モップやコショウまで武器にして戦う“あの刑事”が帰ってきた「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.26 ダイナマイト刑事」レビュー(2/4 ページ)

» 2006年05月17日 16時59分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

グラフィックを大幅強化。で、あの大統領の娘はどうなった!?

 ダイナマイト刑事のストーリーを大まかに説明しておくと、武装したテロリスト集団が大統領の一人娘を人質に取り、高層ビルを占拠しているところへ、刑事が単身(あるいは2人で)現場に乗り込んで彼女を救出するという、何とも分かりやすいお話。このミッションに起用されたのは、サンフランシスコ市警察(S.F.P.D)所属で、「140億ドルの男」の異名を持つブルーノ・デリンジャー警部補。S.F.P.Dきっての検挙率を誇る凄腕ではあるが、犯人逮捕に手段を選ばないため、その物的損害額の累計が140億ドルにものぼっているのだ。また、新任の超エリート婦警であるシンディ・ホリデイ警部も、ブルーノとともにミッションに参加する(2Pコントローラー側でプレイするとキャラがシンディになり、2人同時プレイも可能)。

 操作に使用するボタンも、パンチ、キック、ジャンプの3つだけと、昨今のゲームと比べたら驚くほどシンプルでわかりやすい。たったこれだけのボタンで、落ちている武器を拾って撃つ、敵に投げつける、振り回すといった多彩なアクションを楽しめるところも魅力だ。また、敵に近づくと自動的につかみ状態になり、コマンド入力でさまざまな投げ技を繰り出せるほか、ハンドガンを所持しているときは、後ろ手に縛り上げて手錠をかけ、逮捕できるというのがおもしろい。

 プレイステーション 2版では、オリジナルのゲーム性はそのままに、グラフィックを一から作り直していることが大きな特徴。元がセガサターンだったということもあるが、プレイステーション 2版はグラフィックが驚くほどキレイになっていて、一見するとまるで別のゲームのように感じる。ダイナマイト刑事は、1999年にドリームキャストで続編(「ダイナマイト刑事2」)も発売されているが、キャラクターのモデリングやテクスチャの詳細さでは、そのドリームキャスト版を上回るほどのできばえだ。しかし、モーションや当たり判定などにはあえて手を加えず、セガサターン版のままなので、プレイ感覚は紛れもなく“ダイナマイト刑事”そのものである。

画像 初めからプレイできるモードは、セガサターン版をそのまま再現した「SEGASATURN MODE」や、グラフィックを一新させた「DYNAMITE DEKA MODE」などの4つ。他に、ある条件を満たすとプレイ可能になる隠しモードが4つもある
画像画像 左がセガサターン版、右がプレイステーション 2版だが、比べてみれば一目瞭然。キャラクターのモデリングはもちろん、背後にある通気ファンや床のデザインがこんなにリアルになっている。細かいところでは、体力ゲージの顔アイコンもちゃんと描き直してある

画像画像 主人公のブルーノ刑事もこんなに変わった。MA-1のナイロン生地の質感まで表現されていることにちょっと感激。グラフィックの向上で、ますますあの俳優に似てきた?

 セガサターン版をご存じの方なら、グラフィックの向上で一番気になるのは、「大統領の娘がどう変わったか」に尽きると思う。2Pキャラに婦警がいるとはいえ、このゲームのヒロインは間違いなく大統領の一人娘キャロライン・ヨーコ・パウエル(12歳)であり、彼女の存在がなければもしかしたらセガサターン版のヒットもなかったかもしれない。きっとそうに違いない。そう思いたくなるくらい、強烈な存在感を放つヒロインだったのだ……。

画像 ゲーム史上、希有のヒロイン“キャロライン嬢”のご尊影。ポリゴン処理が苦手なセガサターンとはいえ、「いくら何でもこれはないだろう」と当時思った。「助けたくない」との意見も多数……?
画像 プレイステーション 2版で美しく(?)生まれ変わったキャロライン嬢がこちら……

 また、ステージ間の移動時に突然「CAUTION」と表示され、とっさのボタン操作を要求されるビジュアルシーンもそのまま再現されている。カメラアングルを変えてのショートリプレイが挿入されるなど、アクション映画ばりの演出を楽しめるが、これもグラフィック向上の恩恵を受けて、よりダイナミックに感じられるようになった。

画像 「CAUTION」と表示された後、パンチやキックなど、特定のボタンを押すよう指示が出る
画像 指示されたボタンを素早く押すと、待ちかまえていた敵を急襲したり、攻撃をかわすビジュアルシーンが挿入される。バタ臭くてむさ苦しい刑事が、このときばかりはちょっとかっこよく思える?
画像 一方、ボタン操作を間違えると、無用な戦闘で足止めを食ったり、ダメージを受けてしまうことも。その際の無様なモーションがまたおかしいので、わざと失敗してでも一度は見ておきたい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評