我が道を行く強さ「ファミリーサーキット」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

日本GPも間近に迫ったことですし、今回もレースゲームで。ずいぶん前にいただいていたのですが、JETBOYさんからのリクエストで、「ファミリーサーキット」(ナムコ)を取り上げてみました。

» 2005年10月04日 09時04分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

F1チームとゲーム雑誌の類似点

画像 前回に引き続き、鈴鹿サーキットで撮った写真。今回もレースゲームを取り上げる

 セナとプロストが鈴鹿の1コーナーでクラッシュして、鈴木亜久里選手が表彰台に立った1990年。

 私は、あるマイナーなゲーム雑誌で、ライターデビューしたばかりだった。

 今にして思えば、デビューしていきなり連載を書かせていただくのは、大変ありがたいことだったのだが、その頃の私はむしろ、雑誌で連載を持っていても、自分の知名度が一向に上がらないことにいらだち始めていた。

 そんな時期にちょうどF1ブームが到来。テレビ中継を何度か見ているうちに、「F1のチームと、ゲーム雑誌は似ている」と思ったのだ。

 F1の場合、上位のチームに所属するドライバーは、F1のファンじゃなくても名前くらい知っているが、下位チームのドライバーは、ファンにもあまり知られていない。

 ゲーム雑誌も同様で、売れてる雑誌で書いてる人は、ゲームファンじゃなくても名前くらい知っているが、売れてない雑誌のライターは、ゲームファンにも知られていない。

 私はいつしか、下位チームのドライバーに、自分の境遇を照らし合わせて、先頭争いよりも、真ん中から下のほうに注目するようになっていった。

 だから今でも、ジョーダンでデビューして、すぐさまベネトンに引き抜かれたシューマッハよりも、ミナルディからスタートしてあちこち渡り歩いた、フィジケラとかトゥルーリとかウェバーあたりが気になる。

 F1ブームの頃はレースゲームも、そんな下位チームから上位チームへの移籍ができる、あるいはパーツを買ってマシンを強化できるものが多かった。

 前回も書いたが、RPGのレベルアップと一緒で、初めは勝てなかった相手に、後半は楽に勝てるようになるという快感が得られる。

 また、終盤ほかのマシンと性能差がつくことで、あまり上手じゃないプレイヤーでも、ゲームをクリアーできるようになる。

 しかし、今回取り上げる「ファミリーサーキット」は、ブームが来る前の1988年に発売されたこともあってか、移籍やパーツ購入によってマシンを強化するという要素はない。

 あるのはセッティングによって、マシン性能をカスタマイズするという要素である。

画像 大観覧車「ジュピター」から見た、鈴鹿サーキットのシケイン
画像 ファミリーサーキットに出てくる、鈴鹿サーキットのシケイン
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評