多い」と語る。昔の街並みは日光江戸村などを参考に描いたり、落語であれば雰囲気を重視して描いたりすることが多いのだとか。「ただ、本作に関しては歌若師匠から指摘をいただいたり、歌丸師匠から落語のビデオをお借りしてきちんとした芸能のベースを教授してもらいながら作ることができました。これまでに放映されているアニメの中でも稀に見る、しっかりとした骨組みを持った作品ができあがったと思います」と、力の入れようは半端ではない。そういった細部のこだわりまで見てもらえれば、この作品の本当の面白さを感じていただけるのではないか、と締めてくれた。

スタッフ:原作/桂歌若プロジェクト 監督/高本宣弘 脚本/頼経康史 キャラクター原案/堀越和音 キャラクターデザイン・総作画監督/大島美和 アニメーション制作/ティー・エヌ・ケー 協力/(社)落語芸術協会 製作/落語天女製作委員会

キャスト:月島唯/後藤沙緒里 飛鳥山雅/小島幸子 谷中妙/沢城みゆき 小石川鈴/清水愛 千石涼/小林ゆう 内籐晶/野田順子 ほか

(C)桂歌若プロジェクト・落語天女製作委員会


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  7. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news080.jpg 武尊、キックボクシング世界王者との激闘でヒザを2カ所骨折 対戦直後には強烈ローキック受けた脚が腫れ上がる
  10. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」