モップやコショウまで武器にして戦う“あの刑事”が帰ってきた「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.26 ダイナマイト刑事」レビュー(4/4 ページ)

» 2006年05月17日 16時59分 公開
[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

恒例のオマケゲームも健在。今回はついにエレメカまで遡っちゃった?

 ダイナマイト刑事シリーズといえば、セガの昔懐かしいゲームが必ずオマケで収録されていることも重要なポイント。セガサターン版の「1」には「ディープスキャン」(1979年作品)が、ドリームキャストの「2」にはこれまた懐かしい「トランキライザーガン」(1980年作品)が収録されていたので、「さて今回はなんだろう?」と思っていたら、なんと「ペリスコープ」だった。

 相当なレトロゲーム通でも、ペリスコープを覚えている方はかなり少ないはず。わたしも「そういえば、幼い頃にデパートの屋上で見たことがあるような、ないような……」という程度で、はっきり「覚えている」と言えるだけの記憶がない。それもそのはずで、これは1966年にセガが開発したエレメカゲームで、ビデオゲームが登場するよりはるか以前の作品だ。内容は、潜水艦の潜望鏡を覗き込みながら、魚雷を発射して戦艦を沈没させるというもの。何しろ40年も前のエレメカ筐体なので、セガ本社はもとより、日本国内に1台も残っていないらしい。それを3Dでプレイステーション 2に再現しようというのだから、開発にはさぞかし苦労があっただろうと察する。

 先述したように、各モードをクリアするとシークレットホームページを閲覧できるパスワードが出てくるのだが、その中でプレイステーション 2版「ダイナマイト刑事」のディレクターをつとめた内田誠氏による「ペリスコープ復刻秘話」を読むことができる(ちなみに、「ゴールデンアックス」や「獣王記」なども内田氏の作品)。ペリスコープを復刻することになったいきさつや、資料集めから完成に至るまでの悪戦苦闘の様子は、このままNHKの某番組の題材になるんじゃないかと思うほどに読み応えがあった。

画像 内田ディレクター入魂のペリスコープ。これをプレイすることで、本編のダイナマイト刑事のクレジット数(コンティニュー回数)を最大99まで増やすことができる。
画像画像 公式サイトでパスワードを入れると、「ペリスコープ復刻秘話」が読める。ブルーノ刑事以下、主要キャラが全員揃って「セーブ機能なくて、ごめんなさい」と頭を下げている絵に爆笑

「ダイナマイト刑事2.5」とも思える作り込みに感激

 久しぶりにプレイしても、やっぱりダイナマイト刑事はおもしろい。本来なら、銃器や刃物を使って敵を倒していくさまに少なからず残酷さを覚えるはずなのに、このゲームでは不思議とそれがなく、遊んでいるととにかく笑いがこぼれる。それはたぶん、誰にでもわかる直球のコミカルさにあふれているからなのだろうと思う。ミサイルランチャーで敵が“ドカーン”と吹き飛んだり、コショウを振りかけた敵がむせたりするのを見て笑ってしまうのは、「頭の上にタライが落ちてくる」という古典的ギャグを見ているときの感覚と同じ。そんな度を越えたバカバカしさが、このシリーズならではの持ち味だ。

 今回のプレイステーション 2版は、単にグラフィックが向上しているだけでなく、新たなプレイモードや、コスプレなどの遊び心もふんだんに盛り込まれていて、セガサターン版を知る人も新鮮な気分で楽しめると思う。ディレクター自身も「『ダイナマイト刑事2.5』くらいをつくるつもりで」と述べているが、本当にそう思えるくらい手間のかかったリメイクで、2500円の廉価ソフトとは思えないほどサービス精神旺盛な作りだ。

 「1」のリメイクでこれだけ楽しませる芸風(?)を持っているのだから、ゲーム性は決して古びていないし、このシリーズにはまだまだ可能性が残されているように感じた。わたしなんか、プレイステーション 2版をプレイしたら無性に「2」も遊びたくなってきて、久しぶりに押し入れの中からドリームキャストを引っ張り出してきたくらいだ。このプレイステーション 2版が評判になって、「ダイナマイト刑事3の開発決定!」なんて朗報が届くといいな、と願ってやまない。

画像 2人同時プレイでエンディングを迎えると、キャロライン嬢がこんなとんでもないことをのたまう。この娘、やはりタダものではない……
画像 で、ダイナマイトな刑事同士の壮絶なバトルに。そうまでして雇われたいのか!?
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評