「スターソルジャー」映画ロケ地巡りゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2006年01月25日 14時24分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

80000点ボーナスを目指そう

 「スターソルジャー」は、1986年に発売されたファミコンのシューティングゲーム。

 前年に発売された「スターフォース」の続編的ゲームだが、「スターフォース」はもともとテクモのアーケードゲームをハドソンがファミコンに移植したもの。「スターソルジャー」は、ハドソンのオリジナルだ(「スターソルジャー」発売後、テクモもファミコン向けに「スーパースターフォース」を発売している)。

 映画でも勝敗の行方を大きく左右したのが、以下の高得点キャラクターたちだ。

  • ゼグ――隠れキャラ。特定の場所を数発撃つと出現、さらに撃つと破壊できる。点数は1つ破壊するごとに500点→1000点→4000点→……となり、1ステージに隠れた全部のゼグを壊すと、最後のゼグは80000点となる。
画像 画面の右側にあるZマークがゼグ。映画では3面の途中で毛利名人がゼグを取り損ない、窮地に立たされたことも
  • ラザロ――巨大な青い顔。4方向から飛んできて合体する。合体する前に破壊すると80000点入る。
画像 この状態で倒せればいいが、ラザロに挟まれてミスとなる危険性と隣り合わせ。映画では初戦で毛利名人がラザロのボーナス獲得に失敗、高橋名人に先制を許した
  • デライラ――巨大な目。2つ同時に倒すと80000点。自機(シーザー)をパワーアップさせて、斜め方向に弾を撃たないと同時には倒せない。
画像 1面では終盤に出てくるデライラ。映画では5本勝負の第5戦、終盤で高橋名人がゼグとデライラを相次いで撃ちもらし、毛利名人に逆転を許した

 2分あるいは5分と、時間を区切って得点を競うのは、ハドソンが全国で展開していた「全国ファミコンキャラバン」でのルールと同じだ。翌年発売された「ヘクター'87」以降は、ゲーム自体に“2分モード”“5分モード”がつくようになった。

 だいぶ以前から思っているのだが、アーケードのシューティングゲームも“2分モード”にすれば、難易度を下げても長時間プレーされないから、初心者向けのシューティングゲームを作ることも可能ではないだろうか?

(もう既にやっているゲームがあるかもしれないけれど)

まだまだある高橋名人の出演作品

画像 カプセルを取ってパワーアップすれば、5方向に弾が撃てるようになり、爽快感が格段に上がる

 当時大人気だった高橋名人は、「GAME KING」のほかにも、映画に出演したり、アニメのキャラクターになったりしている。

 映画「RUNNING BOY ―スター・ソルジャーの秘密―」。「GAME KING」と同時上映されたアニメ作品で、「スターソルジャー」の世界に少年たちが入り込んでしまう物語。この映画に出てくる“黄金の指”は、ゲームの隠れキャラにもなっているらしいが、私は出したことがない。

 日本テレビ系列で放送されたアニメ「Bugってハニー」には、“高橋原人”というキャラクターが登場。このアニメを題材にした、同名のファミコンゲームも発売された。

 そして何といっても、映画「はっちゃき先生の東京ゲーム」である。主演が高橋名人。しかも鈴木保奈美さんと共演している。

 ニセコの小学生たちが、東京へ転校した友達に会いに行くストーリーで、寝台特急電車583系や、北海道の気動車特急キハ183系、さらに今は亡き青函連絡船などが出てくる映画として、「週刊鉄道DATA FILE」(デアゴスティーニ)でも取り上げられていた。

 しかし、残念ながら私は、この映画を見たことがない。

 もしDVD化されたら、オールドゲームファンのみならず、鉄道ファンも見るのではないかと思うのだが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」