スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2006年08月09日 00時41分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

アクションゲームにあるまじき敵キャラクター

 残り3つの建物をクリアーすれば、ジェニーがとらわれている中央の城へ行ける。「ミュージアム」にいたのは「アーティスト」。パネルにいきなり絵を描きだすという、アクションゲームの敵にあるまじき行動をとる。

 こうした個性的な敵キャラクターが、「クインティ」の大きな魅力だ。

 そしてその個性を生かす、フィールドの構成も凝っている。スクロールしない1画面のフィールドなのに、ラウンド1〜10までが同じようなものにはならず、それぞれに特徴があるのだ。

画像 アーティストが絵を描き終えたパネルは、めくれなくなる

 新しいラウンドに入るごとに、プレイヤーにその解法を考えさせてくれる。そして多くのラウンドで、その解法はひと通りではない。

 絵を描いている間は無防備なので、楽勝! と思っていたが、「クインティ」はそんなに甘いゲームではなかった。

 アーティストは意外に足が速く、追いつかれてやられることがしばしば。おまけにラウンド5以降は、アーティストの描いた変な生き物が、敵になって襲いかかってくる。

画像 ネジで止められているのがロックパネル。めくれないし、絵も描けない

 ラウンド9が見るからに難関。めくれないパネルが市松模様になっていて、攻撃できないうちに囲まれてしまう。

 ここで攻略の糸口を探るべく、説明書を読んでみた。

 「画面上の敵をすべてやっつけると、その部屋は終了です。また、アーティストの部屋で、彼らがすべてのノーマル・パネルに絵を描き終えたときも、その部屋は終了となります」

 ノーマルパネルの少ないこのラウンド。アーティストが全部に絵を描くまで、逃げ回る作戦に変更。しかし、アーティストはある程度の枚数を描くと、絵から出てきた敵が倒されるまで、もうそれ以上描かない。そのうち時間切れで、アーティストが素早くなり、あえなくアウト。

 ここで足止めを食うこと11分30秒。35回めの挑戦に失敗したところで、いったんアーティストをあきらめて、「タワー」を攻略することにした。

繰り返される凡ミス

 タワーにいるのは「アクロバット」。ジャンパーと同じく飛び跳ねるのだが、カートンが近づくタイミングを見計らって飛ぶので、転ばせにくい。

 カートンが近づかなくても攻撃できる、クロスパネルやサンパネル、アタックパネルを駆使して進んだが、ステージ7でつまづいた。エナミーパネルが多くて、やっつけてもやっつけても敵が補充されるのだ。

画像 2枚のアタックパネルを高速で往復。アクロバットは勝手に近づいてやられてくれる

 4分後、13回めの挑戦。クロスパネルでエナミーパネルを消した後、2枚のアタックパネルを往復して、アクロバットを全滅させることに成功した。

 今度の難関はラウンド9。目がチカチカするくらいエナミーパネルだらけ。

 どこかにサンパネルがないか探す。角にあった。めくるとエナミーパネルはほとんど消えたが、まだアクロバットは全滅しない。

 もう1枚あったサンパネルをめくると、……エナミーパネルが復活してしまった。

 6分かかって、21回戦。どうにかここもアタックパネルを使って、アクロバットを全滅させた。

 ラウンド10も6体のアクロバットに悩まされるが、1体ずつ丹念につぶしてクリアーする。

画像 動きが止まるとBGMも止まる。「ディグダグ」を意識したらしい

 次は「マッシュルーム」というルームにいる「ミミー」。このゲームの中でいちばん個性的な敵だ。

 通称“まねっこミミー”と呼ばれるとおり、カートンが歩くと歩き、カートンが止まると止まる。カートンがパネルをめくると、一緒にパネルをめくるのだ。

 ほかのラウンドよりも、じっくり考えることができるのだが、ついつい油断して何度もミスをする。

 ボスはカートンの兄・プラム。あっさりクリアー。ゲーム開始から2時間40分。後回しにしていた、アーティストのラウンド9へ戻る。

 いきなりアーティストの目の前で止まってしまって1ミス。ミミーとごっちゃになってしまった。

 全部のパネルに絵を描くのを待っていられないので、全員倒す作戦に切り替える。前の挑戦と合わせて16分、合計48回めのトライで、アーティストを全員倒し、ラウンド9をようやくクリアー。

 しかしまだボス戦が残っている。ボスもやはり6人のアーティスト。

画像 絵を描き尽くしたら倒れるアーティスト。何のために描いていたのか……?

 ここのアーティストは、アーティストを描く。アーティストを倒しても、絵の中から補充されるので、全然人数が減っていかない。

 このラウンドこそ、全部のパネルに絵を描かせて攻略する面だろう。まだ絵の描かれてないパネルに、アーティストを誘導するのは苦労したが、10分後、15回めの挑戦で、何とか全部のパネルを絵で埋め尽くすことに成功した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」