ビジネスとエンターテインメントの両立「三國志」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2005年11月30日 10時09分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

信長と三國志はまったく違うゲームだった

 「三國志」最大の特長は、君主以外にさまざまな武将が登場することである。

 「信長の野望」シリーズでは、配下の武将が登場したのは「戦国群雄伝」以降。「全国版」では大名が直接すべてのことを指揮していたのだ。

 選んだ大名が死ぬと、即ゲームオーバー。高齢の大名になると、他国と戦いながら寿命とも戦わなければならない。

 私は昔から、現実世界で仲間が少ないので、個人的にはこの「信長の野望」の一人で何でもやるシステムも好きだ。だけど三国志のほうは、やっぱり多彩な豪傑が登場しないと、らしくない。関羽や張飛が出てこない三国志は三国志じゃない。

 知力の高い人物は、軍師となって、プレイヤーの行動に対して助言を与える。人材の引き抜きが成功するかどうか、戦争に勝てそうかどうか、行動する前にわかるのだ。

画像 うっかり冬に部隊を移動させようとして、「寒さで多くの兵士が死ぬでしょう」と警告されることもあり、初心者にも親切だ

 ただし軍師も予測を誤ることがある。「なんだい、『必ず人材が見つかる』って言ってたのに」と怒ってはいけない。

 軍師の人間らしさがそこに表現されているとみるべきだろう。

 武力の高さは、もちろん戦闘に大きく影響を及ぼす。

 呂布など武力の高い武将が率いる部隊は、戦闘で兵をなかなか減らさない。「三國志II」以降に比べると、武力による影響がもろに出るような気がする。

画像 戦闘はボードのシミュレーションゲームでおなじみの、六方向に進めるマップで展開。攻める側は兵糧をどこかに置いておかなくてはならない。兵糧を守備側に取られたら負け。官渡の戦いにおける、烏巣の夜襲のようなことが起こり得る

 忠誠度の低い武将は、ほかの君主から引き抜かれやすい。また、戦闘時に裏切ることもある。前の職場に不満を持つ人物を引き抜くと、最初から忠誠度が高い。

画像 関羽と張飛が2人でかかっても倒せなかった呂布の武力は最高値の100。しかし主君をたびたび裏切ったので、忠誠度は32しかない

 逆に、戦闘で敵の武将を捕らえて召し抱えても、前の君主に忠実だった武将は忠誠度が低く、そのままではすぐに引き抜かれてしまう(関羽が曹操に捕らえられた後、結局劉備のもとに戻ったように)。

 もっとも関羽とは違って、このゲームの武将は金を与えると忠誠度が上がる。

 単純な気がするが、案外これが人を使う際の本質を突いているのかもしれない。

 高いお金を出すということは、使う側がその人を高く評価しているということでもあり、雇われる側も“士は己を知る者のために死す”と意気に感じるようになるのかもしれない。

現在のゲーム業界が抱える問題を既に克服

 最近はゲームが複雑になったために、開発期間が長くなり、コストも増大している。これは今のゲーム業界が抱える大きな問題だ。

 しかしコーエーのゲームは、昔から他社のものに比べて、開発期間が長かった。それだけコーエーのゲームが、当時から複雑で緻密だったといえる。

 その分、他社のゲームより価格も高かった。ファミコンソフトの中心価格帯が5000円台だった1988年、「三國志」と、その半年前に出た「信長の野望・全国版」は9800円だった。

 パソコン版の値段に合わせるという意味もあったのだろうが、やはり開発期間が長いことと、容量の多いROMやS-RAMが必要だったことが、高くなった原因だろう。

 そのかわり、長い期間繰り返し遊べるので、コストパフォーマンスは高いのだが。

画像 画面をぱっと見ただけでも、これだけの数値とコマンドの存在するゲームを作ることが、いかに大変なことかがうかがい知れる

 スーパーファミコンの時代には他社のゲームが高くなってきたこともあり、ゲームソフトの価格高騰が問題視される。プレイステーションの時代に入ると、CD-ROMの採用によってゲームソフトの中心価格帯が5000円台まで下がり、コーエーのゲームの高さが際立つようになってしまった。

 そのためかコーエーはこの時期、ファン層を広げるべく歴史もの以外のシミュレーションゲームを開発したり、開発期間の短い、シミュレーション以外のジャンルの作品を多く発売したりしている。

 そんな中から「アンジェリーク」や「三國無双」といったゲームが生まれ、現在の同社の繁栄につながっている。

 つまりコーエーは、今のゲーム業界が抱える問題を、以前から経験していて、それを克服してきたといえるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」