ニュース
» 2005年12月27日 12時03分 公開

「うちはメイド喫茶ではありません」――“喫茶店”としてのプライドをかけた再出発

2カ月のリニューアル期間を経て、正統派メイドさんが働くカフェ「Victorian Cafe Emily」か12月24日からオープンした。メニューも大幅に変更された新生Emilyを、1日早く訪問してみた。

[角田氷,ITmedia]

 新宿西口からほど近い、とは言え「こんな所にメイド喫茶が?」といぶかしがるような場所に「Victorian Cafe Emily」(以下、Emily)はある。控えめな入り口ではあるが、確かに中では数人のメイドさんたちが、オープン前に忙しく働いている様子が見える。リニューアルにあたって採用されたメイドさんは全部で7名とのこと。EmilyのWebサイトにも書かれているが、今回は「紅茶とコーヒーに詳しい」ことが採用条件となっており、応募者には何と3種類の紅茶/コーヒーのテイスティングまで行われたそうだ。

画像 白壁に小さな「Emily」の看板があるだけの静かなたたずまいだ

 リニューアルで大きく変更されたのは、何と言ってもメニューだろう。店長の橋本さんいわく「従来のEmilyは何にでもこだわりすぎ、手を広げすぎたのが反省点。これからのEmilyは“喫茶店”であることを重視し、フードとアルコールメニューを全面的に撤廃しました。その代わりコーヒー・紅茶は厳選した自信作ばかりです。他のお店ではなかなかお目にかかれないような、珍しい茶葉等も仕入れました」とのこと。

 確かにメニューを見ると、おなじみのダージリンやアッサムティーに加えて「ダージリン・シルバーニードルズ・マカイバリ」(3000円)、「桐木正山小種」(1200円)なども提供されている。蛇足ではあるが、紅茶の茶葉には白っぽく非常に柔らかい高級品で「シルバーチップス」と呼ばれるものがあり、シルバーニードルズはさらにその上を行く茶葉である。3000円という価格はちょっと立ち寄ってお茶する感覚にはそぐわないかもしれないが、真のお茶好きならばその価値が分かるはずだ。このほかにも、7人のメイドさん達によるオリジナル・ブレンドティーが用意されているのだ。風花さんによる「Couleur de miel」(はちみつくまさん)や椿さんの「Princesse de came'lia」(椿姫)という風に、それぞれの個性やイメージを象徴した紅茶に仕上がっている。こちらは各種1.000円と財布に多少優しいお値段なので、お気に入りのメイドさんが決まったら、オーダーしてみてはいかがだろう?

画像 変わったのはメニュー内容とスタッフのみ。店内の調度品などは以前のままらしい
画像 紅茶をサーブ中のメイドさんは、ななこさん。面接にて店長から「雰囲気がうちに合っている」と即採用だったとか
画像 キッチンで働くメイドさん達の姿、なんとなくグっときます。フードの提供がなくなったため、制服も長袖に統一された

 昨今のメイドカフェやメイドリフレなどと呼ばれる店舗が増殖するブームについてどう思うか、単刀直入に質問してみたところ、橋本氏いわく「うちはメイド喫茶ではありません。ですからメイドブームやメイドカフェブームとは無縁のところにあります」とキッパリ。また、「たとえメイド喫茶であっても“喫茶”と名乗る時点でそれ相応のサービスを提供できなければいけない」とも述べた。確かにメイド服をユニフォームに着て、ご主人様と発言してれば良いだろう、というような投げやりなサービス内容の店舗が乱立する今のメイドブーム。一線を引いてあくまでメニュー内容で勝負するという姿勢は評価できる。

画像 店長の橋本宗明氏
画像 まだまだ不慣れなメイドさん達に、紅茶の扱いや入れ方を指導している。いい絵柄ですよね……

 メイド喫茶のファンサイトなどでは「イスのすわり心地が抜群」などと評価の高いEmily。オリジナルのティーコジーといった小物は従来のままに、メニュー内容を一新して再スタートしている。取材時にはコーヒー用と紅茶用のカップを間違えて出してしまうなど、まだまだメイドさんたちも不慣れなようで、ドジっ子メイドを見たいなら今のうちかもしれない。

画像 店内は全面禁煙なので、スモーカーにはちょっとつらいかも
画像 半そでバージョンの制服は旧型タイプ? エプロンにはEmilyの刺繍入り。ヘアバンドではなくキャップな所が正統派メイドファンにはたまらないはず
店舗名Victorian Cafe Emily(ヴィクトリアン カフェ エミリー)
住所東京都新宿区西新宿7-15-13
営業時間正午〜午後8時

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」