連載
» 2005年09月21日 13時52分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:2年目に衝撃の展開が! 「スーパーモナコGP」 (1/2)

アーケードからの移植作品が多いメガドライブだが、「スーパーモナコGP」は、アーケード版とメガドライブ版で内容が大きく異なる。それはマシンの性能差というより、両者の遊ばれ方の差によるものといえる。

[ゲイムマン,ITmedia]

この連載初のメガドライブソフト

 今週取り上げるゲームは、「スーパーモナコGP」(セガ)である。

 スーパーモナコGPというくらいだから当然、今週私が向かった“ゲームゆかりの場所”は……、

画像

 鈴鹿サーキットである。

 別に、モナコへ行く時間とお金がないから鈴鹿、というわけではない。ゲームセンターの「スーパーモナコGP」しか知らない方には意外かもしれないが、メガドライブ版には鈴鹿サーキットも登場するのだ。

画像 ゲームに出てくる鈴鹿サーキット。分かりやすい立体交差である

 ファミコンに参入せず、独自のゲーム機を販売して家庭用ゲーム市場で勝負してきたセガ。そのセガが1988年に発売したゲーム機が、メガドライブだった。

 最大の売りは、ファミコンやPCエンジンが8ビットなのに対し、メガドライブはより多くのデータが同時に処理できる、16ビットだったこと。

 セガにとってこれは大きなアピールポイントだったようで、メガドライブの本体そのものにも、「16-BIT」の文字が入っていた。

 日本ではファミコン→スーパーファミコンという、任天堂の牙城を崩すまでには至らなかった。しかしアメリカでは、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の大ヒットなどにより、メガドライブ(アメリカでの名前はジェネシス)はファミコン(アメリカでの名前はNES)と堂々と渡り合っていたようだ。

 セガのゲーム機というと、どうしても“マニア向け”のイメージが先行するが、メガドライブでは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のほか、「シャイニング&ザ・ダクネス」「シャイニング・フォース」「まじかる☆タルるートくん」「ぷよぷよ」など、ゲーム初心者が楽しめるゲームも、意外と多かった。

アーケードと家庭用ではゲームも変わる

 とはいえ、やはりメガドライブといえば、アーケード(ゲームセンター)からの移植が印象に残る。

 当時のセガは、アーケードで大きなムーブメントを起こしていた。巨大な体感ゲーム筐体(ハングオン、アウトラン、R360など)や、パズルゲーム(テトリス、コラムス)、そしてUFOキャッチャーがヒット。またゲームセンターのインテリアも明るく変えたことで、若い人々、特に女性客に受けていたのだ。

 従って、「コラムス」や「アウトラン」など、アーケードのヒット作がメガドライブに移植されるのは、当然のことといえる。

 今回取り上げるスーパーモナコGPも、アーケードからの移植。しかしその内容は、アーケード版とはかなり違う。

 まず見た目。アーケード版では、コース脇ぎりぎりにそびえるガードレールや、リタイヤしたマシンを吊り上げるクレーンなど、モナコGPらしい景色がよく描かれていた。しかしメガドライブ版では、ハード性能の差からか、それをそのまま再現することはできなかった。

画像 それでも当時の家庭用ゲームとしては、最高クラスのグラフィックといっていいのだが

 そのかわりメガドライブ版には、「ワールドチャンピオンシップモード」が追加された。

 これが良い。当時のF1全16戦を戦っていくモードで、もちろん16コースすべてが収録されている。

 アーケードゲームと家庭用ゲームは、遊ばれ方が違うので、ゲームもそれぞれに合った内容にする必要がある。

 アーケードゲームは普通、あまり長時間遊ぶものではない。長時間遊ばれてしまうゲームは収益率が落ちるため、ゲームセンターからも好まれない。だから、短時間で楽しめることが望ましいし、ゲームシステムも分かりやすいほうが良い。

 これに対して家庭用は、もっと長い時間遊ぶことを考えに入れて、ゲームを作らなければならない。アーケードとは違って、同じゲームをしばらく遊ぶことになるので、プレーするたびに新しい発見がないと、早くに飽きられてしまうのだ。

 アーケードゲームは低額商品、家庭用ゲームは高額商品としての性質を持っていると言えよう。

(これはスーパーモナコGPが発売された1990年前後の状況で、それより以前や以後の時代では、当てはまらないケースもある)

 そう考えると、メガドライブ移植に際して、じっくり遊べる「ワールドチャンピオンシップモード」が追加されたのは、家庭用ゲームの特性に沿った、理にかなった移植といえる。

画像 ブラジルGP予選。インテルラゴスではなくてジャカレパグア。写真のようにオートマも選べるが、マシン性能がかなり落ちるのでおすすめできない
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた