MSXから夢と希望を届けます「パロディウス」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2005年11月02日 16時12分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「だ!」がくっついて本格的にブレイク

 1990年、「パロディウス」のアーケード版、「パロディウスだ!」が登場する。

 タコが宿敵バグとの戦いを終えた後の物語、という設定になっていることから、MSX版の続編と位置づけられているようだ。

 もちろんMSX版からは大幅にアレンジされているが、主人公がタコだったり、1面のボスがペンギンだったりと、MSX版が基になった部分も多く見られる。

 システム面でも、ルーレットカプセルやベルなどが、MSX版から受け継がれている。

画像 アーケード版で登場した「ちちびんたリカ」(すげえネーミング)は、以後「パロディウス」の代表的キャラクターとなる。この写真は、腰を振らないスーパーファミコン版

 さらにこのアーケード版が、スーパーファミコン、ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジンといった家庭用ゲーム機に移植された。

 特にスーパーファミコン版は、アーケード版がほぼそのままの形で移植されている(オリジナルステージが追加されているが)。

 また、プレイステーション、セガサターンにも、「極上パロディウスだ! DELUXE PACK」の名で移植されている(「極上パロディウス」とのセット)。

画像 モアイはますますフィーチャーされた。「モアイのモアイによるモアイのための船」(スーパーファミコン版マニュアルより引用)、宇宙戦艦モアイ発進!

 「グラディウス」シリーズをやり込んだファン向けに難易度が設定されたMSX版と違って、アーケード版より後に出された各機種版では、難易度はかなり下げられている。

 EASYモードなら、シューティングゲーム初心者でもクリアー可能だと思う。

画像 こちらファミコン版。「ちちびんたリカ」に比べて肌の露出が少なく、今ひとつ不評だった悲劇の中ボス、ミス・ミシタリーナ

 中でも私が特に気に入っていたのがゲームボーイ版。EASYモードの難易度が本当に低いので、気軽に楽しめる。ちょっとした気分転換にもいいし、移動中の時間つぶしにもいい。途中のステージから始められるのも良かった。

画像 ゲームボーイ版のキャプテンペンギンノフスキーIII世。ヘソのあるペンギンという点ではMSX版と同じだが、酔っ払いから海賊へランクアップ(?)した(ゲームキューブとゲームボーイプレイヤーを使って撮影)
画像 モノクロで画面も小さいけれど、これがちゃんと「パロディウス」として楽しめるのだ

 スーパーファミコン版やファミコン版も、難易度設定を低くすれば、シューティングゲーム初心者でも楽しめる。シューティングゲームといえば、マニア以外を寄せつけないようなイメージがあるが、その中で「パロディウス」だけは、例外的な存在といえるだろう。

 続編の「極上パロディウス」では、ギャグにさらなる磨きがかかった。紙飛行機に乗った自機が出てきたり(しかも名前が「こいつ」)、敵キャラが道路標識に従って動いたり、256発撃つと破壊できる板が出てきたり。

 私がこのシリーズを好きな理由は、つまるところ、こんな「パロディウス」ワールドの、居心地の良さなのかもしれない。

 明るくて楽しくて、プレイしている間に、夢と希望がわいてきたような気がする。

 そうか、こういう世界を作ってきたのが、“夢と希望プログラマー”なのか。

 “夢と希望プログラマー”の皆さん、これからも頑張ってください。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C)KONAMI


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」