ニュース
» 2005年12月27日 12時03分 公開

「うちはメイド喫茶ではありません」――“喫茶店”としてのプライドをかけた再出発

2カ月のリニューアル期間を経て、正統派メイドさんが働くカフェ「Victorian Cafe Emily」か12月24日からオープンした。メニューも大幅に変更された新生Emilyを、1日早く訪問してみた。

[角田氷,ITmedia]

 新宿西口からほど近い、とは言え「こんな所にメイド喫茶が?」といぶかしがるような場所に「Victorian Cafe Emily」(以下、Emily)はある。控えめな入り口ではあるが、確かに中では数人のメイドさんたちが、オープン前に忙しく働いている様子が見える。リニューアルにあたって採用されたメイドさんは全部で7名とのこと。EmilyのWebサイトにも書かれているが、今回は「紅茶とコーヒーに詳しい」ことが採用条件となっており、応募者には何と3種類の紅茶/コーヒーのテイスティングまで行われたそうだ。

画像 白壁に小さな「Emily」の看板があるだけの静かなたたずまいだ

 リニューアルで大きく変更されたのは、何と言ってもメニューだろう。店長の橋本さんいわく「従来のEmilyは何にでもこだわりすぎ、手を広げすぎたのが反省点。これからのEmilyは“喫茶店”であることを重視し、フードとアルコールメニューを全面的に撤廃しました。その代わりコーヒー・紅茶は厳選した自信作ばかりです。他のお店ではなかなかお目にかかれないような、珍しい茶葉等も仕入れました」とのこと。

 確かにメニューを見ると、おなじみのダージリンやアッサムティーに加えて「ダージリン・シルバーニードルズ・マカイバリ」(3000円)、「桐木正山小種」(1200円)なども提供されている。蛇足ではあるが、紅茶の茶葉には白っぽく非常に柔らかい高級品で「シルバーチップス」と呼ばれるものがあり、シルバーニードルズはさらにその上を行く茶葉である。3000円という価格はちょっと立ち寄ってお茶する感覚にはそぐわないかもしれないが、真のお茶好きならばその価値が分かるはずだ。このほかにも、7人のメイドさん達によるオリジナル・ブレンドティーが用意されているのだ。風花さんによる「Couleur de miel」(はちみつくまさん)や椿さんの「Princesse de came'lia」(椿姫)という風に、それぞれの個性やイメージを象徴した紅茶に仕上がっている。こちらは各種1.000円と財布に多少優しいお値段なので、お気に入りのメイドさんが決まったら、オーダーしてみてはいかがだろう?

画像 変わったのはメニュー内容とスタッフのみ。店内の調度品などは以前のままらしい
画像 紅茶をサーブ中のメイドさんは、ななこさん。面接にて店長から「雰囲気がうちに合っている」と即採用だったとか
画像 キッチンで働くメイドさん達の姿、なんとなくグっときます。フードの提供がなくなったため、制服も長袖に統一された

 昨今のメイドカフェやメイドリフレなどと呼ばれる店舗が増殖するブームについてどう思うか、単刀直入に質問してみたところ、橋本氏いわく「うちはメイド喫茶ではありません。ですからメイドブームやメイドカフェブームとは無縁のところにあります」とキッパリ。また、「たとえメイド喫茶であっても“喫茶”と名乗る時点でそれ相応のサービスを提供できなければいけない」とも述べた。確かにメイド服をユニフォームに着て、ご主人様と発言してれば良いだろう、というような投げやりなサービス内容の店舗が乱立する今のメイドブーム。一線を引いてあくまでメニュー内容で勝負するという姿勢は評価できる。

画像 店長の橋本宗明氏
画像 まだまだ不慣れなメイドさん達に、紅茶の扱いや入れ方を指導している。いい絵柄ですよね……

 メイド喫茶のファンサイトなどでは「イスのすわり心地が抜群」などと評価の高いEmily。オリジナルのティーコジーといった小物は従来のままに、メニュー内容を一新して再スタートしている。取材時にはコーヒー用と紅茶用のカップを間違えて出してしまうなど、まだまだメイドさんたちも不慣れなようで、ドジっ子メイドを見たいなら今のうちかもしれない。

画像 店内は全面禁煙なので、スモーカーにはちょっとつらいかも
画像 半そでバージョンの制服は旧型タイプ? エプロンにはEmilyの刺繍入り。ヘアバンドではなくキャップな所が正統派メイドファンにはたまらないはず
店舗名Victorian Cafe Emily(ヴィクトリアン カフェ エミリー)
住所東京都新宿区西新宿7-15-13
営業時間正午〜午後8時

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声