ニュース
» 2005年12月26日 09時37分 公開

海の上には美女だらけ!? テレビアニメ「タクティカルロア」(2/2 ページ)

[ひろいち,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ハイクオリティCGで描く海戦アクションは必見!!

 では、本作の内容に迫ってみよう。まず疑問としてあげられるのが、どんなジャンルになるのかということ。海戦アクションと銘打たれているが、それならば登場キャラが女性ばかりである必要性はないようにも思える。かといって、美少女いっぱいの萌え系であるなら海戦アクションの部分に疑問符がついてしまう。

 そのあたりを聞いてみると、制作側にも葛藤があったのだと広報担当・清水氏は語った。「最初のうちは特に、制作側にも“これは戦闘モノなの? 萌えモノなの?”と首を傾げながら作っている部分がありました。ただ、実際にできあがったものは、そのバランスが非常によく作られています。萌えあり戦闘ありの、海戦アクションということでしょうか」と、アクションにも萌え部分にも抜かりがないようで、どちらも存分に楽しめる作品という。

 出演者の方々にも本作の見どころをうかがってみた。凪宮漂介役の菅沼さんや島原看取役の皆川さんなどはやはり迫力の戦闘シーンが見どころと語っていたのだが、その迫力の源はどこか。それはやはり“美麗なCG”と“詳細な設定”に尽きるだろう。中原さんは「本作のCGはとても素晴らしいんです。というのも、きれいな絵を視覚的に楽しめるというのはもちろん、機械類などの細かな部分もよく作り込まれているので、とてもリアリティがあります。また、海を舞台にしているということで、波の絵もよく出てくるんですが、その波の動きもとても美しいので、ぜひ見ていただきたいです」と自信をのぞかせる。

 ではここで、先行カットとともに、戦艦やミサイルの設定を一部ご紹介しよう。制作のこだわりが見て取れるだろうか。

 戦闘シーンとは別に、萌え部分を見どころに挙げる出演者の方も多かった。たとえば三宅さんは「阿古屋姉妹がネコ耳を生やしてくれたり、美少女たちの水着のシーンがふんだんに盛り込まれていたりと、女性でもカワイイと思うような場面がたくさん登場します」と明かし、夏樹さんも「お色気シーンが多いので、男の子たちはそのあたりに注目です」と話していた。新井さんなどは「個人的な楽しみ」として、「クレイオと看取のおっぱいのツヤ」を挙げている。「なぜか2人とも胸がツヤッとしているんですよ。収録のたびにそれを見るのが楽しみなんです」と、まるで少年のような視点で独自の見どころを披露してくれた。

 また高橋さんは、そんな美少女たちの魅力は戦闘の部分が引き出しているのでは? と考えているようだ。「若くてカワイイ女の子たちが、戦艦を動かしたり壮絶な戦闘を繰り広げたりするというギャップが、彼女たちの魅力を倍増させているのではないかと思います。日常のシーンでは女の子らしかったり、反対に戦闘になると凛々しかったり。そこが本作ならではの魅力なのかなと」。

 もちろん、単純にギャップを作り出しただけではヒロインたちの魅力が伝わるはずもない。そこには裏打ちされたものがあると、植田さんが語ってくれた。「キャラの個性に注目していただきたいんです。なぜかといえば、各キャラともバックボーンがしっかりと練りこまれているから。設定資料を見れば一目瞭然なのですが、それぞれのキャラに対してかなり細かな設定がなされているんです。それだけ考え抜かれたキャラたちですから、とても魅力的だし、とても味が出ているんです」。詳細な設定、ギャップ、セクシーシーンとさまざまな要素を組み合わせて魅力的に描かれていくヒロインたちの活躍は、実に興味深い。

 戦闘と美少女のコラボレーションという、本作の中核をなす要素以外の見どころはどうだろう。それについて、皆川さんが興味深い発言をしていたので紹介しておきたい。皆川さん曰く、本作に出演する声優さんたちは「あまり慣れていない役を演じている」のだそうだ。「個人的に感じるのは、みんな普段やらないようなキャラを演じているなということ。麻衣ちゃんがお姉さんキャラを演じるなんてことはあまりないし、美佳子ちゃんが男勝りのキャラを演じるなんて聞いたこともない。とても新鮮な感じがするんです」。声優陣のまた違った一面が楽しめるあたりも、隠れた本作の見どころとなりそうだ。

 さて。本作のキャラクターを演じるにあたって、声優陣は一様に苦労していることがあるのだという。それは、機械類などの専門用語。戦艦や戦闘機がたくさん出てくるが故の問題なのだが、戦闘などの緊迫した場面でこそ多く出てくるのでより大変なのだという。たとえば小林さんの演じる海里美晴は天才プログラマーという設定なので、難しい言葉が次々に飛び出してくるという。また、中原さん演じる美咲七波はパスカルメイジの艦長なので、戦闘時にはテキパキと指示をしなくてはならず、特に緊張するそうだ。対策として中原さんは「こんなにも台本を読むんだというくらいに、何度も何度も繰り返し台本を読んで」収録に臨んでいるらしい。戦闘シーンは美麗なCGだけでなく、演者たちの苦労の結晶でもあるセリフにも注目である。

 ちなみに、パスカルメイジの衛星部門を担当している島原看取は、戦闘に出撃参加しないため、難しいセリフはないらしい。皆川さんは「みんなセリフが大変そうだなあ」などと思いながら、他の人の演技を楽しんでいるのだとか。周りの声優さん方の羨ましそうな視線が、眼に浮かぶようである。

 なお、難しいセリフ以外にも、それぞれのキャラを演じる上での苦労があるようのなので、ここで紹介しておこう。

 凪宮漂介を演じる菅沼さんは「ギャグシーン」に苦労していると言う。「周囲の人間に振り回されっぱなしの巻き込まれキャラ(菅沼談)」だという漂介は、ドタバタチックなギャグシーンが多く、そこで漂介らしさを出すのに試行錯誤しているのだとか。「ギャグシーンでは常に、漂介なりの面白さを出せるようにというのが念頭にあります。張り切りすぎて、漂介じゃなくならないように注意しながらも面白さを損なわないように。漂介ならではの面白さが構築できればなあと思いながら演じています」

 高橋さんは第1話の収録でのエピソードに触れ、「私の演じる翼には、第1話の冒頭で漂介くんに怒鳴り散らしているシーンがあるんです。そこはもう、喉が潰れてしまわないかとヒヤヒヤしながらも全力で叫びました」と苦労をした様子。戦闘シーンはともかく、日常の部分はギャグをしたり叫んだりと思いのほか賑やかな内容になりそうだ。

 賑やかというのとは多少ずれるかもしれないがと前置きをしながら「苦労というよりも、毎回緊張するのが、私と新井さんの2人で演じる阿古屋姉妹の掛け合いの場面ですね。というのも、“アドリブでやってください”ということが多いので、現場に来るまで緊張しているんです」と、比嘉さんは興味深い発言。それに対し、新井さんは「2人で騒いだりするんです。今日の収録では宴会芸みたいなことをして、すごかったねえ」と付け加えた。詳細については語られていないが、どのようなアドリブで行われる“宴会芸みたいなこと”とは!? 放映が待ち遠しい限りである。

前列左から、海里美晴役/小林由美子、綿摘翼役/高橋美佳子、凪宮漂介役/菅沼久義、美咲七波役/中原麻衣、深水さんご役/植田佳奈。後列左から、阿古屋真夏役/比嘉久美子、阿古屋真秋役/新井里美、クレイオ・アクアノート役/夏樹リオ、ターニャ・L・コジマ役/三宅華也、島原看取役/皆川純子
2006年1月8日より毎週日曜日23時30分からちばテレビほかU局にて放映開始(テレビ神奈川/1月7日より毎週土曜日23時30分から テレビ埼玉/1月8日より毎週日曜日23時30分から テレビ愛知/1月9日より毎週月曜日25時58分から サンテレビ/1月9日より毎週月曜日24時00分から KBS京都/1月11日より毎週水曜日25時30分から)
監督/ふじもとよしたか シリーズ構成・脚本/兵頭一歩 キャラクターデザイン・総作画監督/伊藤岳史 コンセプト・スーパーバイザー/小倉信也 メカデザイン/高倉武史 設定考証/白土晴一 メカ・ビジュアルディレクター/伊藤浩二 美術監督/篠田邦宏 美術設定/比留間崇 色彩設計/伊藤ゆかり 3Dディレクター/岩井 淳 3Dヴィジュアル・ディレクター/武田隆史 撮影監督/杉浦 充 編集/田熊 純 音響監督/明田川 仁 音響効果/中野勝博 音楽/七瀬 光 音楽ディレクター/井上俊次 アニメーション制作/アクタス 製作/ バンダイビジュアル、アクタス
凪宮漂介役/菅沼久義、美咲七波役/中原麻衣、綿摘翼役/高橋美佳子、深水さんご役/植田佳奈、海里美晴役/小林由美子、阿古屋真夏役/比嘉久美子、阿古屋真秋役/新井里美、島原看取役/皆川純子、クレイオ・アクアノート役/夏樹リオ、ターニャ・L・コジマ役/三宅華也、
(C)バンダイビジュアル・アクタス


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」