ニュース
» 2006年06月12日 10時47分 公開

1日の始まりはこのアニメから――新「パワパフガールズ」ヒロインに会ってきました

アメリカを始め全世界でヒットしたあの「パワーパフガールズ」が装い新たに帰ってくる。新作「出ました!パワパフガールズZ」の放送開始目前に、出演するフレッシュな主役3人にお話を聞いてきた。

[塙恵子,ITmedia]

 7月1日よりテレビ東京系6局にて、アニメ「出ました!パワパフガールズZ」の放送が順次開始される。原作「パワーパフガールズ」は、アメリカを始め、全世界で大ヒットを記録。今回まったく新しい作品として生まれ変わり、日本のお茶の間に届けられことになった。

ストーリー

ある日、ケミカルXと呼ばれる謎の物質を研究していたユートニウム博士と、助手であり息子でもあるケンは、研究中偶然にケミカルZという新しい物質を作り出しそれがひょんなことをきっかけに東京CITYに放たれる。

その白い光に当たったのが、ごく普通のジュニアハイスクール1年生赤堤ももこ、豪徳寺みやこ、松原かおるの3人の女の子たち。ここに、爆進スィート・トリオ、パワパフガールズZが誕生したのだ!!

同じころ、東京CITY動物園では、サル山で1匹のサルが同じくケミカルZの黒い光を浴びてしまった。このサルは黒い光によって、パワパフガールズの宿敵、モジョ・ジョジョへと姿を変える。

世界征服を企むモジョ・ジョジョを筆頭に、さまざまなモンスターの脅威が迫る東京CITYを舞台として、「戦う愛のサイエンス・レジェンド」、パワパフガールズZこと、ハイパー・ブロッサム(赤堤ももこ)、ローリング・バブルス(豪徳寺みやこ)、パワード・バターカップ(松原かおる)が東京CITYの平和を守り抜く!!



左から川名さん、加藤さん、宮原さん

 主役に抜擢されたのは、フレッシュな3人。第2話収録日である6月10日、新ヒロインである赤堤ももこ(ハイパー・ブロッサム)役の加藤英美里さん、豪徳寺みやこ(ローリング・バブルス)役の宮原永海さん、松原かおる(パワード・バターカップ)役の川名真知子さんに新番組について語っていただいた。

キャラクターについて

加藤英美里さん(以下、敬称略) ブロッサムはとても明るく元気な女の子で、すごくミーハーな部分があります。すぐ恋をして、振られてしまう。でも立ち直りが早い感じ。ほかにもお菓子が大好きで、悪役のモジョといつもお菓子を取り合って、わいわい楽しくやっています。

宮原永海さん(以下、敬称略) バブルスはすごくおっとりしているお嬢様で、いかにも育ちがいいんだなという感じ。ショッピングが大好きでいろんなブランドを自分なりに買って着てみたりして、楽しんでいます。とってもマイペースでかわいらしい女の子です。

川名真知子さん(以下、敬称略) バターカップは、3人の中でも特に男の子っぽい女の子です。運動神経もよく男勝り。変な感じですが、女の子にすごくモテる役です。元気に、パワフルに演じられればいいなと思っています。

1話のアフレコ収録が終わっての感想と、演じる時に気を付けた部分は

加藤 第1話はすごくギャグが入っているし、テンポの良い作品です。ブロッサムは特にテンションが高いので、そのテンションを失わずに気をつけながら演じました。

宮原 1話が本来なら2話に見れるような内容になっています。本当にテンポがよくて、アメリカと同じくお菓子を食べてパワーアップするというところはとても楽しかったです。自分のキャラクターで気を付けているところは、おっとりしていて言葉づかいもきれいなので、それをいかにわざとらしくなく演じることができるかなという風に思っています。

川名 かわいらしくてすてきな作品だなと思いました。女の子の部分を残しつつ男の子っぽく演技できればいいなと思います。

原作を意識して演じましたか

加藤 特に原作を意識せず、自分の中でイメージを作ってからオーディションに挑みました。わたしはブロッサムの画を頭の中に入れて、自分の中でこんな感じかなというイメージを作っています。実際に作品のイメージと違いはなく、一緒だったのでよかった。とにかく明るく、3人の中では自分がリーダーだと思い込んでいるようなので、元気な子というイメージを精一杯出そうと思いました。

宮原 原作のキャラクターを比べてみると、同じようでまったく違う感じ。意識というよりは自分なりのバブルスを演じています。

川名 わたしは原作を見ていて、オーディションの時に自分なりに画を調べました。でも逆に、自分で作りこんで「バターカップはこうやるな」という感じでやらせていただきました。

作品の見どころと、今後の話の展開で希望すること

加藤 ブロッサムで特に見てもらいたい点は、敵役のモジョとのやりとり。モジョもブロッサムもお菓子が好きなので、お菓子の奪い合い、追いかけたり、逃げたりという掛け合いがおもしろいのでぜひそこを見てほしいです。

宮原 第1話は3人がどんなキャラクターなのかという、さわりの部分がとても出ていて、3人の違いを分かってもらえます。2話からだんだんパワパフZの正体が明かされていく感じなので、まずはパワパフガールズZがどんなアニメなのか、こんなアニメなんだなということを知ってもらえればなと思います。

川名 (主役の)3人以外のキャラクターも魅力的なので、それぞれの個性的な部分を見ていただけたらなと思います。

ファンへのメッセージ

加藤 外国版のパワパフが好きな方も、新しい作品を楽しんでもらえる内容になっています。ぜひ朝から見てテンションを上げて1日頑張っていただきたいです。

宮原 パワパフZはギャグがたくさんあって、とても微笑ましいアニメです。キャラクターがそれぞれかわいらしく楽しいので、このテンポの良さを土曜日の朝から楽しんでもらえたらうれしいです。

川名 朝7時からとちょっと早い時間ですが、寝起きの朝にパワパフガールズZをぜひぜひ見ていただきたいです。


 原作ファンも、原作を知らない人にも満足してもらえる内容だと太鼓判を押す彼女たち。出ました!パワパフガールズZは、集英社「りぼん」、小学館「幼稚園」での連載もすでに決定している。日本でも新たなブームを巻き起こしてくれるに違いない。

「出ました!パワパフガールズZ」

7月1日より放送スタート

テレビ東京 土曜 午前7時

テレビ大阪 土曜 午前7時

テレビ愛知 土曜 午前7時

テレビ北海道 土曜 午前7時

7月5日より放送スタート

TVQ九州放送 水曜 午前7時30分

7月8日より放送スタート

テレビせとうち 土曜 午前6時30分


TM Cartoon Network & (C)2006 Cartoon Network, Toei Animation, Aniplex & TV TOKYO.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声