ニュース
» 2006年07月14日 14時08分 公開

番長とは何よりもまず強くなければならない――「THE 炎の格闘番長」(1/3 ページ)

見た目は強そうだが、実はとてつもなく弱い主人公となり、時に自己鍛錬に励み、時に敵から技を覚えて本物の番長を目指す。かなりストイックなゲームが、SIMPLE2000シリーズに登場する。プロモーションムービーの先行配信あります。

[ITmedia]
photo

 最初は“ただのパンチ”や“ひ弱なキック”しか使うことのできない主人公だが、ヤンキーどもが幅をきかせる街を力でシメるために、名だたる番長たちと戦っていくプレイステーション 2用ソフト「SIMPLE2000シリーズ Vol.107 THE 炎の格闘番長」が、2006年9月14日に発売される。価格は2100円(税込)。

 弱い主人公が強くなるためにすることは2つある。まずはひたすら自らを鍛えること。自身の努力なくして力など身に付くはずがない。そしてもうひとつは、敵の使うさまざまな技を覚えること。誰にも負けない、強くて本物の番長になるには、どんな相手が来ても対応できるよう、強力な技を習得する必要があるのだ。


 主人公を育成しながら、街の統一を目指すこのシミュレーションモードは「番長伝説」と呼ばれる。番長伝説では、戦いの合間には、ドラム缶を潰したり、鉄ゲタを飛ばしたりといった数種類の鍛錬(ミニゲーム)が用意されている。マップ画面に敵がいない時に特定の場所を選択、または自宅メニューの「鍛錬」を選択すれば、その場所に対応したミニゲームを行うことが可能だ。うまくこなせば「腕力」や「脚力」などのパラメータが上がる。いきなりボス(敵番長)の元へ向かっても結果は見えている。一にも二にも、まずは自己鍛錬が必要となるわけだ。なお、ミニゲームには以下の5つがある。

photophoto 彼がプレーヤーの分身となる番長だ。見た目、体格ともに強そうなのだが、最初はとにかく弱いらしい
photo 番長伝説マップ画面

●コシティ体操

 コシティと呼ばれる棍棒を振りまわして、腕力を鍛える。敵がいない状態で「河川敷」を選択すると行うことができる。コシティ体操は、左右のコシティを1回ずつまわして合計回数を競うというもので、左右のアナログスティックを回転させることで回すことが可能だ。入力を間違えたり途中でスティックを放すと失敗してしまう。時間内にコシティを多く回転させるほど「腕力」のパラメータを高めることができる。

photophotophoto

●天気占い

 番長が愛用している鉄ゲタを飛ばして、脚力を鍛える。敵がいない状態で「並木道」を選択すると行うことができる。天気占いでは、ゲームが始まったら○ボタンでゲタ飛ばしのパワーを決め、もう一度○ボタンを押すことで角度を決める。ジャストに近い入力が行われると、飛距離が出る。最後に出た天気によって飛距離がちょっとだけプラスされるといった要素もある。

photophotophoto

●空き缶つぶし

 ドラム缶を破壊して組力を鍛える。敵がいない状態で「空き地」を選択すると行うことができる。空き缶つぶしでは、ゲージが移動を続けるので、ゲージの色が変わっている部分の中央に合わせてボタンを入力し、カーソルを止める。パワーが高く成功位置に近いところで止めることができれば成功となり、逆にパワーが低かったり2回目のカーソルを止めた位置がずれていると失敗となる。

photophotophoto

●ガンつけ

 目の前に置かれた物をボタンを連打して破壊する。自宅メニューの「鍛錬」を選択すると行うことができる。ガンつけでは、ボタンを連打することで画面下のゲージが延びていく。制限時間内に目標地点を越えることができれば、成功となる。

photophotophoto

●番長オーラ

photo

 出現する雑魚ヤンキーを眼力レーザーでびびらせながら、ボスの所までたどり着く。番長はボスの所まで歩いていき、歩き中に方向キーを押すことで眼力レーザーを発射することができる。出現する雑魚ヤンキーに眼力レーザーを当てて相手を退散させることが目的となる。入力が間に合わず雑魚ヤンキーが番長のところまで接近すると対戦になり、対戦によって減った体力はそのまま持ち越されてしまう。いかにボスまで体力を温存させてたどり着くかが重要だ。


※画面は全て開発中のものです。
(C)2006 OPUS STUDIO INC. (C)2006 D3 PUBLISHER
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」