ニュース
» 2005年09月17日 13時50分 公開

元テストパイロットも参戦――「ワールドエアフォース(仮称)」イベント東京ゲームショウ2005――タイトーブース

タイトーブースでは、Xbox 360ソフト「ワールドエアフォース(仮称)」のイベントが行われていた。プロデューサーであるタイトーの河上聖治氏と、元航空自衛隊テストパイロットの田中石城氏が登場。今作についてのデモを行った。

[今藤弘一,ITmedia]
画像 タイトーブースで行われている「ワールドエアフォース(仮称)」のデモコーナー。F14と思われるノーズ風の筐体も

 田中石城氏は防衛大学校卒で、元航空自衛隊のテストパイロット。2000年12月に定年退官したそうだが、F1やF-2の開発にも携わったほか、戦闘機からヘリコプターまで、さまざまな機体を扱ってきたそうだ。もちろん、F15は扱える。

画像 プロデューサーであるタイトーの河上聖治氏(左)と、元航空自衛隊テストパイロットの田中石城氏(右)。田中氏はもちろんパイロットスーツで登場

 ワールドエアフォースの開発に携わった経緯だが、航空カメラマンで有名な徳永克彦氏からの紹介がきっかけ。プロデューサーの河上聖治氏から、空を飛んだことのない子供に夢を与えたいと口説かれて、参加を決めたそうだ。

 田中氏からのアドバイスは多岐にわたる。たとえば、宙返りの時の高度や速度、また何Gでループを行うかとか、その頂点の時の高度や速度はどれくらいか、そして機体の推力や抵抗の状態、離陸時の滑走時間、加速に至るまで、機体性能の細かいところをチューンしていったとのこと。

 「かなり細かいところまで見てくれたので非常にうれしかった。兵器を積んでいるときと、積んでいないときの挙動は違うし、なんといってもF15にはそうそう乗れるものじゃないですから」と河上氏。

 F15は最大9Gまでかけられるそうだ。エレベーターに乗っているときにかかる重力は1.1〜1.2G。4Gになると、ひざに置いてある手が上がらなくなり、5〜6Gでは息ができなくなる。「実際に乗っているときは、首を引っ込めてなるべく心臓と頭が近くなるようにして9Gに耐えるんです。宙返り時から機体を引き起こすときに、それくらいになりますね」(田中氏)。ちなみにスペースシャトル発射時は最大3G。それを考えると、どれくらいの重力がかかるか分かると思う。

 田中氏は、F15搭乗時のエピソードとしておもしろい話を披露してくれた。「何Gかかったかモニターされているんですが、訓練時など9Gを下回ると、整備の人から『隊長、もっとGかけないとダメじゃないですか』って怒られるんですよ(笑)。やっぱり機体の性能を最大限に発揮させないといけないですからね。だから1日何回もやるとぐったりです」。

 イベントでは、河上氏によるデモプレイも行われた。TGSバージョンでは、F15およびF18を操縦できる。河上氏は「ワールドエアフォースは、Xbox 360の“ハイデフエンターテイメント”により実現できた部分も多い。計器類は細かいところまですべて動作していますし、空のビジュアルもきれいに再現できた。雲の感じや、遠くまで見渡せる地面を見てほしい」と語る。

画像 舞台はとある「極東の国」。何となく羽田空港っぽい地形も見えるんですが……
画像 視点変更で計器類の全体が見渡せる。実際にデモプレイで、細かく動くさまを体験してほしい

 TGSバージョンではラダーやエルロンなどをうまく操作しないと操縦できないが、そういった操作になれていない人向けに、製品版では簡単操作バージョンも用意されるとのことだ。

 筆者もブースでデモプレイを体験してみたのだが、機体を引き上げたり、旋回させるときの動作が何となく鈍く感じたものの、動作する計器類は確かにリアルで、ヘッドアップディスプレイが全体に表示される1人称視点のモードだと、本当にコクピットに座っているかのような錯覚を覚えた。

 ただし、河上氏によると、現状ではまだ35%程度の開発段階。今後はさらなるブラッシュアップが図られるに違いない。

画像 ロックオンされると赤く表示。左下では敵機の位置が分かるようになっている

 「ワールドエアフォースは、前作のエナジーエアフォースの流れをくんだ作品。パイロットの気分をリアルに体験したいと思って作った作品なので、コアユーザーをうならせたい。これからもクオリティアップをしていくので期待してください」(河上氏)。

 なお、同じイベントは9月18日午前10時半からも行われる。生のテストパイロットの声を聞きたい方は、是非参加してみるといいだろう。非常に興味深い話を聞けて、筆者も楽しかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」