連載
» 2005年11月02日 16時12分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:MSXから夢と希望を届けます「パロディウス」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「だ!」がくっついて本格的にブレイク

 1990年、「パロディウス」のアーケード版、「パロディウスだ!」が登場する。

 タコが宿敵バグとの戦いを終えた後の物語、という設定になっていることから、MSX版の続編と位置づけられているようだ。

 もちろんMSX版からは大幅にアレンジされているが、主人公がタコだったり、1面のボスがペンギンだったりと、MSX版が基になった部分も多く見られる。

 システム面でも、ルーレットカプセルやベルなどが、MSX版から受け継がれている。

画像 アーケード版で登場した「ちちびんたリカ」(すげえネーミング)は、以後「パロディウス」の代表的キャラクターとなる。この写真は、腰を振らないスーパーファミコン版

 さらにこのアーケード版が、スーパーファミコン、ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジンといった家庭用ゲーム機に移植された。

 特にスーパーファミコン版は、アーケード版がほぼそのままの形で移植されている(オリジナルステージが追加されているが)。

 また、プレイステーション、セガサターンにも、「極上パロディウスだ! DELUXE PACK」の名で移植されている(「極上パロディウス」とのセット)。

画像 モアイはますますフィーチャーされた。「モアイのモアイによるモアイのための船」(スーパーファミコン版マニュアルより引用)、宇宙戦艦モアイ発進!

 「グラディウス」シリーズをやり込んだファン向けに難易度が設定されたMSX版と違って、アーケード版より後に出された各機種版では、難易度はかなり下げられている。

 EASYモードなら、シューティングゲーム初心者でもクリアー可能だと思う。

画像 こちらファミコン版。「ちちびんたリカ」に比べて肌の露出が少なく、今ひとつ不評だった悲劇の中ボス、ミス・ミシタリーナ

 中でも私が特に気に入っていたのがゲームボーイ版。EASYモードの難易度が本当に低いので、気軽に楽しめる。ちょっとした気分転換にもいいし、移動中の時間つぶしにもいい。途中のステージから始められるのも良かった。

画像 ゲームボーイ版のキャプテンペンギンノフスキーIII世。ヘソのあるペンギンという点ではMSX版と同じだが、酔っ払いから海賊へランクアップ(?)した(ゲームキューブとゲームボーイプレイヤーを使って撮影)
画像 モノクロで画面も小さいけれど、これがちゃんと「パロディウス」として楽しめるのだ

 スーパーファミコン版やファミコン版も、難易度設定を低くすれば、シューティングゲーム初心者でも楽しめる。シューティングゲームといえば、マニア以外を寄せつけないようなイメージがあるが、その中で「パロディウス」だけは、例外的な存在といえるだろう。

 続編の「極上パロディウス」では、ギャグにさらなる磨きがかかった。紙飛行機に乗った自機が出てきたり(しかも名前が「こいつ」)、敵キャラが道路標識に従って動いたり、256発撃つと破壊できる板が出てきたり。

 私がこのシリーズを好きな理由は、つまるところ、こんな「パロディウス」ワールドの、居心地の良さなのかもしれない。

 明るくて楽しくて、プレイしている間に、夢と希望がわいてきたような気がする。

 そうか、こういう世界を作ってきたのが、“夢と希望プログラマー”なのか。

 “夢と希望プログラマー”の皆さん、これからも頑張ってください。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C)KONAMI


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた