2年目に衝撃の展開が! 「スーパーモナコGP」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

アーケードからの移植作品が多いメガドライブだが、「スーパーモナコGP」は、アーケード版とメガドライブ版で内容が大きく異なる。それはマシンの性能差というより、両者の遊ばれ方の差によるものといえる。

» 2005年09月21日 13時52分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

この連載初のメガドライブソフト

 今週取り上げるゲームは、「スーパーモナコGP」(セガ)である。

 スーパーモナコGPというくらいだから当然、今週私が向かった“ゲームゆかりの場所”は……、

画像

 鈴鹿サーキットである。

 別に、モナコへ行く時間とお金がないから鈴鹿、というわけではない。ゲームセンターの「スーパーモナコGP」しか知らない方には意外かもしれないが、メガドライブ版には鈴鹿サーキットも登場するのだ。

画像 ゲームに出てくる鈴鹿サーキット。分かりやすい立体交差である

 ファミコンに参入せず、独自のゲーム機を販売して家庭用ゲーム市場で勝負してきたセガ。そのセガが1988年に発売したゲーム機が、メガドライブだった。

 最大の売りは、ファミコンやPCエンジンが8ビットなのに対し、メガドライブはより多くのデータが同時に処理できる、16ビットだったこと。

 セガにとってこれは大きなアピールポイントだったようで、メガドライブの本体そのものにも、「16-BIT」の文字が入っていた。

 日本ではファミコン→スーパーファミコンという、任天堂の牙城を崩すまでには至らなかった。しかしアメリカでは、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の大ヒットなどにより、メガドライブ(アメリカでの名前はジェネシス)はファミコン(アメリカでの名前はNES)と堂々と渡り合っていたようだ。

 セガのゲーム機というと、どうしても“マニア向け”のイメージが先行するが、メガドライブでは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のほか、「シャイニング&ザ・ダクネス」「シャイニング・フォース」「まじかる☆タルるートくん」「ぷよぷよ」など、ゲーム初心者が楽しめるゲームも、意外と多かった。

アーケードと家庭用ではゲームも変わる

 とはいえ、やはりメガドライブといえば、アーケード(ゲームセンター)からの移植が印象に残る。

 当時のセガは、アーケードで大きなムーブメントを起こしていた。巨大な体感ゲーム筐体(ハングオン、アウトラン、R360など)や、パズルゲーム(テトリス、コラムス)、そしてUFOキャッチャーがヒット。またゲームセンターのインテリアも明るく変えたことで、若い人々、特に女性客に受けていたのだ。

 従って、「コラムス」や「アウトラン」など、アーケードのヒット作がメガドライブに移植されるのは、当然のことといえる。

 今回取り上げるスーパーモナコGPも、アーケードからの移植。しかしその内容は、アーケード版とはかなり違う。

 まず見た目。アーケード版では、コース脇ぎりぎりにそびえるガードレールや、リタイヤしたマシンを吊り上げるクレーンなど、モナコGPらしい景色がよく描かれていた。しかしメガドライブ版では、ハード性能の差からか、それをそのまま再現することはできなかった。

画像 それでも当時の家庭用ゲームとしては、最高クラスのグラフィックといっていいのだが

 そのかわりメガドライブ版には、「ワールドチャンピオンシップモード」が追加された。

 これが良い。当時のF1全16戦を戦っていくモードで、もちろん16コースすべてが収録されている。

 アーケードゲームと家庭用ゲームは、遊ばれ方が違うので、ゲームもそれぞれに合った内容にする必要がある。

 アーケードゲームは普通、あまり長時間遊ぶものではない。長時間遊ばれてしまうゲームは収益率が落ちるため、ゲームセンターからも好まれない。だから、短時間で楽しめることが望ましいし、ゲームシステムも分かりやすいほうが良い。

 これに対して家庭用は、もっと長い時間遊ぶことを考えに入れて、ゲームを作らなければならない。アーケードとは違って、同じゲームをしばらく遊ぶことになるので、プレーするたびに新しい発見がないと、早くに飽きられてしまうのだ。

 アーケードゲームは低額商品、家庭用ゲームは高額商品としての性質を持っていると言えよう。

(これはスーパーモナコGPが発売された1990年前後の状況で、それより以前や以後の時代では、当てはまらないケースもある)

 そう考えると、メガドライブ移植に際して、じっくり遊べる「ワールドチャンピオンシップモード」が追加されたのは、家庭用ゲームの特性に沿った、理にかなった移植といえる。

画像 ブラジルGP予選。インテルラゴスではなくてジャカレパグア。写真のようにオートマも選べるが、マシン性能がかなり落ちるのでおすすめできない
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評