連載
» 2006年05月18日 01時11分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ココナッツ・ビーチの開放感「アウトラン」 (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

セガ体感ゲーム第4弾

 「アウトラン」は、セガの体感ゲーム第4弾。

 体感ゲームの第1弾は、大型のバイク型筐体に乗り、それを傾けて操作する「ハングオン」。

 続く「スペースハリアー」では、プレイヤーの座るシートが、操作に合わせて動いていた。第3弾「エンデューロレーサー」を経て、「アウトラン」の登場となる。

画像 思い切りクラッシュすると、車が派手に回転し、ドライバーは外に飛ばされる

 「アウトラン」でも、カーブでハンドルを切るときや、クラッシュしたときにシートが動く。

 体感ゲームはその後も進化を遂げ、やがて水平にぐるぐる回る「ギャラクシーフォース」や、全方向にシートが回転する「R360」に行き着く。ただし、そうした新しい体感ゲームが普及した1990年代になっても、「アウトラン」はなお、ゲームセンターで、現役で稼動していた。

 ちょうど「テトリス」や「UFOキャッチャー」のヒットで、ゲーセンに若い女性がよく訪れるようになった頃。

画像 私も何度かトライしてみたけど、ギアガチャは成功できなかった

 ゲーム中の車と同じ真紅の筐体に、古さを感じさせないゲーム画面。「アウトラン」は、この時代の華やかなロケーションにも、よく合っていた。

 一方で、このゲームはコアなゲーマーにも受け入れられていたようだ。ギアをロー、ハイと交互に入れて、路肩でも減速せずに走る「ギアガチャ」というテクニックが発見され、タイムアタックが盛り上がったらしい。

家庭用ではセガサターン版がベスト

 「アウトラン」は、家庭用ゲーム機にも移植されている。マークIII版、メガドライブ版、PCエンジン版、セガサターン版、プレイステーション 2版などがある。

 中でもメガドライブ版は、移植が1991年と遅かったこともあって、当時は“最高の移植”とよばれた。

 後にセガサターン版が出たこともあって、現在はメガドライブ版の中古価格もそれほど高くはないようだ。しかし残念ながら私は、当時新品で買っていなかった上、中古でも入手できなかったので、このメガドライブ版をプレイしたことがない。

画像 岩でできた門のなかをくぐる「ビッグ・ゲート」。はみ出したら即クラッシュだ。敵車が多いとキツい

 アーケード版の再現度では、やはりセガサターン版が最高峰といえるだろう。

 1996年に、SEGA AGESシリーズの1作として発売されたセガサターン版。さすがに可動座席はないが、それ以外は完璧ではないだろうか。ココナッツ・ビーチの青い空はどこまでも気持ちがいいし、ウォールズの高い壁は、スピード感をもって迫ってくる。

 マルチコントローラー、レーシングコントローラーに対応している。

画像 PS2版のココナッツ・ビーチ。ポリゴンなので、さすがにスクロールは滑らかだ

 プレイステーション2版「アウトラン」も、SEGA AGES 2500シリーズの1作として発売された。ただし、初期の同シリーズは、“昔の作品を現代の技術でリメイクする”ことに重点を置いていたようで、「アウトラン」も3Dポリゴンでリメイクされている。

 アナログコントローラーを使った操作性もいいし、もちろんグラフィックもきれい。元のゲームの雰囲気を生かしながら、うまくアレンジされていると思う。

 ただし、元のバージョンは収録されていないので、資料的価値はセガサターン版の方が勝っている。

 PSE法の施行で、もしセガサターンの売買が(個人間以外で)禁止されてしまっていたら、簡単に触れることのできない作品が、大量に発生してしまうところだった。

 よくゲーム業界で、「ゲームは文化として認められた」と言われることがあるが、PSE法が当初の形で施行されていたら、ゲームを文化としてとらえるための研究(ゲームシステムや表現方法の変化、時代との関連性などの検証)が、困難になっていただろう。

 もっとも、今調べたら「アウトラン」は、Xbox版「アウトラン2」に収録されているらしい。101ミッションクリアーするか、50時間以上プレイすれば出てくる、隠しゲームらしいけど。

セガには海がよく似合う

 セガのヒット作には、海が出てくるゲームが多い。

 「アウトラン」もココナッツ・ビーチの印象が強烈だが、ほかにも例えば「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の1面も海沿いだし、「アフターバーナーII」も海上のイメージが強い。さらに「バーチャファイター2」のジェフリーステージ、「テトリス」、「ペンゴ」、「バーチャレーシング」、「G-LOC」……。

 体感ゲーム華やかなりし時代、先述のとおりゲーセンに若い女性がやってくるようになっていた。セガはいち早く、ゲーセンの内装を明るいものにして対応したのだ。

 アーケードゲームの場合は、青い海と青い空が作り出すさわやかな風景が、そんなゲーセンの雰囲気に、マッチしていたのではないだろうか? 家庭用ゲーム機のゲームにおいても、そのイメージを意識して、さわやかな海の風景を取り入れていって、成功したのではないかと思う。

 セガの本社は東京湾沿いの地、羽田にある。だから海の出てくるゲームが多いのかもしれない。

 セガは、大空に向かって飛んでいく飛行機のように、さわやかなゲームを作り続けるメーカーなのである。

 ……あ、でも、「シーマン」にも海が出てくるけど、全然さわやかじゃないか。

画像 「アウトラン」ではココナッツ・ビーチのほかに、シーサイド・タウンというコースもある
画像 ネーム入力画面に流れるBGM「LAST WAVE」も名曲だ

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた