連載
» 2006年08月09日 00時41分 公開

スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ゲイムマンに予期せぬ災難が!

 8つの建物をクリアーしたので、ついに中央の城へ行けるようになった。

 ここでは、今まで戦った敵が順番に出てくる。ラウンド1はウォークマン。エナミーブロックが厄介だ。5分を費やすも、無事ラウンド2へ。ここでゲイムマンの身に、信じられない災難が降りかかる。

 近くに置いていた水をこぼしてしまって、それが電話機にかかり、電話機が壊れてしまったのだ!

 水をふいたが直らない。ケーブルを抜いたりまたつないだりするが、うんともすんともいわない。結局、「乾いたら直るかも」と思って、そのまま放置してゲームを再開。7分間のタイムロス。

 プランプ、ジャンパー、バレリーナと順調に倒していく。飛ぶタイミングの違う2種類のアクロバットには苦戦するが、これもクリアー。

 スイマー面では、またしてもエナミーパネルに大苦戦。スイマーの蹴りで勝手にエナミーパネルが現れ、勝手にスイマーが増えていく。20回め、スイマーが隅っこに集まったところを倒し、ようやくクリアー。

画像 カートンの兄貴たち、実はジェニーに横恋慕してるのだとか。迷惑な話である

 アーティスト、ミミーも倒し、ラウンド9のボスへ。ボスはカートンの兄・プラム。

 動きにさえ気をつければ、やっぱり楽な相手だ。プラムを倒し、クインティの待つラウンド10へ向かう。

 いよいよクインティと、最後の対決……と思ったら、クインティはカートンをひっ捕まえて、画面上から飛び出した!

 天空の城で、新たなラウンドに突入。今まで見たこともない敵に遭遇した。コサックダンスをしながらパネルを蹴ってくる。

画像 クインティが向かった先は、雲の上にそびえ立つ「天空の城」。ゲームはまだ終わらない
画像 ラウンド2で、またエナミーパネルを勝手にめくられて、行き詰まる

 ゲーム開始からちょうど4時間(中断7分含む)。疲れてきた。

 続きは次の日にまたやりたいが、「クインティ」には、コンティニューはあってもセーブ機能がない。電源を落としたら、また最初からやり直しなのだ。個人的には、これがこのゲーム唯一の不満点。

 もっとも、1990年代の初頭までは、かなり長いアクションゲームでも、セーブはないのが普通だった。

 「クインティ」は、続編もなければ、リメイクもされていない。セーブ機能をつけて、ぜひ今のゲーム機向けにリメイクしてほしいゲームである。

 ついでに、同じゲームフリークが作った、「パルスマン」(セガ、メガドライブ)や「ジェリーボーイ」(EPICソニー、スーパーファミコン)、「まじかる☆タルるートくん」(セガ、メガドライブ)も、同じようにリメイクしてほしいと思う。

クインティと15分間の激闘

 プレイを再開しよう。ようやくラウンド2を脱出すると、ラウンド3、4、5と順調に進む。

 ラウンド6。コサックの蹴りで、エナミーパネルと、上を通れないメタルパネルが、あっちこっちからわいて出る。6分30秒かかってクリアー。

 ラウンド7と8は、アタックパネルを利用してクリアー。ラウンド9もエナミーパネルに苦しめられたが、コサック同士での同士討ちがあって、数が減っていたので、勝てた。

画像 画面だけ見たら、クインティが主人公のように見える

 ラウンド10。今度こそクインティとの一騎討ちだ。

 クインティが魔法らしきものを飛ばしてきた。カートンにそれが当たると、なんとカートンがスイマーになった! そしてやられた。

 クインティは魔法をかけて、カートンを一定時間、敵キャラのどれかに変えてしまうのだ。

 ゲイムマンVSクインティ(2回戦)。ウォークマンになったところで、クインティに接触して負け。

 ゲイムマンVSクインティ(14回戦)。ジャンパーになったところを、クインティにふっ飛ばされて負け。

 つらい戦いになった。ウォークマンやジャンパーになったが最後、何もできずに逃げ回るしかない。

 ゲイムマンVSクインティ(17回戦)。わざとスイマーになって、蹴り足で攻撃する作戦。だが魔法が解けたところで、すかさず次の魔法をかけられ、バレリーナにさせられてしまって負け。

 本気で対策を練ることにした。ホワイトボードは持ってないから、手持ちのノートにメモを取る。

 クインティが出す魔法の順番は決まっている。1発めは、カートンをスイマーに変える魔法。2発めはウォークマンに変える魔法。以下、ジャンパー、バレリーナ、コサック、アーティスト、ちびウォークマン、ミミーと続く。

 この中で、まともに戦えるのはコサックしかいない。そこで、魔法を4発かわし、5発めに当たる作戦に出た。

 ゲイムマンVSクインティ(39回戦)。狙いどおりコサックに変身。クインティを端に追い詰める。そして、ゲーム開始から4時間56分、ついにクインティを倒し、すべてのラウンドをクリアー!

画像 15分の激闘を制し、カートンはクインティを倒した! 見た目がカートンじゃなくなってるけど
画像 「やりました!」
画像 これが「クインティ」のエンディング。カートンはようやくジェニーと再会できた

 それにしても、5時間でこんなにヘトヘトになるんだから、12時間以上プレイする有野さんって、すごいと思った。

 あと、電話機が乾いたら直ってたんでホッとした。

 翌日、アスキーの「ゲーム年鑑1989」を見たら、何と「クインティ」に裏面があることがわかった!

 スタートボタンとセレクトボタンを押しながら電源を入れると、タイトル画面に「EXTRA」の文字が現れ、裏面をプレイすることができるのだ。

 やってみた。裏面にはマップ画面がなく、ラウンド1から順番に攻略しなくてはならない。

 裏面だけあってさすがに難しい。何とかラウンド40まで進むが、そこに現れたボス(動きの速いアクロバット6体)がどうしても倒せない。

 ……すいません、ここでギブアップということで。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」