連載
» 2005年09月21日 13時52分 公開

2年目に衝撃の展開が! 「スーパーモナコGP」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/2 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

RPG的なステップアップシステム

 ワールドチャンピオンシップモードでは、ただ16戦を戦うだけではない。

 F1では、チームによってマシンに大きな性能差があり、実力を見込まれたドライバーは、上位チームへステップアップする。RPGのレベルアップに似ているため、この要素を取り入れたレースゲームは多い。

 スーパーモナコGPでは、プレイヤーは中の下くらいのチーム、MINARAEからスタートする(モデルはミナルディだと思うが、ミナルディよりまだ下のチームがいくつもあるということが時代を感じさせる)。

画像 「がんばってかてるようになろう」と、あたたかく迎えてくれるMINARAEのクルー。でもプレイヤーは、すぐにこのチームを見限ることになるのだけれど

 このゲームでの移籍のシステムは、かなりユニーク。まず、上位チームのドライバーを1人指名して、ライバルとする。レースでそのライバルに2戦続けて勝つと、相手のチームに移籍できる。

 これを繰り返せば、シーズン中盤にトップチームまで登りつめることも可能だ。

画像 ライバルを指名しないと、次のレースで下位のドライバーから挑戦されてしまう

 トップチームのマシンは、400キロオーバーという、あり得ないスピードが出る。

 1コースあたり、減速する必要のあるコーナーが1つか2つしかないこともあり、ほかのマシンをぶっちぎって快適に走れるのだ。

 「1年に何度も移籍できる」「コーナーを全速で曲がれる」「400キロ以上のスピードが出る」など、現実離れした部分が多いが、それがいずれもゲームならではの爽快感につながっている。

 レースゲームというと、ゲーム機の性能を生かして、いかに車の挙動をリアルに再現するかという、技術的な側面がクローズアップされがち。だが「スーパーモナコGP」では、リアリティーを犠牲にしてでも、ゲームとしての爽快感を重視しているように見受けられる。

 いわばスーパーモナコGPは、F1の魅力を凝縮したゲームといえるだろう。

画像 モナコのコースは、コーナーが多いうえに路面が滑りやすく、最も走りにくいコースとなっている

2年目に訪れる衝撃の展開

 ワールドチャンピオンシップモードで、年間総合優勝を獲得すれば、晴れてエンディング……ではない。次のシーズンに意外なドラマが待っている。

 この年、開幕戦のサンマリノGPから早々に、チームBULLETSの「CEARA」という選手が挑戦してくる。

 このCEARAには絶対勝てない。異常に速いうえ、こちらがやっと追いついても、ワープして逃げてしまうのだ。

画像 CEARAがワープした瞬間。CEARAとの差が1秒を切った途端、目の前から姿を消してしまった

 かくしてサンマリノ、ブラジルと連続してCEARAに敗れ、所属チームを追い出されてしまう。

 中堅チームのDARDANに拾われるものの、チームクルーは「ほんとうに まだ はしれるんだろうな」と主人公を完全に“過去の人”扱い。

 この展開には、あ然とさせられた。

 それまでプレイヤーの操作するドライバーは、無色透明なキャラクターだった。常にヘルメットをかぶっているので、顔すらわからない。

 そのドライバーに、いきなり“チームを追い出され、再起にかける過去のチャンピオン”というキャラクター設定が加わるのだ。

 民放のスポーツ中継風に言えば、

「チャンピオンは再び立ち上がれるのか? その走りから目が離せない!」

という感じになるだろうか(フジテレビのF1中継というより、TBSの世界陸上のノリだが)。

 幸い、3戦め以降のCEARAは、それほど強くない。優勝を逃すこともしばしばなので、CEARAがもたつく間に、別のトップチームに昇格すれば、追いつくことは十分可能だ。

画像

 ちなみに、CEARAのモデルは多分アイルトン・セナ選手だと思われるが、メガドライブでは後に、セナ本人とタイアップした、「アイルトン・セナ スーパーモナコGP II」が発売された。

 セナがあまりに強すぎて、バランスがいまいちの感があったが、残念ながらこのソフトが発売された2年後にセナが亡くなってしまったため、今では、強かったセナをしのぶためのソフトとしての価値が生まれてしまった。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C)SEGA 1989,1990


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」