ニュース
» 2005年09月18日 17時19分 公開

PSPとDS、ふたつのダウンロードサービスをリポート東京ゲームショウ2005――SCEブース&セガブース(1/2 ページ)

PSPとDS。どちらもワイヤレス通信機能を搭載した携帯ゲーム機である。今年の東京ゲームショーでは両ハードともに通信機能を活かしたダウンロードサービスを提供していた。あわせてリポートしていこうと思う。

[仗 桐安,ITmedia]

PSS=PlayStationSpot

賑わいを見せるPlayStationSpot

 PS2、PSPと聞けばどんなものかパッと頭に浮かぶだろうが、PSSと言われれば「?」がつく人も多いのではないだろうか。へたをしたらどこが違うのか気がつかないかもしれない。

 今年のSCEブースにはPlayStationSpot(以下PSS)なる半径1メートルにも満たないエリアがふたつ設置されていた。床は黄色い円形でエリアが区切られ、中央にはPSSの紹介がディスプレイされた1本のオブジェが立っているだけ、というシンプルなもの。

 しかしその円形のなかには絶えず来場者が佇み、真剣に自前のPSPとにらめっこをしていた。このエリア内に入ることで無線通信によるダウンロードサービスが受けられるという代物だ。ここぞとばかりに筆者もダウンロードサービスを試してみた。

自前のPSPに斬新なフェイスプレートを装着している来場者を発見! かなり挑戦的なボディカラーだ

 通信によって遊べるコンテンツはかなり豊富で、どれもこれもここでしかプレイできない各メーカーPSPタイトルの体験版ばかりだ。試遊台で遊ぶタイプのプレイアブルタイトルは、ともすれば何分も何十分も待たなくてはならなかったりするが、PSSを使った体験版なら2、3分の待ち時間でプレイできる。

 自前のPSPを持参していることが大前提だが、待ちのストレスから解放されるという意味でPSSの存在は大きいのではないだろうか。事実、ふたつあるPSSはどちらも大混雑で、狭い黄色いエリア内に人々がひしめきあい、エリアからはみだす人には「こちらは通路ですのでもう少し中央にお詰めください」とSCEスタッフから声がかかるほどだった。

 今回は狭いエリアでの提供だったが、今後はこういったタイプの体験版配布がさらに普及してダウンロードサービスのエリアも広がっていくように思った。それでは以下、写真とともに各タイトルを簡単にご紹介しよう。

PlayStationSpotで体験できるゲームをご紹介!

 まずは「METAL GEAR AC!D2」。カードを使った移動と戦闘のチュートリアル的な部分をミッションという形で提示。このゲームがどういったものかという基本操作がやりながら分かっていくという仕組みになっている。グラフィックはかなり美麗、遊び応えは十分だ。


 お次は「バイトヘル2000」。実際に体験プレイできた画面は上記製品版写真とは多少異なる。おばあさんが出した薪をひたすらタイミングよく割り続けるという単純作業なミニゲーム、かと思いきや、たまにうさぎとかくまのぬいぐるみが置かれることがあり、それらを割ってしまうとぬいぐるみがえげつなくグシャリ、いやーな気分になりつつもゲームオーバーになる、という内容だった。最後にそれまでに割った薪の数からバイト代が算出され領収書の画面になるなど、全体的にシュールでおバカなテイスト。


 SCEのミニゲーム集といえば「ピポサルアカデミ〜ア2」。実際にプレイできたミニゲームは上記製品版写真とは全く違うもの。画面の端と端にピポサルがいて、○ボタンでお互いカゴを横に伸ばし、上から降ってくるバナナを相手よりも多く穫れたら勝利、という単純なものだった。シンプルなだけに対戦なら熱くなれそうな内容である。


 SCE発の新規タイトル「LocoRoco」。個人的にはかなりツボにはまった。LボタンとRボタンを駆使して地面を傾けたり揺らしたりすることでぷにぷにした主人公を先へと進ませる。傾きをゲームにとりいれたタイトルは他社製品でも幾つかあったが、今作はそのポップなキャラクターと単純操作が人気を呼びそう。操作は単純でやるべきことは頭に思い描けるのに、やってみるとなかなかどうして難しかったりする、という点に良ゲーの匂いがした。製品版に期待したい。


 ナムコから発売予定の「ポータブルリゾート(仮称)」はプライベートアイランドで自由気ままな暮らしができる、大人のためのエンタテインメント・ツール。ゲームらしからぬ新しいエンタテインメントが売りの今作は体験版もゲームらしからぬ内容。

 なんとPSPを上下反対に持つことでウクレレが演奏できてしまうのだ。△などの各ボタンを押しながらアナログスティック部分をぺろんとはじくと音が出るという仕組み。楽譜らしきものが出てきて曲が弾けるようだったが難しくて筆者には演奏できなかった。斬新な遊びを提供してくれそうなタイトルだ。


 ハドソンの異色アクションRPGの続編「煉獄2 The Stairway to H.E.A.V.E.N.」。今回の体験版では通信対戦が可能だった。会場内にいるであろうどこかの誰かと突然の対戦。アイテムを拾い己自身をパワーアップさせて限られたエリアの中で隠れつつ逃げつつ戦いつつ。けっこうがんばったのだが相手のほうが一枚も二枚も上手だったようでさっくり負けてしまった。今回のPSSで唯一対人戦ができる体験プレイだった。こういった形での無線を介した対戦環境は今後ぜひ拡充していってほしいところだ。


 最後にカプコンの「ロックマンロックマン」。キャラクターなどにポリゴンが使われ見た目は3D化しているものの、実際の画面なり操作感覚なりは2Dのまま。軽快な横スクロールアクションが楽しめた。よくも悪くも変わらないロックマンテイストである。

セガのDSダウンロードサービスは大盛況であったが……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」