レビュー
» 2006年07月18日 18時07分 公開

“点”と“線”など「シンプルな見た目と操作」による、ゲームの本質を追求した新機軸が登場「bit Generations 」レビュー(1/3 ページ)

7月13日と7月27の2回に分けて発売される「bit Generations」シリーズ。「ゲームの原点」を見つめ直す任天堂の意欲作、「dotstream」、「BOUNDISH」、「DIALHEX」の3本をレビューする。

[桜山憂太,ITmedia]

 7月13日と7月27の2回に分けて発売される「bit Generations」シリーズ。このシリーズは「ゲームの原点」を見つめ直すをコンセプトにしており、最近のゲームでは当たり前になりつつある、美麗なグラフィックや複雑な操作とは真逆の方向性を持ったタイトル群だ。この任天堂としての意欲作とも言えるタイトルは、全部で7本の発売が予定されており、そのどれもがシンプルな仕様になっている。お手頃な税込み2000円という価格とともにゲームボーイアドバンス用ソフトとして、携帯ゲームの手軽さを存分に発揮するタイトルたち。今回は7月13日に発売された「dotstream」、「BOUNDISH」、「DIALHEX」の3本をレビューしよう。

画面を見てわかるように、どのタイトルも“シンプル”。最近のゲームではほとんど見られない色使いや画面構成は、ファミコンの黎明期を含め数十年前のゲーム画面をほうふつとさせる。最近の若いゲームユーザーにとっては、逆に目新しく見えるのだろうか!?

dotstream(ドットストリーム):今まで見た事のない“ライン”によるレースゲームとは!?

 「dotstream」は“ライン”をモチーフにしたゲームで、スリップストリームやライン取りなどの通常のレースのような要素が盛り込まれている。しかし、キャラクターは車やバイクなどとは違い、ただの“ライン”でしかない。この“ライン”をいかに上手に操るかという事になるのだが、その操作感覚がかなり気持ちがいいと言える。方向キーの上下を押すことで、自分の通った道筋が軌跡のように残り、視覚的にも気持ち良さを演出してくれている。また、アクセルやブレーキといった仕様がないので、基本的にはライン取りが命となるのだが、自分が通った道筋や先行くNPCのラインが絡み合うため、見た目にも美しい。

 そして、特筆すべきはそのBGMの格好良さ。レースゲームとして気分を高揚させてくれるようなものが多く、とにかく聞いているだけでも気分が乗ってくる。これが、“ライン”や“色”によるデザインの美しさと相まって、1つの作品としての完成度をより高めていると言えるだろう。dotstreamをプレイする時は、絶対にBGMを聞きながらプレイしよう。それに付随して、カーソルを動かした時などのSE(効果音)も凝っており、やみくもにカーソルを動かすだけでも楽しかったりする。そのように細部まで音にこだわっているdotstreamなので、できればヘッドフォンを使ってプレイすることをオススメしたい。

 肝心のゲーム内容として、dotstreamには3つのモードが用意されている。基本とも言える「campaign」モードは、プレーヤーを含めた6人で5レースを争い、順位に応じたポイントを得て総合順位を決定するというものだ。総合順位で1位を取れば、上位クラスのレースに参加できたり、「formation」モードの新しいコマンドが入手できたりする。レースのクラスが低い時はコース自体の障害物が少なく、スピードもそんなに速く出ないので、難しく考えずにプレイできるだろう。しかし、クラスが上がるにつれ、コース自体の難度も上がり、敵となるNPCのライン取りもより正確になってくる。通れる幅も狭くなるため、スリップストリームが使いにくくなるので、より最良のライン取りを瞬時に判断できるようしないと1位を取るのは難しい。そのへんの駆け引きを制して、総合1位を取った時のカタルシスは、本当の意味でのレースゲームの原点と言えるかもしれない。

 次に「spot race」だが、「campaign」モードでプレイしたコースを1つだけ選んで遊べるモードとなっている。ここでは、ライン取りの反復練習やストイックなタイムアタックに励むことが可能だ。そして、最後となる「formation」は、「campaign」モードで手に入れたコマンドを駆使して、編隊を組んで楽しむモードとなっている。敵となるほかのNPCは一切出てこないが、画面下部に出ているエネルギー量が常に減っていくため、コース上に落ちているエネルギーアイテムを随時取っていかなければならない。そして、一定量のエネルギーを保持していれば、その量に応じた新たな“ライン”が登場して、編隊を組める。このモードをより楽しむためには、一定のコマンドがあった方がいいので、「campaign」モードで幾つか手に入れてからプレイする事をオススメする。

「campaign」モードは、左下のエネルギーが0の状態で障害物に激突するとリタイヤとなり、そのレースのポイントが0となってしまう。ピットインすればエネルギーを増やせるが、明らかにタイムロスになるので状況判断が必要だ
「spot race」モードは基本的には「campaign」と変わらない。ただ、1つのコースに限定してプレイができるので、苦手を克服するにはもってこいと言える。また、「campaign」と同じようにアイテムなども出るので、自分なりの戦略を構築する練習も可能
「formation」モードでは、「campaign」で手に入れた“コマンド”を使って編隊を組むこととなる。それぞれのコマンドは、各ボタンに割り当てられており、それらを駆使してハイスコアを狙っていく。いかに綺麗な編隊飛行をするかという楽しみ方もできる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2311/29/news051.jpg 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
  2. /nl/articles/2311/29/news033.jpg 秋田犬が娘の宿題を見守ると……「驚くほど美脚すぎる!」と900万再生 「立ち方凄い」「人にしか見えない」
  3. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. /nl/articles/2311/28/news159.jpg サントリーのウイスキー値上げ額詳細が公開されSNSでも嘆きの声 「もう買えない……」「今ですら厳しいのに」
  5. /nl/articles/2311/29/news146.jpg “ベスト級に美しい芸能人”、出会った上沼恵美子が大絶賛 あまりの完璧超人ぶりにほれぼれ「人間として魅力を備えてて」「頭がいい育ちがいい」
  6. /nl/articles/2311/29/news022.jpg 留守番中の子猫を見守りカメラで確認したら…… 何度も「ママぁー!!!」と泣く姿に「切ない」「一目散に帰らなければ」
  7. /nl/articles/2311/29/news116.jpg 32歳になった河北麻友子、“家族そろった記念ショット”を出産後初公開 幼子抱えて大笑いの夫婦に「最高だねえって言いたくなる」
  8. /nl/articles/2311/28/news170.jpg DAIGO、コンビニで“大物スター”とまさかの遭遇 2日連続の出会いに「すごい奇跡」「これは運命」
  9. /nl/articles/2311/29/news043.jpg マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  10. /nl/articles/2311/29/news028.jpg 寂しくて「えーんえーん」と泣くワンコ、後ろにいる飼い主に気付くと…… 激変する表情のギャップがたまらない
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
  2. 動かないイモムシを助けて1年後のある日、窓の外がありえない光景に 感動サプライズが「アゲハ蝶の恩返し」と話題
  3. 「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
  4. 「千鳥」大悟、大物美人俳優にバッグハグされた表情に注目集まる 「マジ照れのお顔ですね」「でれでれやん」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
  7. 「生きててよかった」 熊谷真実、美麗な初“袋とじ”グラビアで63歳の色気全開 真っ赤なドレス着こなす姿に「すごいプロポーション」
  8. 尻尾がちぎれた小さな子猫をサーキット場で保護→1年後“ムキムキ最強生物”に 驚異の成長ビフォーアフターに注目集まる
  9. 双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
  10. 「犬ぐらい大きくなれよ」と願い育てた保護子猫が「まさか本当に犬ぐらいになるとは」 驚異の成長ビフォーアフターが192万表示!