レビュー
» 2005年10月31日 21時23分 公開

あの日の輝きをもう一度――ノスタルジー上等! 時をかけるゲーム「オレたちゲーセン族」レビュー(2/4 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]

イー・アル・カンフー(1985年:コナミ)――16の技を駆使して敵を倒せ! ではなく、数個の技で敵を倒す

 コナミといえば、横スクロールシューティングゲームの元祖とも言えるスクランブルでアーケードゲームデビューを果たし、今現在はフィットネス事業をも手がける巨大な会社だ。一部の人には、「グラディウス」シリーズや「ときめきメモリアル」などのタイトルをあげると、分かりやすいかもしれない。

 そんなコナミが「イー・アル・カンフー」をリリースした1985年といえば、「グラディウス」や「ツインビー」がゲームセンターにデビューした年でもある。グラフィックの美しさに定評のある同社が手がけた格闘ゲーム、それがイー・アル・カンフーだった。

 このタイトルはアーケードだけでなく、ファミコンやMSXなどにも移植されたので、プレイしたことのある人も多いだろう。しかし、それらはアーケード版とはまったくの別物。だが、下手な移植ではなく、コンセプトはそのままにハードの性能を見極めた、正しい方法でのコンバートだったといえる。とはいえ、そのオリジナルとなったアーケード版をプレイした人は意外に少ないのではないだろうか?

大多数の人はファミコン版しか知らないかもしれないが、これが本家本元の「イー・アル・カンフー」

 そんな本作だが、ゲーム付属のマニュアルを読んでいて、おもしろいことが書かれているのに気づいた。それは、「イー・アル・カンフー」というタイトルの意味だ。今まで、何か適当にゴロを合わせただけだろうと思っていたのだが、解説によると“イチ、ニのカンフー”という意味になるそうだ。 もちろん、それを調べたという作者も、開発者に確認を取ったわけではないので、それが本当かどうかは分からないと書いてあったが……。

 ゲームは、8方向レバーと2ボタンでのプレイとなり、敵と1対1(一度だけ1対複数もアリ)での対戦が繰り広げられる。この時代の作品なので“防御”などという概念は存在せず、ひたすら逃げるか攻撃するか、どちらかの操作を繰り返すのみ。とはいえ、攻撃はレバーとボタンの組み合わせで16通りもの技を繰り出せるようになっているので、今のちょっとした格闘ゲームよりも豊富に揃っているのだ。

 例えば、方向キーを上に入れながらパンチボタンを押せば上段突きになり、左に入れながらキックボタンを押せば上段回し蹴り(?)になるといった具合だ。ところが、技が16あっても実際に使い物になるのは数種類のみというのが、なかなかユニークなところ。敵が強くなるにしたがって、プレーヤーは手堅い技ばかりを使うようになっていくのだが、それもしかたのないところといえるだろう。

 また、主人公は自由にジャンプできることができるので、これを上手に利用し攻撃しては逃げるを繰り返すのが、勝利のコツかもしれない。

ボタンとレバーの組み合わせで、様々な技が繰り出せる。でも、試せるのは1面や2面までで、そこから先は使える技しか出さなくなる
敵の上を飛び、着地と同時に攻撃してまた逃げるのも、戦法の一つ。それにしても、常人ならざるジャンプ力を誇る主人公は、サイボーグか何かなのだろうか?

 なお、登場する敵は全部で11人。9人目から難易度が突然上昇し、10人目のトンファンと11人目のブルースに至っては、慣れないうちは“インチキ?”と思えるぐらい強い。そこまでの道のりが単調なので、人によっては飽きるのも早いかもしれないのが残念なところ。とはいえ、現在の格ゲーの基礎を作った1本であることには間違いないので、「バーチャファイター」や「鉄拳」をプレイしている人たちには、一度はプレイしてもらいたいタイトルだ。

最強の敵、ブルース。ここにたどり着くまでに疲れてしまい、精神的にプレーヤーが負けているという話も

テラクレスタ(1985年:日本物産)――合体の感動は残っているけれど、今回は自動合体で楽チン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/26/news054.jpg YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  2. /nl/articles/2206/26/news037.jpg 捨てられていた茶トラの子猫を保護、5年がたち…… 美しく幸せいっぱいに成長したビフォーアフターに祝福の声
  3. /nl/articles/2206/25/news079.jpg 「違法薬物が隠れている段ボールはどれ?」 税関が出題したクイズが難問 「常人には分かんねえよ」「難しすぎ」
  4. /nl/articles/2206/26/news058.jpg 「急に目が痛くなりすぎて開かなくなって」 川崎希、“やばい”と感じ旅行先の沖縄で病院へ
  5. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  6. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  7. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  8. /nl/articles/2206/25/news064.jpg この画像の中に「ネズミ」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  9. /nl/articles/2206/22/news102.jpg 留守番中の愛猫を見たら……おっさんみたいにくつろいでた 振り返る姿に「貫禄がw」「可愛すぎてしんどい」の声
  10. /nl/articles/2206/24/news185.jpg 「Steamサマーセール2022」が到来 おすすめの激安PCゲーム紹介でTwitterが大にぎわい

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」