連載
» 2005年11月30日 10時09分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ビジネスとエンターテインメントの両立「三國志」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

孫子の兵法にのっとったシステム

 「三國志」には、「三國志II」以降に受け継がれなかったシステムがいくつかある。

 例えば、ひと月で1国につき1回しかコマンドを実行できない点(「II」では武将1人につき1回)。

 人材登用など、君主しか実行できないコマンドが出しにくく(その国でほかのことができなくなる)、在野武将が順番待ちすることも。

 また、火計の効果が「II」以降とは異なる。「II」では火をかけられた部隊は兵士が減るが、「三國志」では兵士は減らない。しかし、次のターンで火から離れないと、部隊まるごと全滅してしまうのだ。

 周りを火で囲まれてどこへも進めなくなったら、戦場から退却するしかない。うまく使えば敵軍を一気に減らせるし、守備側にとっては時間稼ぎにもなる。強力な攻撃手段なのだ。

 火計という攻撃方法があるのは、孫子の兵法で重視されているからだろうか。孫子では火攻めの利点とその方法が、「火攻篇」(火陳篇)という独立した章になっている。

画像 風向きに気をつけないと、敵にかけたはずの火が、味方に燃え移る危険性もある

 考えてみれば、“領国経営がおろそかになれば戦争もままならない”というのも、孫子はじめ中国の兵法書にのっとったシステムだ。

 三国時代には兵法が重要視されていた。三国志の曹操は、孫子の注釈を書いたことでも知られる(後世に伝わっている孫子は、曹操が注釈を書いた魏武帝註孫子が基になっている)。

 「三國志II」では、外交戦略や策略など兵法的な側面が、さらに強くなってくる。次回は「三國志II」と中国の兵法について、書いてみたいと思う。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C)1988 KOEI


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた