MSXから夢と希望を届けます「パロディウス」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「パロディウス」(コナミ)は、アーケードやスーファミで有名になりましたが、発祥はMSX。「メタルギア」や「ぷよぷよ」も最初はMSX2ですし、MSXってすごいんだなあと、今あらためて感じます。

» 2005年11月02日 16時12分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

タコは“夢と希望プログラマー”

 今回取り上げるゲームは「パロディウス」。

 本当は主人公がタコなので、八景島か西武園に行って、オクトパスという遊具を撮影したかったのだが、自宅から……もとい、ゲイムマンの秘密基地からは少々遠い。だから渋谷に行って、モアイならぬモヤイ像を撮ってきた。

画像 渋谷のモヤイ像。正確にはイースター島のモアイではなく、新島のもの。新島にはそこらじゅうに、新島の抗火石で作られたモヤイ像がある。「モヤイ」とは、力を合わせるという意味らしい

 ちなみに確かこのモヤイ像、コナミのMSX2用麻雀ゲーム「牌の魔術師」の広告にも使われていたはず。

 今回は「パロディウス」の元祖、MSX版をメインで取り上げようと考えていたのだが、これが難しい。難易度が2段階から選べるが、簡単なはずの「1人でらくしょうパターン」が全然楽勝じゃない。1面が難しい。

 何とか2面まで行ったのだが、ボスキャラとのジャンケン対決で3回も負けて先へ進めず。結局MSX版の写真は、序盤のほうしか撮れなかった。

画像 これが2面のボスとのジャンケン対決。勝てばステージクリアー、あいこでマジバトル。負けたら2面の頭に戻されてしまう

 今回はMSXではなく、プレイステーション用ソフト「コナミアンティークスVol.3」で復刻された「パロディウス」でプレイしたから、勝手が違ったのかもしれない。私はMSXでは、キーボードでプレイしていたから、移動が右手、ショットが左手だったのだ。

 MSX版「パロディウス」は、1988年に作られた、ギャグ満載の横スクロールシューティングゲーム。

 同機種では既に、「グラディウス」シリーズの完成されたシステムがあったためか、開発期間はわずか1〜2カ月だったといわれている。

 でもヒットした。やっぱりおもしろいのだ。

 私はこういう“バカゲー”が好きなので、MSXの「グラディウス」シリーズでも、特にこのゲームにハマった。とにかく全編通してバカなのだ。

 まず、敵の爆発パターンが「ひ」「で」「ぶ」「!」である。やっつけた敵のいた場所に、1文字ずつ表示される。

画像 ビッグバイパーも「小さな事からコツコツとがんばりますさかい」とあいさつ。タコもペンギンも関西弁をしゃべり、このゲームが関西(神戸)で製作されたことを存分にアピール

 敵キャラも強烈である。かわいらしいペンギンが歩きながら弾を撃ってきたり(時々転ぶ)、くちびるが入れ歯を飛ばしてきたり、モグラとトンカチが争ってたり、卒塔婆が飛んできたりする。

 主人公のタコは、いろんな星の人々に夢を与える「夢と希望プログラマー」。彼の作ったプログラムを食べる宿敵バグを倒すために立ち上がる。……プログラマーが勢いで考えつきそうなストーリーではある。

 でも個人的には、このストーリーけっこう好き。

 夢と希望を失った人々に、プログラムによって夢を与える。……当時の開発者の皆さんが、自らの仕事に持っていた誇りが垣間見える。

 「パロディウス」は、「グラディウス」シリーズのファン向けに難易度が調整されたのか、後に発売される他機種版に比べて、かなり難度が高い。

 終盤には、行き止まりで先へ進めない箇所まであった。ベルを出し、白くなったときに取ると、画面の左右をワープできるので、それを使って進むのだ。

 普通にプレイして、このゲームをクリアーできるのは、かなりシューティングゲームのうまい人だけだと思う。

 ただし、当時は「コナミの新10倍カートリッジ」というものが発売されていた。

 スロット(ROMカートリッジを入れるところ)が2つあるMSXで、一方のスロットに「新10倍」を挿し、もう一方にコナミのゲームソフトを挿すと、ゲームを途中でセーブできるのだ(フロッピーディスクが必要なゲームもあるが)。

 だから私も、フルパワーアップの状態で、少しずつゲームを進めて、エンディングまでたどり着くことができたのだ。

 あと、このゲームはBGMも良い。クラシックをアレンジしたものだが、どの曲もこのゲームにふさわしい、楽しい雰囲気を演出していた。

 当時コナミが使っていた、独自の音源用LSI“SCC”の出す音色が、心地良かった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評