連載
» 2005年11月02日 16時12分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:MSXから夢と希望を届けます「パロディウス」 (1/3)

「パロディウス」(コナミ)は、アーケードやスーファミで有名になりましたが、発祥はMSX。「メタルギア」や「ぷよぷよ」も最初はMSX2ですし、MSXってすごいんだなあと、今あらためて感じます。

[ゲイムマン,ITmedia]

タコは“夢と希望プログラマー”

 今回取り上げるゲームは「パロディウス」。

 本当は主人公がタコなので、八景島か西武園に行って、オクトパスという遊具を撮影したかったのだが、自宅から……もとい、ゲイムマンの秘密基地からは少々遠い。だから渋谷に行って、モアイならぬモヤイ像を撮ってきた。

画像 渋谷のモヤイ像。正確にはイースター島のモアイではなく、新島のもの。新島にはそこらじゅうに、新島の抗火石で作られたモヤイ像がある。「モヤイ」とは、力を合わせるという意味らしい

 ちなみに確かこのモヤイ像、コナミのMSX2用麻雀ゲーム「牌の魔術師」の広告にも使われていたはず。

 今回は「パロディウス」の元祖、MSX版をメインで取り上げようと考えていたのだが、これが難しい。難易度が2段階から選べるが、簡単なはずの「1人でらくしょうパターン」が全然楽勝じゃない。1面が難しい。

 何とか2面まで行ったのだが、ボスキャラとのジャンケン対決で3回も負けて先へ進めず。結局MSX版の写真は、序盤のほうしか撮れなかった。

画像 これが2面のボスとのジャンケン対決。勝てばステージクリアー、あいこでマジバトル。負けたら2面の頭に戻されてしまう

 今回はMSXではなく、プレイステーション用ソフト「コナミアンティークスVol.3」で復刻された「パロディウス」でプレイしたから、勝手が違ったのかもしれない。私はMSXでは、キーボードでプレイしていたから、移動が右手、ショットが左手だったのだ。

 MSX版「パロディウス」は、1988年に作られた、ギャグ満載の横スクロールシューティングゲーム。

 同機種では既に、「グラディウス」シリーズの完成されたシステムがあったためか、開発期間はわずか1〜2カ月だったといわれている。

 でもヒットした。やっぱりおもしろいのだ。

 私はこういう“バカゲー”が好きなので、MSXの「グラディウス」シリーズでも、特にこのゲームにハマった。とにかく全編通してバカなのだ。

 まず、敵の爆発パターンが「ひ」「で」「ぶ」「!」である。やっつけた敵のいた場所に、1文字ずつ表示される。

画像 ビッグバイパーも「小さな事からコツコツとがんばりますさかい」とあいさつ。タコもペンギンも関西弁をしゃべり、このゲームが関西(神戸)で製作されたことを存分にアピール

 敵キャラも強烈である。かわいらしいペンギンが歩きながら弾を撃ってきたり(時々転ぶ)、くちびるが入れ歯を飛ばしてきたり、モグラとトンカチが争ってたり、卒塔婆が飛んできたりする。

 主人公のタコは、いろんな星の人々に夢を与える「夢と希望プログラマー」。彼の作ったプログラムを食べる宿敵バグを倒すために立ち上がる。……プログラマーが勢いで考えつきそうなストーリーではある。

 でも個人的には、このストーリーけっこう好き。

 夢と希望を失った人々に、プログラムによって夢を与える。……当時の開発者の皆さんが、自らの仕事に持っていた誇りが垣間見える。

 「パロディウス」は、「グラディウス」シリーズのファン向けに難易度が調整されたのか、後に発売される他機種版に比べて、かなり難度が高い。

 終盤には、行き止まりで先へ進めない箇所まであった。ベルを出し、白くなったときに取ると、画面の左右をワープできるので、それを使って進むのだ。

 普通にプレイして、このゲームをクリアーできるのは、かなりシューティングゲームのうまい人だけだと思う。

 ただし、当時は「コナミの新10倍カートリッジ」というものが発売されていた。

 スロット(ROMカートリッジを入れるところ)が2つあるMSXで、一方のスロットに「新10倍」を挿し、もう一方にコナミのゲームソフトを挿すと、ゲームを途中でセーブできるのだ(フロッピーディスクが必要なゲームもあるが)。

 だから私も、フルパワーアップの状態で、少しずつゲームを進めて、エンディングまでたどり着くことができたのだ。

 あと、このゲームはBGMも良い。クラシックをアレンジしたものだが、どの曲もこのゲームにふさわしい、楽しい雰囲気を演出していた。

 当時コナミが使っていた、独自の音源用LSI“SCC”の出す音色が、心地良かった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた