連載
» 2006年08月09日 00時41分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」 (2/3)

[ゲイムマン,ITmedia]

アクションゲームにあるまじき敵キャラクター

 残り3つの建物をクリアーすれば、ジェニーがとらわれている中央の城へ行ける。「ミュージアム」にいたのは「アーティスト」。パネルにいきなり絵を描きだすという、アクションゲームの敵にあるまじき行動をとる。

 こうした個性的な敵キャラクターが、「クインティ」の大きな魅力だ。

 そしてその個性を生かす、フィールドの構成も凝っている。スクロールしない1画面のフィールドなのに、ラウンド1〜10までが同じようなものにはならず、それぞれに特徴があるのだ。

画像 アーティストが絵を描き終えたパネルは、めくれなくなる

 新しいラウンドに入るごとに、プレイヤーにその解法を考えさせてくれる。そして多くのラウンドで、その解法はひと通りではない。

 絵を描いている間は無防備なので、楽勝! と思っていたが、「クインティ」はそんなに甘いゲームではなかった。

 アーティストは意外に足が速く、追いつかれてやられることがしばしば。おまけにラウンド5以降は、アーティストの描いた変な生き物が、敵になって襲いかかってくる。

画像 ネジで止められているのがロックパネル。めくれないし、絵も描けない

 ラウンド9が見るからに難関。めくれないパネルが市松模様になっていて、攻撃できないうちに囲まれてしまう。

 ここで攻略の糸口を探るべく、説明書を読んでみた。

 「画面上の敵をすべてやっつけると、その部屋は終了です。また、アーティストの部屋で、彼らがすべてのノーマル・パネルに絵を描き終えたときも、その部屋は終了となります」

 ノーマルパネルの少ないこのラウンド。アーティストが全部に絵を描くまで、逃げ回る作戦に変更。しかし、アーティストはある程度の枚数を描くと、絵から出てきた敵が倒されるまで、もうそれ以上描かない。そのうち時間切れで、アーティストが素早くなり、あえなくアウト。

 ここで足止めを食うこと11分30秒。35回めの挑戦に失敗したところで、いったんアーティストをあきらめて、「タワー」を攻略することにした。

繰り返される凡ミス

 タワーにいるのは「アクロバット」。ジャンパーと同じく飛び跳ねるのだが、カートンが近づくタイミングを見計らって飛ぶので、転ばせにくい。

 カートンが近づかなくても攻撃できる、クロスパネルやサンパネル、アタックパネルを駆使して進んだが、ステージ7でつまづいた。エナミーパネルが多くて、やっつけてもやっつけても敵が補充されるのだ。

画像 2枚のアタックパネルを高速で往復。アクロバットは勝手に近づいてやられてくれる

 4分後、13回めの挑戦。クロスパネルでエナミーパネルを消した後、2枚のアタックパネルを往復して、アクロバットを全滅させることに成功した。

 今度の難関はラウンド9。目がチカチカするくらいエナミーパネルだらけ。

 どこかにサンパネルがないか探す。角にあった。めくるとエナミーパネルはほとんど消えたが、まだアクロバットは全滅しない。

 もう1枚あったサンパネルをめくると、……エナミーパネルが復活してしまった。

 6分かかって、21回戦。どうにかここもアタックパネルを使って、アクロバットを全滅させた。

 ラウンド10も6体のアクロバットに悩まされるが、1体ずつ丹念につぶしてクリアーする。

画像 動きが止まるとBGMも止まる。「ディグダグ」を意識したらしい

 次は「マッシュルーム」というルームにいる「ミミー」。このゲームの中でいちばん個性的な敵だ。

 通称“まねっこミミー”と呼ばれるとおり、カートンが歩くと歩き、カートンが止まると止まる。カートンがパネルをめくると、一緒にパネルをめくるのだ。

 ほかのラウンドよりも、じっくり考えることができるのだが、ついつい油断して何度もミスをする。

 ボスはカートンの兄・プラム。あっさりクリアー。ゲーム開始から2時間40分。後回しにしていた、アーティストのラウンド9へ戻る。

 いきなりアーティストの目の前で止まってしまって1ミス。ミミーとごっちゃになってしまった。

 全部のパネルに絵を描くのを待っていられないので、全員倒す作戦に切り替える。前の挑戦と合わせて16分、合計48回めのトライで、アーティストを全員倒し、ラウンド9をようやくクリアー。

 しかしまだボス戦が残っている。ボスもやはり6人のアーティスト。

画像 絵を描き尽くしたら倒れるアーティスト。何のために描いていたのか……?

 ここのアーティストは、アーティストを描く。アーティストを倒しても、絵の中から補充されるので、全然人数が減っていかない。

 このラウンドこそ、全部のパネルに絵を描かせて攻略する面だろう。まだ絵の描かれてないパネルに、アーティストを誘導するのは苦労したが、10分後、15回めの挑戦で、何とか全部のパネルを絵で埋め尽くすことに成功した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた