ニュース
» 2006年06月21日 19時25分 公開

グリム童話をモチーフに現代の寓話を描く――「おとぎ銃士 赤ずきん」番組製作発表会 (2/2)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       
左から音楽の増田俊郎氏、原案の熊坂省吾氏、監督の石山タカ明氏、脚本の柿原優子氏、竹内利光氏、広田光毅氏。どのへんに力を入れているのかと聞かれ、「女の子がたくさん出てくる話なので、女性スタッフとして女の子をいかに可愛く書けるよう努力している」と柿原氏が答えると、「男性の立場としては、女の子ももちろん可愛く描きたいけど、男の子も可愛いく描きたい」と竹内氏。仕方がないとばかりに広田氏が「2人が女の子、男の子と来ているので、あとは残ったところで、怪物たちを可愛く書くだけですね」と、会場を笑わせる。第1話を拝見して、ライターとして絵に負けないようプレッシャーを感じるとも語った

 上映後には開発者によるトークセッションを開催。原案の熊坂省吾氏、監督の石山タカ明氏、脚本を担当している柿原優子氏、竹内利光氏、広田光毅氏、そして音楽の増田俊郎氏が登壇した。

 現場の雰囲気について聞かれた石山氏は、石山氏は、「スタッフ一同赤ずきんに惚れ、どう可愛く見せるか四苦八苦しているところ」と、OVAを越える作品にすべく鋭意頑張っているとコメント。熊坂氏はグリム童話を取り扱った理由について、「グリム童話は、伝承で語り継がれたものをベースにしているので、普通の作り話とは違う、なにか背後にある強い芯のようなものに惹かれました。また、初版のグリム童話はかなり残酷なものも多く、そういったところも面白いかなと。登場するキャラクター達が魅力的なので、現代版のファンタジーにしたくなったんです」と明かした。音楽を作るのに苦労はあったのかと聞かれた増田氏は「さまざまな作品を手がけていますが、ファンタジーは初めてなんです。個人的にも好きなのですが、好きな分難しい。趣味に走りすぎないよう気をつけています。OVAでやった時は、これだけで終わらせるにはもったいないと思える作品だっただけに、また時間をかけて作れるのは幸せです」と、期待を持たせる。

 石山氏はまた、OVAの時は30分くらいで完結しなければいけなかったところを、39話と壮大なスケールで描けることが魅力と答える。熊坂氏による分厚い原案を元に、その世界を表現できるのが面白いとも。自分たちが作ることの意味を考え、作る側も見る側も幸せになれるような作品にしたいと豊富を述べた。


今や田村さんがしゃべれば赤ずきんとスタッフに言わしめているとのこと。田村さんは恥ずかしがりながらも「褒めすぎです」とつっこむ場面も

 ここで、特別ゲストとして赤ずきん役の声優・田村ゆかりさんが、アニメにも登場するキュピのぬいぐるみを抱いて登場。アフレコの苦労はという質問に、「太陽のような女の子でとオーダーされたのですが、自分はどちらかと言うと太陽というよりは月のような女の子なので、毎回演じるのには苦労してます」とのことだが、熊坂氏も石川氏も赤ずきんのイメージにぴったりと太鼓判を押す。

 田村さんはオープニング曲も担当している。「童話迷宮」と題したその曲は、アップテンポでノリがいい。「ベタに童話という言葉をタイトルに入れさせてもらいました。皆で手と手を取って進んでいこうという、前向きな気持ちになれるものです」と曲のイメージを語る。石山氏は、レコーディングの時初めて聞いてなんて素敵な歌なんだと大好きになったのだとか。「小さいお子様にも歌ってもらいたい」とのこと。


 最後に増田氏は、「四つ葉のクローバーをもらったのですが、自分も四つ葉騎士団のサポートを受けて頑張ります」とコメント。これから帰って残りの曲を製作すると意気込みを語る。脚本を担当する広田氏も「脚本家が3人ということで、こちらはヘタレな3銃士ではありますが、ペンは剣より強しというところを見せていきたい。目指すは映画化です」と、豊富を述べる。竹内氏も「玩具やグッズを見せ合える広がりを見てみたい作品になれば」と期待を寄せ、柿原氏は「39話では描ききれないエピソードも続編や映画などで書けるよう続いてほしい」と早くも続編を匂わす。熊坂氏はそれを受け「ドラえもんくらい長く続いて、田村さんが引退するくらいまで続けば」と一同を沸かせる。アニメは世界共通の影響力を持つ表現だと持論を語る石山氏は、「心温まる作品を作ることで世界平和へとつながれば」と壮大な心持ちで臨んでいる真摯な気持ちを明かす。当初はフィギュアの、あくまでもおまけのように始まったOVA化だったが、こうしてテレビアニメとなったからには、映画化やゲーム化、そしてさまざまな展開を期待してやまない。田村さんは「これを見て優しい気持ちになれたらいいな」と期待する。

 寓話の世界を表現することで、なんでもありの世知辛い現代社会を少しでも心温かくしたいという取り組みが、もうすぐお目見えしようとしている。

(C)2006 コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」