ニュース
» 2005年09月21日 14時40分 公開

日本のゲーマーが世界へ羽ばたく日は近い? World Cyber Games2005日本予選リポート東京ゲームショウ2005――World Cyber Games2005日本予選(2/3 ページ)

[松井悠,ITmedia]

―― 4dNのメンバーは普段どんなことをしているんですか?

Nao-K 現在所属している学生メンバー以外は、自分たちそれぞれの仕事をしながら、自宅でネットワークのプレイを行い、試合前、あるいは遠征時に集まってLAN環境下、つまり試合と同じ環境を組んでプレイを行います。

 中国遠征の前は、全員で東京に集まって、インターネットカフェで一週間くらい練習を繰り返しました。

 選手が自宅にいるときは、毎日2〜3時間は「aim」マップという、四角い箱の中に、障害物が点々とあるシンプルなマップで、1vs1の照準練習を行うことを義務づけています。ありとあらゆる条件下で、1vs1の戦闘を制することができるようになってもらいたいということで、日々の練習を行ってもらっています。

 メンバーが集まったときの練習は、試合で採用されるマップの研究がメインになります。どこの壁が銃弾を通すのか、ゲーム中の進行ルートの模索、手榴弾の投げ方の練習、こうった地味な作業を延々と行います。

 また、Counter-Strikeのプレイレベルの高い台湾や韓国のトップチームと交流をしているので、皆が集まったときは彼らとオンラインで対戦をしてもらったりしていますが、やはり回線速度の問題でラグが発生してしまいます。オフラインで行う大会とはどうしても環境が異なってしまいますからそこがなかなか難しいところです。

―― 現在日本最強という立場にいる4dN.PSYMINですが、その強さの理由はどこにあるのでしょうか?

Nao-K それぞれの選手のモチベーションの高さですね。インターネット上で配布されている海外のトッププレイヤーたちのリプレイファイルをありとあらゆる角度から検証しています。当然ながらほとんどのサイトが英語ですが、それを理解するために選手たちは自発的に英語を勉強しています。

 もちろん、もともとのプレイスキルも重要ですが、その後の環境を整えるのも大事ですし、Counter-Strikeはチームプレイを行うゲームなので、コミュニケーションをいかにとるか、も大事です。

 4dNのリーダーは現在19歳と、かなり若いですが、年上のメンバーに対しても、練習中、試合中の悪い部分はしっかりと指摘します。なぁなぁでやっていては絶対に勝てませんから。4dN.PSYMINの「絶対に勝つぞ」というモチベーションの高さが強さの秘訣かもしれません。

WCG2005日本予選最終試合直前に作戦を確認しあう4dN.PSYMINのメンバーたち。彼らの試合にかける情熱こそが、その強さの秘訣だ、とNao-K氏は語る

―― コンシューマと違って、マシンスペックによって「強さ」の差が出てくるPCゲームですが、普段の選手たちのマシンはどのようなものを使っているんですか?

Nao-K 実は選手によってばらばらですね。一番低スペックだと、ペンティアムIIIの500Mhz程度でプレイしているメンバーもいれば、一番上ですと、最新最速のマシンを使っているメンバーもいます。正直なところ、全員分を統一したいんですが、日々進化するマシンを、企業として常時提供していくのはなかなか金銭的に難しいところがあります。

―― WCG本戦が11月にありますが、これから先の4dNの予定は?

Nao-K まずはWCGにでて、それから11月の後半に予定されている「CPL冬季大会」の日本予選参加、来年韓国で行われる「WEGシーズン4」の参加を予定しています。そして、来年は4dNの最終目標である「CPL夏季大会」に照準に合わせています。

 WCGの目標はもちろん優勝ですが、今回のCounter-Strikeは僕たちがメインでやっているバージョン(Counter-Strike 1.6、WCGは最新バージョンのCounter-Strike:Sourceを使用して行われる)ではないんです。マップオブジェクトの違い、手榴弾の軌道の違い、集弾率の違いがあるので、他のチームがどのような状態で出てくるのか全く未知数です。これから本戦までの2カ月間でどこまでそのバージョンにメンバーたちがあわせられるか、というところが課題になるでしょう。現在、世界中のプレイヤーがバージョン1.6でプレイしているので、おそらくWCG本戦では、大波乱が起きると思います。

 ただ、来年のCPLがまた、バージョン1.6で行われることになっていて……そこも難しいですね。現在多くのプレイヤーが支持しているバージョンで大会を行わないというところで、運営側と選手の温度差が若干でてきているのかもしれません。

 いずれにせよ、まずは目前に迫ったWCG2005のグランドファイナルに向けて、最終調整に入ります。結果をご期待ください。

PCゲームの大会で実況を務める事も多いNao-K氏。今回もWCG2005日本予選に裏方として参加、ストリーミング放送での実況放送を行った

日本に「e-sports」の波を。WCG2005日本予選プロデューサー安氏インタビュー

 2003年よりWCG日本予選の運営を行っている株式会社テクノブラッドプロデューサーの安氏にお話を伺った。「e-sports」を軸に、新しい形でゲームの世界が広がる、と言う安氏の見る将来とは。

安 成道氏。株式会社ネットカフェ事業支援本部e-Sportsマーケティング部。WCG2005日本予選プロデューサー

―― 現在、WCGの他にCPL(Cyberathlete Professional League)などのPCゲームイベントの運営も行われていますが、現在「ゲームイベント運営」というビジネスは成立しているのでしょうか?

 正直に申し上げて昨年、一昨年は非常に苦しい時期でした。しかし、「きちんとイベントをやっている会社」という信頼感をスポンサー企業さんに持って頂くことができて、今年度のイベントの運営費はスポンサーさんから協賛をいただいてまかなっています。

 多くの企業の方はWCGやそのコンセプトに対する興味が非常に高くて、現場の担当者レベルでは大いに盛り上がるんですが、いかんせん認知度が低いために、なかなか具体的なビジネスのお話までは到達しない。それでも、そういった中で今年は東京ゲームショウでWCGの予選ができたというのは非常に大きいですね。

―― 今回のWCG日本予選では本戦と同じCounter-Strike:Sourceが採用されました。しかし、他の国の予選では、プレイヤーに人気のあるバージョン1.6を使用していた、と聞きますが……。

 今回、日本でもメジャーな1.6を使用せず、Sourceでの日本予選が行われた、ということで選手たちには不満があったと思います。しかし、今回、WCG本部に「絶対に本戦のバージョンはSourceである」ということを何度も確認した上で、本戦と同じバージョンで日本予選を行うということにしました。

 弊社としては、Sourceで本戦をやるのに、予選が違うバージョンであるというのは問題ではないかと。1.6の強さがそのままSourceの強さと言えるわけではないだろう、ということで、そういうチョイスをしました。

―― また、今回、日本でははじめてコンシューマのトーナメントがありました。

 こういったゲーム大会を開催するにあたって、まず、日本がゲーム大国といわれて久しいにもかかわらず、今までに一本も日本のタイトルが採用されていない。これが日本におけるWCGの牽引力が低い理由だと思っているので、なんとか日本のタイトルを採用してもらいたいと働きかけていました。

 また、WCGの採用タイトルがPCゲームメインになっている中で、日本における参加選手数を増やすというところで、コンシューマのプレーヤーにもこういう世界があるということを伝えなければいけないだろう、という気持ちもありました。

―― 結果として、予選参加人数が200名近くになりました、手応えはいかがでしたか?

 やっぱり、日本はコンシューマが強い。今回の東京ゲームショウの入場者数を見ても、ゲームをプレイする人たち、興味がある人たちが日本にはこんなにいるんだ、と。そういうところで、日本のプレイヤーをどんどんこういったイベントに取り込んでいきたいと思っています。

WCG2005日本予選会場の裏にはイベント進行、ストリーミング用の放送席が設置されていた。こういったノウハウの蓄積も今後さらに重要になることだろう

我々のイベントは「ゲームのプロモーション」ではない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」