連載
» 2006年08月09日 00時41分 公開

スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」もうすぐ発売だぞ記念! ポケモンを作った田尻智氏とゲームフリークのデビュー作、「クインティ」(ナムコ)を取り上げてみました。果たしてゲイムマンは、クインティを倒せるのか?

[ゲイムマン,ITmedia]

 「クインティ」は、前々から取り上げたかったゲームだった。

 でも、資料として、とみさわ昭仁先生の著書「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」(メディアファクトリー)を読んだら、このゲームの開発経緯から内容に至るまで、事細かに書かれていたので、私の書くことがなくなってしまった。

 なのでどういう形の記事にしようか、ない知恵絞って考えたあげく、フジテレビ721の「ゲームセンターCX」っぽくやってみることにした。

「ゲームセンター+D」ゲイムマンの挑戦

 今回挑戦するのは、1989年にナムコから発売された「クインティ」。

 「ポケットモンスター」シリーズの作者として知られる、田尻智氏とゲームフリークのデビュー作だ。

 主人公のカートン少年が、妹のクインティにさらわれたガールフレンド・ジェニーを救うため、魔法で操られた人形たちと戦う。

 床に並んだパネルをめくり、人形を壁まで吹っ飛ばして倒すのだ。

画像 「ゲームセンター、プラースディー!」
画像 マップ画面。8種類の人形が、8つのエリアにいて、どこからでも攻略することができる

 「クインティ」挑戦開始。まずは左上の「レストラン」へ。ここにいるのは「ウォークマン」。名前のとおり、ただ歩いて向かってくるだけの敵だが……。

 いきなりラウンド1でミス。

画像 フィールドは7×5枚のパネルで構成されている。ラウンド1ではスターパネルは6枚見えているが、別のパネルの下にも隠れている

 「クインティ」のパネルには、取ると特殊な効果のあるものがある。ラウンド1から出てくるスターパネルは、100枚集めるとカートンが1人増え、また移動速度が上がる。

 ゲイムマンは、スターパネルをいっぱい取ろうとして、このラウンドに設けられた制限時間をオーバー。スピードアップしたウォークマンにやられてしまったのだ。

 気を取り直してラウンド1をクリアーするが、ラウンド2で2回もミスし、開始わずか2分でゲームオーバー。先行き不安。

画像 「クロスパネル」は4方向のパネルを一度にめくる。「サンパネル」は全部のパネルがめくれる

 再スタートはラウンド2から。コンティニューができるので助かる。敵をまとめて倒せる、クロスパネルやサンパネルを使って、ラウンド5までクリアー。

 ラウンド6以降は分裂するウォークマンが出てきて、てこずるが、開始7分でいよいよラウンド10へ。ボス戦にそなえて身構える。しかし……、

 ラウンド10は、カートンの彼女・ジェニーが、カートンの兄にさらわれるだけで、何もせずに終了。ちょっと拍子抜けしたが、とにかくこれでレストランはクリアー。

ふやけるスイマーズ

画像 プランプは、しこを踏んで1列分のパネルをめくってくる

 続いて「コテージ」を選択。ここで出てくる人形は「プランプ」。太っているので、カートンがパネルをめくっても少ししか動かせない。

 後半には、飛び跳ねて両サイドのパネルをめくるプランプが登場。やや苦戦するも、ボス戦までやってきた。カートンの兄・トライを倒して、コテージをクリアー。

 次は「シアター」へ。くるくると回りながら斜めに突っ込んでくる「バレリーナ」が相手。

画像 開始早々に1体倒せるのだが、5方向から来るバレリーナに、なすすべがない

 「クインティ」では通常、カートンがやられた後も、それまでに倒した敵は復活せず、その時点での敵の人数で再開される(ゲームオーバー後の再開を除く)。しかしシアターのラウンド10は、常にバレリーナ6人の状態で始まるのだ。

 このラウンド10でおよそ5分間の足止め。迎えたゲイムマンVSラウンド10バレリーナの16回戦。1体ずつ慎重に倒していって、ついにこのラウンドをクリアー!

 「ピラミッド」には、ぴょんぴょん飛び跳ねる「ジャンパー」が登場。空中にいる間は、パネルをめくっても転ばせられない。

画像 カートンを無敵状態で跳ね飛ばす「アタックパネル」に似ているが、紫色。これぞスペシャルボーナスパネル

 ラウンド3。パネルをめくっているうちに、見慣れないパネルが現れた。乗ってみると、なんと画面の外まで飛ばされた!

 やってきたのは、スターパネルだらけのボーナスラウンド。敵も出てこない。スターパネルを全部取り、最後に中央のパネルをめくって、最後のスターパネルを出して取る。すると、残り制限時間に応じて、さらにスターが追加された。

 ボス戦でカートンの兄・セカムを倒して、ピラミッドもクリアー。

画像 イカ天(いかすバンド天国)にこんなのいたなあ……

 「クラブ」に現れたのは、「スイマー」。パネルの上を泳ぎながら、蹴り足で後ろのパネルをめくる。クラブはクラブでも、ここはどうやらスイミングクラブのようだ。

 ラウンド5で行き詰まる。スイマーを倒しても、「エナミーパネル」から新たなスイマーが次々と出てくるのだ。

 そのうち制限時間が過ぎると、それまで泳いでいたスイマーが歩き出し、カートンに向かってくる。それまで色黒だったスイマーが、白くなっている。ふやけて水から上がったということか?

 スイマーの数が増えて、入り乱れると、わけがわからなくなる。サンパネルやクロスパネルを使っても、あちこちにエナミーパネルが出てきて、スイマーがちっとも減らない。

 しかし、決着の時はあっさりと訪れた。16回めの挑戦。スタート直後に急いでサンパネルを出して、取ったら、エナミーパネルがすべて隠れて、そのままラウンドクリアーとなったのだ。

 その後は、スイマーが陸にいるうちにつぶしたり、細い通路に追い込んだりして、快調に進む。

 ボスはまたしてもセカム。あっさり倒してクラブもクリアー。兄貴がいちばん弱い。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」