ひりひりとしびれるような緊迫感がたまらない――映画的な演出が際立つサスペンスアドベンチャー「FAHRENHEIT」レビュー(1/4 ページ)

このゲームで、プレーヤーは冒頭から極めて奇怪な体験をすることになる。死体や凶器を隠し、手や衣服に付いた血を洗い流して、努めて平静を装いながらその場を立ち去らなければならない。なぜなら、主人公は“殺人犯”だから……。

» 2006年01月31日 14時51分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

フランス発の新機軸アドベンチャー

 わたしとしてはまさに待ち望んだ日本版の発売だ。北米で昨年秋にリリースされた「INDIGO PROPHECY」というゲームがあって、そのミステリアスなタイトルや、どこかもの悲しさを漂わせるビジュアルに大いに興味を惹かれていた。いっそのこと海外版を取り寄せようかとも思ったが、内容がアドベンチャーらしいので、英語が苦手なわたしではストーリーや台詞のニュアンスが理解しきれないかも……とためらっていた矢先、日本でもアタリ・ジャパンから「FAHRENHEIT」(ファーレンハイト)という題名で発売されることを知る。(ちなみに、欧州でも日本と同名の「FAHRENHEIT」でリリースされている)

 調べてみると、これを制作したのはフランスのQUANTIC DREAMという会社で、欧州最大級のゲーム展示会「Game Convention 2005」では、もっとも革新的なタイトルに与えられる「Most Innovation Game Award」という賞を獲得したとか。ゲームではアドベンチャー系が特に好きなので(「○○賞受賞作」といった触れ込みにも弱い……)、今回の「FAHRENHEIT」には発売前から大いに期待を寄せていたところだった。

画像 海外では昨年秋にPS2版、Xbox版、PC版が発売され、ユーザーからの評価も高い「FAHRENHEIT」。“シネマチック・サイコスリラー”というジャンルを掲げたアドベンチャーゲームで、フランスのQUANTIC DREAMという会社が制作している

“主人公による殺人”というショッキングなシーンで幕を開ける

 冒頭からいきなり驚愕させられる……。このゲームの主人公が、あろうことか殺人を犯してしまうからだ。その事件は、例年にない寒波と大雪に見舞われたニューヨークの、小さなダイナーのトイレで起こる。物語の主人公“ルーカス・ケイン”は、手にしていたナイフでそこに居合わせた初老の男を刺殺してしまう。このあまりにショッキングなシーンを見ていると、「刑事ジョン・ブック 目撃者」という映画を想起させる。その映画では、駅のトイレで強盗殺人が起こり、アーミッシュの少年がその一部始終を偶然にも目撃してしまうのだが、ちょうどその少年になったような気分だ。ただ、あの映画と根本的に違うのは、プレーヤーが事件の目撃者ではなく、その殺人を犯したルーカス本人であるということ。

 とはいえ、この殺人には不可解な点がいくつもある。凶行に及ぶ際のルーカスは、まるでマインドコントロールをされているかのようなトランス状態で、その目つきや挙動が明らかに異様。自身の両腕にも、何かの紋様のようなものを自傷している。そもそも、殺された男とルーカスの間に面識はなく、殺害に至る動機もないのだ。しかし、現場を見ればルーカスが犯人であることは誰の目にも明らかで、事情を説明したところで理解してもらえるはずもない。正気に返った彼は、自分が置かれている状況が極めて困難であることに気付く……。

画像 被害者は、このダイナーの常連客“ジョン・ウィンストン”。彼がトイレの洗面台で手を洗っているとき、まるで何者かに操られるようにルーカスが背後から襲いかかる
画像 正気に戻ったルーカスは、どう考えても自分に不利な状況であることを悟り、誰かに気づかれる前にその場を立ち去ろうと意を決するが……

 ここから、プレーヤーは実に不気味な体験をすることになる。ダイナー店内にはまだ数人の客がおり、その中には警官の姿もある。誰かに見られる前に証拠の隠滅と逃亡を図らなければ、ルーカスは間違いなく逮捕されてしまうだろう。彼が無実であると頭ではわかっていても、殺人現場を後始末をしていることに後ろ暗い思いがして、何ともいえず厭な気分にさせられる。具体的に何をどうするかがプレーヤーに委ねられているというのも、余計に感情をかき乱す。ゲームの序盤から、罪悪感や焦燥感がないまぜになったような気持ちにさせられるとは思わなかった。

画像 普通(?)に考えると、まずは死体を隠すのが先決か。ゲームとはいえ、こんなことをしていると何とも後味の悪さを覚える……
画像 他にも、凶器をどうするか、手や衣服に付いた血をどうするかなど、すべてはプレーヤーの判断と行動に委ねられる。しかし、あまり悠長に構えているわけにもいかず、不安や焦りといった様々な感情が交錯する。まるで、本当に殺人犯になってしまったかのよう……?
画像 思いつくことはすべてやって、何事もなかったかのように店を出ようとした瞬間、ウェイトレスに呼び止められてドキッとさせられる。何か勘付かれてしまったのか?鼓動は高鳴り、手のひらの汗でコントローラーがじっとりと湿ってくる
画像 ウェイトレスに返事をすると、会計をまだ済ませていなかったことをたしなめられた。迂闊だった……

 このように、序盤から非常に緊迫感に満ちた展開と、謎めいたストーリーにぐいぐい引き込まれていくのを感じる。また、プレーヤーの選択した行動や会話が、その後の展開にもつぶさに反映されていくのは興味深い。たとえば、上記のウェイトレスの件にしても、予めテーブルにお金を置いてから外に出れば引き留められることはなかったわけで、追い詰められた状況下で人は不用意な行動を取りやすいのだなあと、改めて思い知らされる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評