ニュース
» 2006年07月14日 14時08分 公開

番長とは何よりもまず強くなければならない――「THE 炎の格闘番長」(1/3 ページ)

見た目は強そうだが、実はとてつもなく弱い主人公となり、時に自己鍛錬に励み、時に敵から技を覚えて本物の番長を目指す。かなりストイックなゲームが、SIMPLE2000シリーズに登場する。プロモーションムービーの先行配信あります。

[ITmedia]
photo

 最初は“ただのパンチ”や“ひ弱なキック”しか使うことのできない主人公だが、ヤンキーどもが幅をきかせる街を力でシメるために、名だたる番長たちと戦っていくプレイステーション 2用ソフト「SIMPLE2000シリーズ Vol.107 THE 炎の格闘番長」が、2006年9月14日に発売される。価格は2100円(税込)。

 弱い主人公が強くなるためにすることは2つある。まずはひたすら自らを鍛えること。自身の努力なくして力など身に付くはずがない。そしてもうひとつは、敵の使うさまざまな技を覚えること。誰にも負けない、強くて本物の番長になるには、どんな相手が来ても対応できるよう、強力な技を習得する必要があるのだ。


 主人公を育成しながら、街の統一を目指すこのシミュレーションモードは「番長伝説」と呼ばれる。番長伝説では、戦いの合間には、ドラム缶を潰したり、鉄ゲタを飛ばしたりといった数種類の鍛錬(ミニゲーム)が用意されている。マップ画面に敵がいない時に特定の場所を選択、または自宅メニューの「鍛錬」を選択すれば、その場所に対応したミニゲームを行うことが可能だ。うまくこなせば「腕力」や「脚力」などのパラメータが上がる。いきなりボス(敵番長)の元へ向かっても結果は見えている。一にも二にも、まずは自己鍛錬が必要となるわけだ。なお、ミニゲームには以下の5つがある。

photophoto 彼がプレーヤーの分身となる番長だ。見た目、体格ともに強そうなのだが、最初はとにかく弱いらしい
photo 番長伝説マップ画面

●コシティ体操

 コシティと呼ばれる棍棒を振りまわして、腕力を鍛える。敵がいない状態で「河川敷」を選択すると行うことができる。コシティ体操は、左右のコシティを1回ずつまわして合計回数を競うというもので、左右のアナログスティックを回転させることで回すことが可能だ。入力を間違えたり途中でスティックを放すと失敗してしまう。時間内にコシティを多く回転させるほど「腕力」のパラメータを高めることができる。

photophotophoto

●天気占い

 番長が愛用している鉄ゲタを飛ばして、脚力を鍛える。敵がいない状態で「並木道」を選択すると行うことができる。天気占いでは、ゲームが始まったら○ボタンでゲタ飛ばしのパワーを決め、もう一度○ボタンを押すことで角度を決める。ジャストに近い入力が行われると、飛距離が出る。最後に出た天気によって飛距離がちょっとだけプラスされるといった要素もある。

photophotophoto

●空き缶つぶし

 ドラム缶を破壊して組力を鍛える。敵がいない状態で「空き地」を選択すると行うことができる。空き缶つぶしでは、ゲージが移動を続けるので、ゲージの色が変わっている部分の中央に合わせてボタンを入力し、カーソルを止める。パワーが高く成功位置に近いところで止めることができれば成功となり、逆にパワーが低かったり2回目のカーソルを止めた位置がずれていると失敗となる。

photophotophoto

●ガンつけ

 目の前に置かれた物をボタンを連打して破壊する。自宅メニューの「鍛錬」を選択すると行うことができる。ガンつけでは、ボタンを連打することで画面下のゲージが延びていく。制限時間内に目標地点を越えることができれば、成功となる。

photophotophoto

●番長オーラ

photo

 出現する雑魚ヤンキーを眼力レーザーでびびらせながら、ボスの所までたどり着く。番長はボスの所まで歩いていき、歩き中に方向キーを押すことで眼力レーザーを発射することができる。出現する雑魚ヤンキーに眼力レーザーを当てて相手を退散させることが目的となる。入力が間に合わず雑魚ヤンキーが番長のところまで接近すると対戦になり、対戦によって減った体力はそのまま持ち越されてしまう。いかにボスまで体力を温存させてたどり着くかが重要だ。


※画面は全て開発中のものです。
(C)2006 OPUS STUDIO INC. (C)2006 D3 PUBLISHER
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」