インタビュー
» 2005年10月26日 16時20分 公開

乙女たちが再び自らの宿命に挑む!! 「ローゼンメイデン トロイメント」 (2/2)

[ひろいち,ITmedia]
前のページへ 1|2       
翠星石(すいせいせき・声/桑谷夏子)
性格は計算高く、毒舌家な性格のローゼンメイデンで、蒼星石の双子の姉。“夢の庭師の如雨露(じょうろ)”と呼ばれる道具で、人の心に養分を与えて元気付けることができる

桑谷 前作同様、毒舌をがんばっていきたいと思います。もちろん翠星石の見どころはその毒舌なので、しっかり注目してください。

蒼星石(そうせいせき・声/森永理科)
とても真面目な性格のローゼンメイデン。翠星石の双子の妹。“夢の庭師の鋏(はさみ)”と呼ばれる道具で、人の心の中のかげりを取り払うことができる

森永 実は、私はすでに松尾監督から今後の展開というのをあらかじめ聞いておりまして。蒼星石には涙なくしては語れないような展開が待っているようなので、非常にプレッシャーを感じているのですが、それにも負けないようにがんばりたいと思っています。

雛苺(ひないちご・声/野川さくら)
甘えん坊かつ食いしん坊のローゼンメイデン。見た目どおり性格もお子様。第1期シリーズで真紅との戦闘に敗れ、真紅の家来として仕えることになる

野川 ヒナちゃんは前作同様平和の象徴として、見ている皆さんにも他のドールにも幸せを振りまくような女の子です。監督さんやスタッフさんのリクエストどおりに“へたくそな”歌を一生懸命に歌ったり、彼女らしいカワイイシーンを見て微笑んでいただけたらなあと思います。

薔薇水晶(ばらすいしょう・声/後藤沙緒里)
第2期シリーズより登場する新たなローゼンメイデン。戦いこそがすべてと考え、ローゼンメイデン最強の存在になることを目指している

後藤 私は個人的に「ローゼンメイデン」のファンだったんですが、それに出ることができてすごく光栄です。ただ敵役なので、ものすごい酷いことするんだろうな、でもみんな嫌わないでねなんて思っています。精一杯演じますのでぜひみなさん見てください。

金糸雀(かなりあ・声/志村由美)
自称「ローゼンメイデン随一の頭脳派」。しかし、実際は偵察中に屋根から落ちるなど、真紅たちの邪魔をしようとしてはカラ回りすることが多い

志村 今回新キャラクターということで、精一杯演じていこうと思っています。とってもとっても可愛いドジっ子キャラなので、ぜひ見てあげてください。

白崎(しろさき・声/櫻井孝宏)
桜田家の近隣のドール店で、店番として働いている青年。ジュンや巴にも気さくに話しかけてくる軽い性格

櫻井 白崎は本作からの登場なのですが、謎だらけのキャラクターで僕にも未知な部分がたくさんあります。今後どのように描かれていくのか楽しみにしています。謎を持った妖しげな感じも含めて、精一杯がんばっていきたいと思います。

槐(えんじゅ・声/小野大輔)
白崎と同じドール店でドール師をしている青年。確かな腕の持ち主だが、芸術家肌でほとんど口を開くことはない。

小野 白崎同様ミステリアスなキャラクターなので、僕自身戸惑いもありますが、僕なりの槐で本作の世界に色をつけていければと思っています。最初に監督から説明を受けた際に、槐はドールバカという位置付けだと伺ったので、そのあたりを存分に演じて行きたいと思います。


 声優陣に続いては、監督の松尾衡氏にもお話を伺った。本作の展望をもっともよく知る松尾氏からしか聞けないような、今後の物語に関する興味深い話も飛び出した。

―― オリジナル要素の強い物語にしようと思った理由はなんですか?

松尾 私は“続編なんだから原作の続きをトレースすればいい”というふうには思っていないんです。本作の物語は基本的にオリジナルのストーリーで進みながら、原作のエピソードをポイントポイントで盛り込むような形になるでしょう。しかし、原作者のPEACH-PITさんにはシリーズ監修をお願いするなどして、原作から大きく逸脱した話にはならないようにしています。PEACH-PITさんが原作コミックではやっていないけれど、実はやってみたいと思っているようなことも盛り込んでいきたいですね。

―― 第2期シリーズではどのようなテーマで描かれていくのでしょうか。

松尾 私はもともと第1期シリーズのみで終わるつもりで作っていたんです。だから、第1期シリーズでやり残したということはほとんどなかった。ただひとつだけあったのがアリスゲームです。これだけは消化しきれないっていうのが最初から分かっていて、なるべくアリスゲームにスポットが当たらないような物語の展開にしておいたんです。だから、第2期シリーズをやることが決まったときには、すぐにテーマが決まりました。第1期ではジュンを中心に描いていたから、第2期シリーズでは真紅を中心にアリスゲームを描いていく。

 アリスゲームって真面目に考えるととてもひどい話で“じゃあアリスゲームが進行していったらどうなるの?”って普通に考えたら“やっぱりこうなっちゃうんだよね”という。そういう流れで全話やってしまいたいと思っています。

 ドールは全部で7体いて、考え方が違うそれぞれのキャラクターに役割を与えています。ですから多少ムリヤリみたいなキャラクターもいるんですが、“やっぱり彼女達ってローゼンメイデンだったんだよね”ということなんかもこれからちゃんと描いていこうと思っています。だから今回の話は前作と各キャラクターの役割がかなり違った作品になっていると思います。そういう意味ではまた違った楽しみがあると思いますので、ぜひ期待していてください。

前列左から野川さくらさん、森永理科さん、沢城みゆきさん、真田アサミさん、桑谷夏子さん。後列左から小野大輔さん、櫻井孝宏さん、津久井教生さん、松尾衡監督、力丸乃りこさん、志村由美さん、後藤沙緒里さん、倉田雅世さん
  • 10月20日からTBS地上波にて毎週木曜日深夜1時55分から放映開始
  • 11月3日からTBS系BSデジタル局BS-iにて毎週木曜日深夜1時から放送開始予定
  • 11月4日からCBCにて毎週金曜日深夜3時45分より放送開始予定
  • 12月10日からMBSにて毎週土曜日深夜2時55分より放送開始予定
(放送日時は変更される可能性があります)
  • スタッフ:原作/PEACH-PIT 監督/松尾衡 シリーズ監修・キャラクター原案/PEACH-PIT シリーズ構成/花田十輝 キャラクターデザイン/石井久美 イメージデザイン/春日井浩之 美術監督/柴田千佳子 色彩設定/勝沼まどか、井上英子 撮影監督/岸克芳 編集/武宮むつみ 音響監督/鶴岡陽太
  • キャスト:真紅/沢城みゆき 桜田ジュン/真田アサミ 水銀燈/田中理恵 雛苺/野川さくら 翠星石/桑谷夏子 蒼星石/森永理科 薔薇水晶/後藤沙緒里 金糸雀/志村由美 桜田のり/力丸乃りこ 柏葉巴/倉田雅世 白崎/櫻井孝宏 槐/小野大輔
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.