ニュース
» 2006年06月21日 19時25分 公開

グリム童話をモチーフに現代の寓話を描く――「おとぎ銃士 赤ずきん」番組製作発表会(1/2 ページ)

7月1日からテレビ東京系6局ほか全国計8局で放映される「おとぎ銃士 赤ずきん」の番組製作発表会が本日行われ、声優の田村ゆかりさんやスタッフらが、本作の魅力を明らかにした。

[加藤亘,ITmedia]

 2005年にコナミデジタルエンタテインメントからOVAとしてリリースされた「おとぎ銃士 赤ずきん」が、本格女児向けアニメーションとして、7月1日からテレビ東京系6局ほか全国計8局で毎週土曜日9時に放映される。それに先駆け本日6月21日、東京・秋葉原の東京アニメーションセンターアキバ3Dシアターにて、本作のプロジェクト概要と多角的に展開する関連商品などについて発表会が催された。気になる第1話も放映。グリム童話をモチーフとしたおとぎの世界が披露された。

 本作はマッグガーデン「月刊コミックブレイド」にてマンガ連載が開始されており、講談社「たのしい幼稚園」8月号でも連載がスタートすることになっているなど、プロジェクトはすでに走り始めている。

 発表会は、テレビ東京アナウンサー・亀井京子さんの司会で進行。まずコナミデジタルエンタテインメント執行役員マルチメディアカンパニー プレジデント 樹下國昭氏が登壇し、「昨年OVAとして発売し、温めていた作品がようやくテレビで放映することが決まりました。この作品では製作委員会方式を取っており、テレビ東京、読売広告、マッドハウス、ジェネオンエンタテインメントなどとタッグを組み成功させたいと考えています。女児を中心としたお子様方に土曜日の朝を楽しみにしていただけ、さらにコアなアニメファンにも訴求できる作品だとも思っていますので、応援よろしくお願いいたします」と挨拶。

 続いて、テレビ東京コンテンツ事業部 局次長 兼 アニメ事業部 部長の岩田圭介氏が、昨日行われた東京国際アニメフェアの打ち合わせでの席上、石原東京都知事の言を借り、「常々石原都知事は、最近の日本のアニメはキャラクターには個性がなく、脚本もクリエイティビティじゃない。背景だってなっていないと、かなり辛辣なことを述べているが、今回の発表会に石原都知事を呼ぶべきだったと後悔しています。本作に個性がないかどうか観てもらうべきだった」と、かなりの自信をのぞかせる。「日本のアニメが世界中に受け入れられているのは、そこに個性があるからです。コナミデジタルエンタテインメントがアニメビジネスに本格参加するのは初とのことですが、本作にオリジナリティがあるから一緒に組んだということを知ってもらいたい」と、石原氏が嘆く“オリジナリティの枯渇”が本当なのかどうかを本作で判断してほしいとアピールした。

 また、アニメ製作を担当しているマッドハウスの取締役 二方由紀子氏も壇に上がり、「OVAの製作中からキャラクターや世界観、テーマ性などに惚れ、テレビシリーズにならないかなと願っていた作品です。コミック連載など幅を広げて展開していくことは、ありがたくも責任も感じています。スタジオとしては、監督や原案者を中心にアイディアを出しながら、作り手が一丸となって製作を進めています」と、ひとりでも多くの人に楽しんでもらえる作品に仕上げているとコメントした。

コナミデジタルエンタテインメント 執行役員 マルチメディアカンパニー プレジデント 樹下國昭氏
テレビ東京 コンテンツ事業部 局次長 兼 アニメ事業部 部長 岩田圭介氏
マッドハウス取締役 二方由紀子氏

コナミデジタルエンタテインメント マルチメディアカンパニー 音楽・映像事業局 統括マネージャー 橋本裕一氏

 本作はテレビアニメを中心に多角展開を推し進める。コナミデジタルエンタテインメント マルチメディアカンパニー 音楽・映像事業局 統括マネージャー 橋本裕一氏は、商品化についての説明の中で、ビデオ・DVD化はもちろんのこと、インターネット配信、ゲーム化(ニンテンドーDSで今冬発売予定)、出版化、コンサートやミュージカル化、玩具や文具、食品やアパレル、キッズコスメなどを進めていきたい旨を説明。コナミが女児玩具商品に参入するのは初めてのことで、本作をきっかけに積極的に取り組んでいくことになるとのこと。

多角展開の一角である女児玩具の一例が、会場に展示されていた

 「おとぎ銃士 赤ずきん」は、先述したとおりグリム童話をモチーフにした、科学の世界エルデと魔法の世界ファンタヴェーレの2つの世界を巡る物語。草花を元気にさせる力を持つ少年・鈴風草太は幼い頃、今は亡き母に聞いたおとぎ話が気になり図書館通いを続けていた。そんなある日、夢の中に出てきた化け物が現れ襲いかかってきた。化け物は草太が“鍵”であることを告げる。その危機を赤ずきんと言葉をしゃべる狼ヴァルに助けられる。1000年ぶりに復活した魔女サンドリヨンを退けるため、赤ずきんの盟友、白雪姫やいばら姫とともに戦いの火蓋が切られたのだった。数奇な運命を背負った少年と不思議な少女たちによる新たなフェアリーテールが紡がれていく。

 公開された第1話は、まさにその序章。草太の前に赤ずきんが登場するところまでとなっていたが、不思議なおとぎ話を語る上で、十分な引力のようなものを持っている内容だった。39話にも及ぶ長い物語の中では、少年の謎と世界のなりたちなども明らかにされていくという。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声