レビュー
» 2005年10月31日 21時23分 公開

あの日の輝きをもう一度――ノスタルジー上等! 時をかけるゲーム「オレたちゲーセン族」レビュー(3/4 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]

テラクレスタ(1985年:日本物産)――合体の感動は残っているけれど、今回は自動合体で楽チン

 日本物産と聞くと、何やらどこか総合商社のようなイメージだが、カタカナでニチブツと書けば、すぐに思い出すだろう。あの、「ムーンクレスタ」や「クレイジー・クライマー」といった名作を生み出した、老舗のゲームメーカーだ。1985年にリリースされた「テラクレスタ」は、80年にデビューしたムーンクレスタの続編という位置づけの作品となる、合体シリーズ第2弾だ。

前作の固定画面から縦スクロールへと変貌を遂げ、画面はよりカラフルになった

 そんな85年は、御巣鷹山で日航機が墜落するという悲しい出来事だけでなく、科学万博つくば85が開催された年でもあった。その最先端の科学に触れたからなのかどうかは分からないが、前作ムーンクレスタが3機合体だったのに対して、テラクレスタでは最大で5機が合体できるシステムにパワーアップされている。

 さらに、全機合体が成功すると8秒間無敵となる火の鳥に変身し、どんなザコ敵でも一撃のもとに葬り去ることが可能なのだ。この火の鳥が見たいがために、当時は足繁くゲームセンターに通ったもの。相当数プレイはしたが、ボスはそれほど強くないので、どちらかというとヌルゲーに分類されるタイトルだったのかもしれない。

科学忍者隊・なにがし、がネタの元になった……と勝手に推測している、5機合体時の火の鳥。無敵時間がそれほど長くないのが残念
途中に出現する、中型母艦チューボ。このネーミングセンスは、疑ってあげた方がいいのだろうか?

 ゲーム内容はオーソドックスな縦スクロールのシューティングで、地上と空中に出現する敵を破壊しつつ、途中に現れるボスを倒して先へと進んでいく。地上の特定場所へ到達すると、地下から格納庫が自動的に出現。数字の書かれたロックを破壊することで中から味方機が現れ、合体すれば自機の攻撃力や防御力ががアップする仕組みだ。

 さらに、2機以上になるとフォーメーションボタンを押すことでフォーメーションが組めるようになり、ショットの威力が大幅に上昇。堅いザコやボスに大ダメージを与えられる。ただし、フォーメーションが使えるのは3回までだが、合体すれば再び3回使えるようになるシステムだ。もちろん前作と同じように、合体すれば当たり判定も大きくなるので敵弾が避けづらくなるが、弾を受けても合体した味方機がやられるだけで済むため、結果としては有利になる。

2号機は、2と書かれたロックを破壊すると出現する。合体すれば攻撃力アップ
合体している機数により、フォーメーションも変わってくる。一番バランスが良いのが3機合体時のフォーメーション

 改めてプレイしてみると、当たり判定の大きさに驚いたり敵がもの凄い位置から弾を撃ってくるなど、今どきのシューティングに慣れていると不親切に感じるかもしれない。しかし、それが80年代テイストだと思えば、なんとなく納得してしまうはず(笑)。

 非常に悔やまれるのは、国内版のBGMしか聞けない点だろう。テラクレスタのBGMは国内版と海外版ではまったく変わっていて、個人的にはCDなどで聞いていた海外版のBGMが耳に残っているだけに、オプション設定などで選べるようにしてほしかったところ。というか、海外版のゴージャスなBGMを一度聞いてしまうと、国内版のBGMはちょっと……というのが正直な感想なのだが。

BGMだけは、選択式にしてほしかったところ。それが変えられるだけで、戦いのモチベーションも上がるのだが

 なおバーガータイムと違い、テレビを回転させて縦画面で表示できるのは、往年のゲーマーにとっては嬉しい仕様。アーケードでの感動を自宅でも! という人ならば、ぜひテレビを縦に置いてプレイすることを勧める。もちろん、それが原因でテレビが壊れたとしても、一切の責任は負えませんのであしからず。ちなみにハイスコアのコツは、5機合体→やられる→5機合体→……という感じで、合体してはやられる、を繰り返すこと。また、敵弾を大げさに避けることと、上下ではなく左右主体で敵の攻撃をかわすことをマスターすれば、実は簡単なゲームということに気づくはずだ。

あらかじめ、回転可能なテレビに映し出しながら撮影した縦画面モード。この状態でプレイすると、もう横画面でプレイする気が起きなくなる

スーパーバレーボール(1989年:ビデオシステム)――不思議な名前の日本代表と共に世界制覇を目指す!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」