モップやコショウまで武器にして戦う“あの刑事”が帰ってきた「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.26 ダイナマイト刑事」レビュー(1/4 ページ)

セガサターンでカルト的な人気を博した「ダイナマイト刑事」が、多彩な新モードや遊び心あふれる新要素の数々を盛り込んでプレイステーション 2に復活。グラフィックも大幅にグレードアップしているというプレイステーション 2版で、一番気になるのは「大統領の娘がどう変わったか」だったりして。

» 2006年05月17日 16時59分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

セガが“セガらしい”と思えた頃の会心作

 このごろのセガ作品って、何となくお行儀がよすぎるというのか、おとなしい印象をわたしは受けてしまう。なぜだろう。良質の新作は数多くあるけれど、かつてのような突き出た個性が心なしか薄いような。要するに、「変なゲームをあまり出してくれなくなったなぁ」と、少しさびしい思いがするのである。こんなことを考えている時点で、やっぱり自分はセガフリークなんだなと再認識してしまうのだが。

 「ダイナマイト刑事(デカ)」は、わたしが(勝手に)抱いている“セガらしさ”を強く感じられる作品のひとつ。1996年にアーケード版が登場し、翌年にはセガサターンでも発売された刑事モノの格闘アクションだ。刑事が主役といってもクールだとかハードボイルドといったイメージにはほど遠く、キャラクター設定といいストーリー展開といい、全編にわたってB級映画を(それも確信犯的に)ほうふつとさせるテイストなのだ。

 例えば、主人公のブルーノ・デリンジャー刑事は、よくある“ゲームの主人公”然としたスリムでかっこいい若者などではなく、42歳の肉体派オヤジ。その風貌は、きっと誰が見たってあのハリウッド俳優を連想させるし、彼がその身ひとつでテロリスト集団と戦う様は、やっぱり某映画を思い起こさせる。そして、その戦いぶりがものすごくバカバカしい。基本はパンチやキックの肉弾戦か、ハンドガンでの銃撃だが、なぜかミサイルランチャーまであったりするし、挙げ句には清掃用のデッキブラシやコショウや柱時計と、ステージ上にあるものは何でも武器にしてしまう。

 このアクの強さが見事に当たった。あやふやな記憶で確信が持てないが、セガサターン版の初週売上は確か3位か4位にランクインして、累計でもかなりの好セールスを記録していたと思う。もちろん、わたしも発売日はゲームショップに走った。

 その「ダイナマイト刑事」が、約10年の歳月を経てプレイステーション 2で再び遊べる日が来ようとはゆめゆめ思わなかった。素直にうれしい。それも、セガサターン版のベタ移植だけでなく、グラフィックを大幅に向上させたモードや、オリジナルにはなかったアイテムやギミックを満載しているという。これまでのSEGA AGESシリーズの中でも、ひときわ気合いの入ったリメイク作品だ。

画像 セガサターンのヒット作「ダイナマイト刑事」をプレイステーション 2で復刻した「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.26 ダイナマイト刑事」。プレイステーション 2版ではグラフィックが全面的にリニューアルされているほか、オリジナルにはなかった多彩なプレイモードが新たに盛り込まれている
画像 映像特典として、セガサターン版の発売当時に放映されていたテレビCMも収録。プレイステーション 2の画面にセガサターンのロゴが表示されているのって、なんとも奇妙な感じ……
画像 「♪おれのぶきをしってるかい?モップ!はしらどけい!コショウ!」の珍妙な歌詞が、当時大いに話題を集めた。「ダイナマイト刑事」の魅力を端的に表していて、いま見てもやっぱり笑える
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評