連載
» 2006年01月25日 14時24分 公開

「スターソルジャー」映画ロケ地巡りゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

80000点ボーナスを目指そう

 「スターソルジャー」は、1986年に発売されたファミコンのシューティングゲーム。

 前年に発売された「スターフォース」の続編的ゲームだが、「スターフォース」はもともとテクモのアーケードゲームをハドソンがファミコンに移植したもの。「スターソルジャー」は、ハドソンのオリジナルだ(「スターソルジャー」発売後、テクモもファミコン向けに「スーパースターフォース」を発売している)。

 映画でも勝敗の行方を大きく左右したのが、以下の高得点キャラクターたちだ。

  • ゼグ――隠れキャラ。特定の場所を数発撃つと出現、さらに撃つと破壊できる。点数は1つ破壊するごとに500点→1000点→4000点→……となり、1ステージに隠れた全部のゼグを壊すと、最後のゼグは80000点となる。
画像 画面の右側にあるZマークがゼグ。映画では3面の途中で毛利名人がゼグを取り損ない、窮地に立たされたことも
  • ラザロ――巨大な青い顔。4方向から飛んできて合体する。合体する前に破壊すると80000点入る。
画像 この状態で倒せればいいが、ラザロに挟まれてミスとなる危険性と隣り合わせ。映画では初戦で毛利名人がラザロのボーナス獲得に失敗、高橋名人に先制を許した
  • デライラ――巨大な目。2つ同時に倒すと80000点。自機(シーザー)をパワーアップさせて、斜め方向に弾を撃たないと同時には倒せない。
画像 1面では終盤に出てくるデライラ。映画では5本勝負の第5戦、終盤で高橋名人がゼグとデライラを相次いで撃ちもらし、毛利名人に逆転を許した

 2分あるいは5分と、時間を区切って得点を競うのは、ハドソンが全国で展開していた「全国ファミコンキャラバン」でのルールと同じだ。翌年発売された「ヘクター'87」以降は、ゲーム自体に“2分モード”“5分モード”がつくようになった。

 だいぶ以前から思っているのだが、アーケードのシューティングゲームも“2分モード”にすれば、難易度を下げても長時間プレーされないから、初心者向けのシューティングゲームを作ることも可能ではないだろうか?

(もう既にやっているゲームがあるかもしれないけれど)

まだまだある高橋名人の出演作品

画像 カプセルを取ってパワーアップすれば、5方向に弾が撃てるようになり、爽快感が格段に上がる

 当時大人気だった高橋名人は、「GAME KING」のほかにも、映画に出演したり、アニメのキャラクターになったりしている。

 映画「RUNNING BOY ―スター・ソルジャーの秘密―」。「GAME KING」と同時上映されたアニメ作品で、「スターソルジャー」の世界に少年たちが入り込んでしまう物語。この映画に出てくる“黄金の指”は、ゲームの隠れキャラにもなっているらしいが、私は出したことがない。

 日本テレビ系列で放送されたアニメ「Bugってハニー」には、“高橋原人”というキャラクターが登場。このアニメを題材にした、同名のファミコンゲームも発売された。

 そして何といっても、映画「はっちゃき先生の東京ゲーム」である。主演が高橋名人。しかも鈴木保奈美さんと共演している。

 ニセコの小学生たちが、東京へ転校した友達に会いに行くストーリーで、寝台特急電車583系や、北海道の気動車特急キハ183系、さらに今は亡き青函連絡船などが出てくる映画として、「週刊鉄道DATA FILE」(デアゴスティーニ)でも取り上げられていた。

 しかし、残念ながら私は、この映画を見たことがない。

 もしDVD化されたら、オールドゲームファンのみならず、鉄道ファンも見るのではないかと思うのだが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10