レビュー
» 2006年06月05日 17時16分 公開

そこには確かにオンラインの世界が広がっていた「.hack//G.U. Vol.1 再誕」レビュー(1/2 ページ)

「The World」という仮想ネットゲーム空間をベースに、物語が展開される「.hack」シリーズの最新作。続き物ではあるが、新シリーズ開始ということで、この機会に始めようと思っている人もいるだろう。実際に今から手をつけても面白くプレイできるのかどうか、それも同時に探ってみた。

[篠崎薫,ITmedia]

アクションRPG好きなら要注目となる1本

コマンド選択式のターン制バトルではないので、戦闘シーンは忙しい。しかし、アクションゲーム好きにはたまらない

 メディアミックス展開しているタイトルは数多くあるが、中でも「.hack」シリーズは、かなり気合いが入っていたという記憶がある。シリーズ作品として過去4本発売されていたのは知っているのだが、内容はというと、RPGであること以外はまったく知らなかったりする。

 しかし、以前にオンラインでも遊べる「.hack//fragment」をプレイしたときに、面白いタイトルだったという印象が強く残っていた。そんな折り、「.hack」シリーズの新作が、今度はオフライン専用タイトルとして出るとのこと。これはぜひともプレイしてみよう、と思ったのが事の始まりだった。実際に体験してみると、良い意味で予想を覆すタイトルに仕上がっている。アクションRPGということで、個人的にもかなりハマってしまった、その中身をチェックしていこう。

ゲームの中の、世界(The World R:2)で繰り広げられる物語

 「.hack」の世界は、「The World R:2」という仮想のネットゲーム空間が構築されている、その中で起きている物語、ということになっている。そのため、ゲームを起動して最初に現れるのは、PCのデスクトップ画面だ。ここから「The World R:2」を選択してゲームへログインすることで、初めてゲームがプレイできる。

 デスクトップ画面からはメールの送受信が行えたり壁紙の変更ができるなど、実際のPCとそれほど変わらない操作が行えてしまう。「The World R:2」へログインすれば、オフィシャルサイトやオフィシャルBBSの閲覧も可能だ。

デスクトップとはいえ、インタフェースはシンプル。ゲームの入り口を担うべき場所なので、迷うような作りにはなっていないのだ
後には壁紙なども変更できるようになる。本当のPCのように、カスタマイズできる楽しみもあるのだ
オフィシャルBBSでは、ゲーム進行に重要な役割を果たす書き込みが行われることもある

ゲームが進むと、自動的にメールが着信する。これを見ないと、シナリオが進まない

 とはいえ、ここで行われていることは、すべて仮想世界での出来事。あたかもネットワークに接続しているように思えるかもしれないが、当然ながらオフラインで進行している。つまり、ゲームの進行状況に応じてメールが着信したり、BBSの書き込み内容が増えていくだけなのだ。こう表現してしまうと、味気ないように思うかもしれないが、雰囲気はオンラインゲームそのもの。

 かなりリアルに作ってあるので、オンラインゲームの感覚を擬似的にでも体験してみたい、という人にもピッタリかもしれない。BBSの書き込みなども想像以上にリアルなので、意外に違和感がない。そのため、プレイしていくうちに実はオンラインに繋がっているのでは? と思ってしまうこともしばしば。ハマってしまうと、そう感じる要素もたくさん入っているので、雰囲気作りは大成功と言えるだろう。

今のオンラインRPGへ一石を投じるテーマ……かも?

 本作のゲーム内での主人公は、ハセヲと呼ばれるキャラクター。初めて「The World R:2」の世界にアクセスしたその日にPKされてしまうという悲惨な過去をもつ人物だ。その後、ハセヲを操作するプレーヤーは、PKするキャラたちを見つけては殺していく“死の恐怖”と呼ばれるPKKとなっていった。だがある日、仲が良かったキャラの志乃をPKした相手、三爪痕(トライエッジ)と遭遇する。志乃の仇を討つために戦いを挑むが返り討ちにあい、データドレインと呼ばれる謎の技でレベルを1に落とされてしまう。同時に、ゲームをプレイするために使用していたPCに保存していたメールやアドレスデータなども、全部消されてしまうのだった。ショックを受けつつも志乃を取り戻すため、すべてを失ったレベル1のキャラを育てるところから、本作はスタートする。

 ここで登場するPKとはプレイヤーキルのことで、「The World R:2」ではプレーヤーが他のプレイヤーを倒すプレーヤーキル・PKが容認されている。ゲーム中に登場する一部のプレーヤー達は、ゲームを始めたばかりのキャラを誘い、PKすることでゲームを楽しんでいるのだ。また、そんなPKを倒すキャラとして、ハセヲのようなPKK=プレーヤーキラー・キラーがいる。そんな、ちょっと荒廃した世界が「The World R:2」なのだ。

ゲーム開始直後にPKされたハセヲだが、彼はレベル100を超えるPKKとなって復活する
すべてを失い落胆するも、志乃のために再び「The World」へ向かう
街中は、いたって平穏。会話が交わされているのを見ていると、本当にオンラインゲームをプレイしているように感じでしまうかもしれない

何度遊んでも飽きることがない、アクション要素の濃い戦闘シーン

ここでキーワードを選ぶことで、さまざまなパターンのダンジョンが探索可能に

 ストーリーを進めていくと、新しい仲間とともにダンジョンへ行き、敵と戦いを繰り広げることになる。行き先は、3つに区切られたキーワードをそれぞれ指定することで、難易度を調整することができる仕組みになっている。それに応じて、出現する敵の特性や達成すべき難易度、得られるアイテムの善し悪しなども変わるため、ほぼ無限大のバリエーションがあるといえるだろう。物語を進行させるときは、最初から3つのキーワードが揃った状態のものを渡されるので、そのダンジョンへ行くことになる。


不意打ちが成功すれば、最初にアタックできる。この間はシームレスに繋がるので、戦闘に入る前のエフェクトや余計なロード時間がないのがうれしい

 ダンジョン探索中に敵を見つけても、すぐには戦闘にならないのがユニークなところで、背後から近づき○ボタンを押せば、不意打ちをかけられるのだ。ただし、正面から近づくと通常戦闘となってしまうので、なるべく後ろに回りたいところ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる