連載
» 2006年08月09日 00時41分 公開

スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

アクションゲームにあるまじき敵キャラクター

 残り3つの建物をクリアーすれば、ジェニーがとらわれている中央の城へ行ける。「ミュージアム」にいたのは「アーティスト」。パネルにいきなり絵を描きだすという、アクションゲームの敵にあるまじき行動をとる。

 こうした個性的な敵キャラクターが、「クインティ」の大きな魅力だ。

 そしてその個性を生かす、フィールドの構成も凝っている。スクロールしない1画面のフィールドなのに、ラウンド1〜10までが同じようなものにはならず、それぞれに特徴があるのだ。

画像 アーティストが絵を描き終えたパネルは、めくれなくなる

 新しいラウンドに入るごとに、プレイヤーにその解法を考えさせてくれる。そして多くのラウンドで、その解法はひと通りではない。

 絵を描いている間は無防備なので、楽勝! と思っていたが、「クインティ」はそんなに甘いゲームではなかった。

 アーティストは意外に足が速く、追いつかれてやられることがしばしば。おまけにラウンド5以降は、アーティストの描いた変な生き物が、敵になって襲いかかってくる。

画像 ネジで止められているのがロックパネル。めくれないし、絵も描けない

 ラウンド9が見るからに難関。めくれないパネルが市松模様になっていて、攻撃できないうちに囲まれてしまう。

 ここで攻略の糸口を探るべく、説明書を読んでみた。

 「画面上の敵をすべてやっつけると、その部屋は終了です。また、アーティストの部屋で、彼らがすべてのノーマル・パネルに絵を描き終えたときも、その部屋は終了となります」

 ノーマルパネルの少ないこのラウンド。アーティストが全部に絵を描くまで、逃げ回る作戦に変更。しかし、アーティストはある程度の枚数を描くと、絵から出てきた敵が倒されるまで、もうそれ以上描かない。そのうち時間切れで、アーティストが素早くなり、あえなくアウト。

 ここで足止めを食うこと11分30秒。35回めの挑戦に失敗したところで、いったんアーティストをあきらめて、「タワー」を攻略することにした。

繰り返される凡ミス

 タワーにいるのは「アクロバット」。ジャンパーと同じく飛び跳ねるのだが、カートンが近づくタイミングを見計らって飛ぶので、転ばせにくい。

 カートンが近づかなくても攻撃できる、クロスパネルやサンパネル、アタックパネルを駆使して進んだが、ステージ7でつまづいた。エナミーパネルが多くて、やっつけてもやっつけても敵が補充されるのだ。

画像 2枚のアタックパネルを高速で往復。アクロバットは勝手に近づいてやられてくれる

 4分後、13回めの挑戦。クロスパネルでエナミーパネルを消した後、2枚のアタックパネルを往復して、アクロバットを全滅させることに成功した。

 今度の難関はラウンド9。目がチカチカするくらいエナミーパネルだらけ。

 どこかにサンパネルがないか探す。角にあった。めくるとエナミーパネルはほとんど消えたが、まだアクロバットは全滅しない。

 もう1枚あったサンパネルをめくると、……エナミーパネルが復活してしまった。

 6分かかって、21回戦。どうにかここもアタックパネルを使って、アクロバットを全滅させた。

 ラウンド10も6体のアクロバットに悩まされるが、1体ずつ丹念につぶしてクリアーする。

画像 動きが止まるとBGMも止まる。「ディグダグ」を意識したらしい

 次は「マッシュルーム」というルームにいる「ミミー」。このゲームの中でいちばん個性的な敵だ。

 通称“まねっこミミー”と呼ばれるとおり、カートンが歩くと歩き、カートンが止まると止まる。カートンがパネルをめくると、一緒にパネルをめくるのだ。

 ほかのラウンドよりも、じっくり考えることができるのだが、ついつい油断して何度もミスをする。

 ボスはカートンの兄・プラム。あっさりクリアー。ゲーム開始から2時間40分。後回しにしていた、アーティストのラウンド9へ戻る。

 いきなりアーティストの目の前で止まってしまって1ミス。ミミーとごっちゃになってしまった。

 全部のパネルに絵を描くのを待っていられないので、全員倒す作戦に切り替える。前の挑戦と合わせて16分、合計48回めのトライで、アーティストを全員倒し、ラウンド9をようやくクリアー。

 しかしまだボス戦が残っている。ボスもやはり6人のアーティスト。

画像 絵を描き尽くしたら倒れるアーティスト。何のために描いていたのか……?

 ここのアーティストは、アーティストを描く。アーティストを倒しても、絵の中から補充されるので、全然人数が減っていかない。

 このラウンドこそ、全部のパネルに絵を描かせて攻略する面だろう。まだ絵の描かれてないパネルに、アーティストを誘導するのは苦労したが、10分後、15回めの挑戦で、何とか全部のパネルを絵で埋め尽くすことに成功した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」