ニュース
» 2005年09月18日 17時19分 公開

東京ゲームショウ2005――SNKプレイモアブース:PS2版「ネオジオバトルコロシアム」などプレイアブル出展多数

対戦格闘ゲームの雄として精力的な展開を見せているSNKプレイモアのブースを来訪。「ネオジオバトルコロシアム」を遊んでみたりイベントをのぞいてみた。

[仗 桐安,ITmedia]

中央に特設された大きなステージでイベントに継ぐイベント!

画像 こちらがメインステージ。両サイドに映像が映し出されるため、遠くから見ても臨場感があった

 根強いファンを持つ人気タイトルや最新タイトルが出揃ったSNKプレイモアのブース。その中央には巨大な特設ステージがあり、常に何かしらのイベントを催しているような状態だった。筆者が訪れたときにはKOFシリーズの人気声優によるトークショーが行われていたのだが、ゲームをプレイしてぐるりと回って戻ってきたら、今度は「SNK vs. KDDIオンラインゲーム大会」なるものが開かれていた。そんなメインステージの周りはSNKファンで埋め尽くされ会場はかなりの盛り上がりを見せていた。

画像 KOF声優トークショー。あまりの人の多さに近づけず。ファンたちは大好きな声優さんたちに釘付け
画像
画像 SNK vs. KDDIの夢の競演が実現。実際は少し離れたところにKDDIブースがある。KDDIが提供しているMMBBを介してサテライト対戦。その模様を実況を交えて生でお届けするという企画。KDDI側の男性による八神庵の堅実なプレイが印象的だった

 ブースの周辺にはコアなファンによるコスプレも目立つ。やはりKOFなどの人気タイトルのキャラクターに扮したファンが多かった。メインステージの反対側は試遊台が中心だったのだが、こじんまりとしたサブステージもあり、そちらのほうでは「KOF MAXIMUM IMPACT2」の映像の上映があったり、コスプレイヤーたちによる「コスプレイヤー格闘ゲーム大会」が開かれたりもしていた。

 SNKスタッフに不知火舞の格好をしたコンパニオンが何人かいたのだが、来場者にも同じような不知火舞がいたりして、何だかよくわからないくらいに、コスプレの華があちらこちらで咲いていた。

画像 コスプレイヤー格闘ゲーム大会で優勝したのはK'のコスプレをした来場者。準優勝はテリーに扮した男性だった
画像 たくさんの不知火舞に囲まれて記念撮影。周りにも大勢のコスプレイヤーたちが闊歩していた

 試遊台の多くはもちろんSNKプレイモアのオハコである対戦格闘ゲーム。アーケードの筐体をそのまま持ってきた「ネオジオバトルコロシアム」、「THE KING OF FIGHTERS NEO WAVE」もあれば、ネオジオパッドが接続されたそれらのタイトルのPS2版もある。NEOGEOオンラインコレクションと銘打って相次いでリリースされているタイトル群がまとめて遊べるエリアもあり、いずれも格闘ゲームファンたちによる熱い戦いが繰り広げられていた。そんな熱狂の渦のなか、自身も格闘ゲームファンのはしくれである筆者は、今旬の「ネオジオバトルコロシアム」を試遊してみた。

画像 NEOGEOオンラインコレクションのタイトルが一挙に遊べるエリア。対人戦が熱い!
画像 ブースの一角にはフィギュア展示のコーナーも

新旧ネオジオキャラが揃い踏みで夢のタッグマッチ! 「ネオジオバトルコロシアム」

 まずはアーケード版をやってみようと並んでみたのだが、なかなか自分の順番が回ってこない。なぜだろうと考える間もなく理由は明白だった。ふたつの筐体に沿ってプレイ待ちの来場者は2列に並んでいたのだが、向かって左の筐体でプレイしていた男性が連戦連勝を展開していたのだ。負けた方が退くというのが暗黙のルール。というわけで左側に並んだ来場者は連勝する男性の背中を見ながらおあずけをくらい続ける始末。これではいかん、という流れになって右側にずらりと列ができるようになった。筆者も右側に並び直し20分ほど経過していざ対戦。

画像
画像 現在アーケードでも熱烈稼働中の「ネオジオバトルコロシアム」は試遊台もかなりの人気だった

 テリー・ボガードと八神庵のタッグで挑んだのだが、相手のハンゾウが半端じゃなく強く、あっけなく敗退。多少はがんばってダメージを与えていたのだが、もしかしたら途中までは手を抜いてくれていたのではないかと思うほどに、その男性のプレイは凄まじかった。筆者が負けた時点で25人抜き。ブースをぐるりと回って戻ってきたら40人抜きに! 完全に一強に挑む挑戦者たちという構図になっていた。

画像 爆裂連勝中の男性。最終的には何勝したのだろうか

 アーケード版から少し離れたところに今冬発売予定のPS2版「ネオジオバトルコロシアム」がプレイアブル出展されていたので、こちらも試しにやってみた。PS2にはネオジオパッドが接続されている。

 実際にプレイをしてみるとアーケード版との違いはほとんど感じられなかった。移植度はなかなかなようだ。もちろん今作もKDDI提供のマルチマッチングBBに対応しているので全国のプレイヤーと対戦することができる。具体的な発売日などは決まっていないのでさらなる続報を待とう。

画像 PS2版で遊べる日は近い。楽しみに待っていよう!

 PS2でのオンライン対戦を主軸に今後も対戦格闘ゲームを続々とリリースするSNKプレイモア。「KOF MAXIMUM IMPACT2」の発売も来春に控えていたり、KOFの世界を描いたアニメがWebサイトで配信されるなど、その勢いはまだまだ止まらなそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた