連載
» 2006年08月09日 00時41分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」 (1/3)

「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」もうすぐ発売だぞ記念! ポケモンを作った田尻智氏とゲームフリークのデビュー作、「クインティ」(ナムコ)を取り上げてみました。果たしてゲイムマンは、クインティを倒せるのか?

[ゲイムマン,ITmedia]

 「クインティ」は、前々から取り上げたかったゲームだった。

 でも、資料として、とみさわ昭仁先生の著書「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」(メディアファクトリー)を読んだら、このゲームの開発経緯から内容に至るまで、事細かに書かれていたので、私の書くことがなくなってしまった。

 なのでどういう形の記事にしようか、ない知恵絞って考えたあげく、フジテレビ721の「ゲームセンターCX」っぽくやってみることにした。

「ゲームセンター+D」ゲイムマンの挑戦

 今回挑戦するのは、1989年にナムコから発売された「クインティ」。

 「ポケットモンスター」シリーズの作者として知られる、田尻智氏とゲームフリークのデビュー作だ。

 主人公のカートン少年が、妹のクインティにさらわれたガールフレンド・ジェニーを救うため、魔法で操られた人形たちと戦う。

 床に並んだパネルをめくり、人形を壁まで吹っ飛ばして倒すのだ。

画像 「ゲームセンター、プラースディー!」
画像 マップ画面。8種類の人形が、8つのエリアにいて、どこからでも攻略することができる

 「クインティ」挑戦開始。まずは左上の「レストラン」へ。ここにいるのは「ウォークマン」。名前のとおり、ただ歩いて向かってくるだけの敵だが……。

 いきなりラウンド1でミス。

画像 フィールドは7×5枚のパネルで構成されている。ラウンド1ではスターパネルは6枚見えているが、別のパネルの下にも隠れている

 「クインティ」のパネルには、取ると特殊な効果のあるものがある。ラウンド1から出てくるスターパネルは、100枚集めるとカートンが1人増え、また移動速度が上がる。

 ゲイムマンは、スターパネルをいっぱい取ろうとして、このラウンドに設けられた制限時間をオーバー。スピードアップしたウォークマンにやられてしまったのだ。

 気を取り直してラウンド1をクリアーするが、ラウンド2で2回もミスし、開始わずか2分でゲームオーバー。先行き不安。

画像 「クロスパネル」は4方向のパネルを一度にめくる。「サンパネル」は全部のパネルがめくれる

 再スタートはラウンド2から。コンティニューができるので助かる。敵をまとめて倒せる、クロスパネルやサンパネルを使って、ラウンド5までクリアー。

 ラウンド6以降は分裂するウォークマンが出てきて、てこずるが、開始7分でいよいよラウンド10へ。ボス戦にそなえて身構える。しかし……、

 ラウンド10は、カートンの彼女・ジェニーが、カートンの兄にさらわれるだけで、何もせずに終了。ちょっと拍子抜けしたが、とにかくこれでレストランはクリアー。

ふやけるスイマーズ

画像 プランプは、しこを踏んで1列分のパネルをめくってくる

 続いて「コテージ」を選択。ここで出てくる人形は「プランプ」。太っているので、カートンがパネルをめくっても少ししか動かせない。

 後半には、飛び跳ねて両サイドのパネルをめくるプランプが登場。やや苦戦するも、ボス戦までやってきた。カートンの兄・トライを倒して、コテージをクリアー。

 次は「シアター」へ。くるくると回りながら斜めに突っ込んでくる「バレリーナ」が相手。

画像 開始早々に1体倒せるのだが、5方向から来るバレリーナに、なすすべがない

 「クインティ」では通常、カートンがやられた後も、それまでに倒した敵は復活せず、その時点での敵の人数で再開される(ゲームオーバー後の再開を除く)。しかしシアターのラウンド10は、常にバレリーナ6人の状態で始まるのだ。

 このラウンド10でおよそ5分間の足止め。迎えたゲイムマンVSラウンド10バレリーナの16回戦。1体ずつ慎重に倒していって、ついにこのラウンドをクリアー!

 「ピラミッド」には、ぴょんぴょん飛び跳ねる「ジャンパー」が登場。空中にいる間は、パネルをめくっても転ばせられない。

画像 カートンを無敵状態で跳ね飛ばす「アタックパネル」に似ているが、紫色。これぞスペシャルボーナスパネル

 ラウンド3。パネルをめくっているうちに、見慣れないパネルが現れた。乗ってみると、なんと画面の外まで飛ばされた!

 やってきたのは、スターパネルだらけのボーナスラウンド。敵も出てこない。スターパネルを全部取り、最後に中央のパネルをめくって、最後のスターパネルを出して取る。すると、残り制限時間に応じて、さらにスターが追加された。

 ボス戦でカートンの兄・セカムを倒して、ピラミッドもクリアー。

画像 イカ天(いかすバンド天国)にこんなのいたなあ……

 「クラブ」に現れたのは、「スイマー」。パネルの上を泳ぎながら、蹴り足で後ろのパネルをめくる。クラブはクラブでも、ここはどうやらスイミングクラブのようだ。

 ラウンド5で行き詰まる。スイマーを倒しても、「エナミーパネル」から新たなスイマーが次々と出てくるのだ。

 そのうち制限時間が過ぎると、それまで泳いでいたスイマーが歩き出し、カートンに向かってくる。それまで色黒だったスイマーが、白くなっている。ふやけて水から上がったということか?

 スイマーの数が増えて、入り乱れると、わけがわからなくなる。サンパネルやクロスパネルを使っても、あちこちにエナミーパネルが出てきて、スイマーがちっとも減らない。

 しかし、決着の時はあっさりと訪れた。16回めの挑戦。スタート直後に急いでサンパネルを出して、取ったら、エナミーパネルがすべて隠れて、そのままラウンドクリアーとなったのだ。

 その後は、スイマーが陸にいるうちにつぶしたり、細い通路に追い込んだりして、快調に進む。

 ボスはまたしてもセカム。あっさり倒してクラブもクリアー。兄貴がいちばん弱い。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた