ニュース
» 2006年03月09日 14時41分 公開

NeoWiz Japanからオンラインリズムアクション「R2Beat」登場

NeoWiz Japanから、インラインスケートをしながら音楽に合わせて競争するオンラインリズムアクションゲーム「R2Beat」が登場する。レーシングゲームと音楽ゲームが合体した本作は、リズミカルなアクションとスピード感を楽しめるゲームだ。

[ITmedia]

ストーリー

画像

 「あの人のスケーティング、おねえちゃんにそっくり……」

 時は近未来。ここは太平洋に浮かぶ小さな島、ワイマール島。

 「授業おわりーッ!」

 終了のベルと同時に、インラインスケートで教室から飛び出してきたのはミュウ。勉強よりスポーツと音楽が大好きな11歳の女の子だ。

 「フライングだぞ!」

 クラスメイトのエータとベータが慌ててミュウを追いかける。

 「家まで競争だよっ」

 ミュウはへへーんと笑いながら、イヤフォンを耳にあて、スピードを上げる。お気に入りの音楽を聴きながらR2BEATごっこをするのが、ミュウの最近のマイブームだ。

 R2BEATは、音楽にのってキックやターンをくり出しながら、インラインスケートで走るレース競技。リズムの心地よさとレースのスピードを同時に味わう爽快感が人気を呼び、新時代のスポーツとして人気を博している。そのR2BEATの最初の競技場として建設されたのが、島の中心にある「ワイマールパーク」だ。オープンとともに莫大な賞金をかけた競技会が開催され、栄光を夢見るプレイヤーたちが続々と集まっていた。

 街中にもスケート用に整備された歩道が張り巡らされ、日常の移動にもスケートを使う事が多い。学校の行き帰りのコースは、ミュウにとっては慣れたもの。

 うまくリズムに合わせて滑れると、気分はサイコー! おねえちゃんはこんな時、「羽が生えたみたいっ」って言ってたっけ。だけどミュウは、どんなにうまくなっても競技会に参加するつもりはない。おねえちゃんがいなくなったあの日から……。

 今日もミュウが一番乗り! そう思っていると、誰かがすっとミュウを追い越していった。青い服に身をつつんだ年上の少女だ。このあたりでミュウより速い人なんて滅多にいないのに。負けじとスピードを上げてついていくと、ミュウは不思議なことに気がついた。

 あの人の滑り方、おねえちゃんによく似てる……。

 ターンする時、ちょっと重心が左に傾くところがそっくりだ。あ、ほらまた。なんだか、おねえちゃんの後ろを滑っていた頃の事を思い出しちゃう。

 「ミュウ、危ない!」

 後ろからエータが叫ぶ。

 「え? ……わ、わっ!」

 ぼんやりしていたミュウは、工事現場の柵に突進して派手にひっくり返ってしまった。

 「いてて、今朝までこんなところ工事してなかったのに」

 お尻をさすっていると、先に行ってしまったと思っていた少女がすっと手を差し出した。

 「あ、ありがと…」

 手をとったミュウは、一瞬ひやっとする。冷たい手…。

 「あの、」

 「気をつけて」

 少女は静かに微笑むと、声をかける間もなく、すぐに走って行ってしまった。

 「ミュウ、大丈夫だったか?」

 「何ぼんやりしてんだよ」

 追いついたエータたちは、見る見るうちに遠ざかっていく少女に感心した声をあげる。

 「はっやー」

 「R2Bの選手かな?あっちは競技場だし」

 「やっぱり、おねえちゃんにそっくり……」

 ミュウは手をぎゅっと握り締め、ぽつんと呟いた。それが、ミュウと少女の最初の出会いだった。



画像

 R2Beatは、音楽に合わせてトラック上の障害物を乗り越えながら競争する、リズムアクションゲーム。トラック上にある障害物は選曲した曲のリズムにあわせて配置されているため、音楽をよく聴いてプレイすることがポイントだ。ただし使うのは上下左右の、4つの矢印キーだけ。矢印キーを2つずつ組み合わせた入力で、テクニックを競うこともできる。

 R2Beatには、1人で練習できる「トレーニングモード」のほか、スピードを争う「スピード戦」と攻撃アイテムを使いながら楽しむ「アイテム戦」など、さまざまなプレイモードが用意されている。最大6人まで同時にプレイができるため、チームを組んで勝利を争うチーム戦も可能。

 なお、定期的に「新曲コース」をアップデート予定。ユーザーは飽きることなく遊ぶことができる。韓国のR2Beatでは3月1日現在166曲を用意している。

画像画像画像

 このほか、チャットや全身エモーションアイコンなど、ユーザー同士のコミュニケーションを豊かにする効果も用意。アバターなどのアイテムを購入し、自分好みのファッションを作り上げれば、ほかのプレーヤーから注目されるかも。ゲームをさらに楽しくしてくれる攻撃、防御アイテムなども用意されている。

R2Beat動作環境
スペック 最低動作環境 推奨動作環境
CPU PentiumIII/500MHz以上 Pentium4 以上
メモリ 256MB以上 512MB以上
グラフィックスカード GeForce2MX以上 GeForce4以上
ビデオメモリ 16MB以上 64MB以上
対応OS Windows 98/2000/XP(Windows Meでは不安定なことがあります)
DirectX 9.0c以上
Copyright(C) 2006 Neowiz Japan Corp. & Neowiz Corporation All right reserved
Copyright(C) 2006 SEED9 Entertainment Inc. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」