ニュース
» 2005年09月17日 23時44分 公開

「ICO」から4年……。この感覚を待っていた! 「ワンダと巨像」東京ゲームショウ2005――SCEブース

「ワンダと巨像」試遊台は全部で6台。常に誰かしらがプレイしているといった状態で、ファンの期待の高さがうかがえる。実際にプレイしてみたので、さっそくご報告!

[仗 桐安,ITmedia]

「ICO」ファンのみなさま、お待たせいたしました!

 1年前のタイトル発表からゲームファンの期待度が高かった「ワンダと巨像」(以下、ワンダ)。ソニー・コンピュータエンタテインメントが誇るアクションアドベンチャー「ICO」はその独特の静謐な世界観とシンプルで力強いシステムとストーリーが好評を博した。あれから4年。「ICO」を制作したチームが再結集してつくられたワンダに熱い視線が注がれるのは無理からぬ話だ。

画像 「ワンダと巨像」コーナーに集まる来場者たち
画像

画像 今回のSCEブースにおいてワンダの人気は絶好調。常に試遊台は埋まっており、混雑時には50分待ちになるほどだった

 実際にプレイをしてみた。まず何をしてよいのかわからくて適当にボタンを押していたら馬を呼んで乗ってしまった。コンパニオンのお姉さんに「馬は呼ばなくていいですよー」とご指摘を受ける。遺跡らしきものがあるのでそこに入りたいのだが「入れないなあ」と壁にあたっていると、ふたたびコンパニオンのお姉さん。「中に入るのではなくて外壁を伝って登っていってくださーい」とのこと。ああ、そうか。「ICO」はしっかりがっつりクリアした筆者なのに、その感覚を忘れていた。確かによくよく探すと登れるツタがあったのでR1を押したままにしてよじ登る。

 基本的な移動は△のジャンプとR1を押したままでのよじ登りとかしがみつきとかを駆使することで何とかなる。あるところでは柱の途中に手をかけた状態でその柱を180度ぐるりと移動し△をため押しして離した瞬間に向こう岸にジャンプするなど、けっこう複雑な操作が要求される。慣れでどうにでもなるだろうし、一度覚えれば癖になりそうないい動きをしていた。そしてグラフィックが醸し出すこの世界観はまさに「ICO」印! わくわくするような遺跡の探検を体験できた。

画像

画像 巨像の迫力はハンパではない!どうやったら勝てるのか。知恵と勇気を振り絞れ!

 さて。遺跡をひたすらよじ登り最上段に到着したら、ついに巨像が登場! ○ボタンで剣をかざすことで巨像の弱点が分かる、とあったのでさっそく試してみた。目の前にいる巨像の弱点は頭。しかし自キャラの7、8倍はあるであろう巨像の頭にどうやって攻撃を加えればいいのだろうか。試行錯誤しているうちに踏まれたり蹴られたりしてこちらに大ダメージが。巨像の足から何とか上に登っていこうとしたが、その途中で敢えなくゲームオーバー。約10分の体験はあっというまに終わってしまった。

 圧倒的なグラフィックがまず目をひくワンダ。巨像と初めて対峙したときの興奮は「ICO」の臨場感ともまた違った新しい魅力だったように思う。ただ、間違いなく「ICO」の魂はこのタイトルに受け継がれている。世界観や自キャラの動きなど、随所にあのテイストがちりばめられていた。10月27日の発売まで秒読み段階にあるワンダ。その世界に浸れる日はすぐそこまで迫っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」