今日から俺も地球のヒーロー!――超巨大生物と戦えるお手軽アクション「地球防衛軍3」レビュー(1/2 ページ)

プレイステーション 2のSIMPLE2000シリーズとして人気を博した「地球防衛軍」シリーズが、Xbox 360に殴り込み! フルプライス版として生まれ変わった本作、どのように進化したのかを体験してみた。

» 2007年01月11日 14時52分 公開
[板橋舟人,ITmedia]

地球を防衛するエリート軍団“EDF”

ひしひしと日本を感じられる、庶民感あふれるステージ。消火栓の立て看板やガードレール、電線など、細部の作り込みは見事である

 お手軽なゲームを低価格で遊べる、ディースリー・パブリッシャーのSIMPLEシリーズ。その中でも、特に高い人気を誇っているのが、アクションゲームの「地球防衛軍」シリーズだ。プレイステーション 2では2作が発売され、シリーズ最新作である「地球防衛軍3」は、ハードをXbox 360に変えてのリリースとなった。また、低価格路線ではなく、通常のパッケージソフトとして発売される。

 ちなみに、双璧をなしているタイトルに「お姉チャンバラ」シリーズもあるが、そちらに関しては「お姉チャンバラ vorteX 〜忌血を継ぐ者たち〜」のレビューを参考にしていただきたい。

 「地球防衛軍3」は、三人称視点のアクションゲームだ。プレーヤーは、地球防衛軍(The Earth Defense Force)、通称EDFと呼ばれる連合地球軍のチームの一員となり、地球を防衛することが目的なのである。

 舞台は2017年という近未来の地球、宇宙から凶暴な来訪者が地球を襲撃、人類の平和を守るため、戦いに赴くのである。というわけで、EDF出撃開始!

リアルに再現された日本の都市に、正直驚いた!

なんだか切ない気持ちを感じてしまった、児童公園。カラフルなすべり台が、子供の頃を思い出させる……

 プレイ開始後、もっとも驚いたのはその映像のすごさだ。元々が低価格ソフトということもあり、あまり期待していなかったのだが(失礼!)、かなり作り込まれている。

 まず、序盤ステージの舞台である日本の作り込みがすごい。ガードレールや郵便ポスト、自転車(ママチャリ)といった日本ならではのオブジェクトが多数配置され、その雰囲気は誰がどう見ても日本。立ち並ぶビル群は遠くまで描写されており、またフレームレートも安定しているため、“俺は日本を守るために戦っているぜ感”をビンビンに感じられるのだ。個人的には、すべり台が配置された公園に猛烈な哀愁を感じてしまった。

建物を破壊できるのは、本作の隠れた魅力。目に映る物すべてをデストロイしまくるのだ!

 また、立ち並ぶ建物のほとんどを、ロケットランチャーなどの武器でぶっ壊せる点も気に入った。巨大なビルが「ドドドドドーン」と一瞬で崩れ落ちるその様は、大迫力だ。加えて建物の耐久力が猛烈に低い(1発で壊せる)ため、町並みをガシガシ破壊する爽快感も味わえるのだ。「シムシティ」や「メックアサルト」、「エイジ オブ エンパイア」などのゲームで、多数の町並みを壊し続けてきた“街破壊ファン”の筆者でも、満足できる破壊のクオリティだ。日頃ストレスを溜め続けているサラリーマンの方々も、手軽にストレスを解消できることだろう。

 いわゆる次世代的な表現は乏しいため、静止画だと地味に見えてしまうが、筆者はこのようなアプローチもありだと思う。

 ちなみに各ステージは10分前後でクリアーできるものが多く、かなり手軽に遊べる。ただ、ステージ数は全部で50以上あり、さらに難易度も5種類から選択できるため、ボリュームは相当ある。似通ったステージが多いのが、ちょっと残念なところであろうか。

登場する敵が……どいつもコイツも巨大すぎる!!

空を浮遊するタイプの敵も登場。こんな感じで数にモノをいわせて襲ってくる。その迫力は圧倒的だ

 「うっひょー、気持ちいい!」と町並みを破壊しまくり、年末の過酷な労働で溜まったストレスを解消させた筆者。そろそろ地球を防衛せねば、というわけで戦いに戻る。

 本作には、とにかく巨大な敵が登場する。代表的なのが、アリによく似た侵略者だ。というか、デカくなったアリにしか見えない。その大きさは、大型トラックほどもある。そんな、通常のアクションゲームでは中ボスとして登場しそうな奴らが、文字通りアリの巣をつついたような騒ぎで、大量に襲ってくるのだ。

 地球人を食らいつくそうと、ワラワラと襲ってくるアリの大軍はかなりの驚異だが、耐久力はあまり高くないため、ガシガシなぎ倒す爽快感を味わえる。特に、大量に群がっている奴らをロケットランチャーなどの爆発兵器で一気に吹き飛ばしたときのキモチヨサは、格別である。爆風で宙を舞う大量のアリを見ていると、「オレって最強!」な気分に浸れること間違いナシだ。ちなみに大量の敵と戦っていても、処理落ちがほとんど発生しないポイントも評価したい。一部、あまりに大量に敵が出現する場面では、さすがに処理落ちするが、我慢できるレベルだ。

 なお、登場する敵はアリだけではない。ステージが進むと、巨大なクモや巨大なロボット兵器など、とにかくデカい敵ばかりが登場する。特に要塞タイプの敵は、アリなんかは比べものにならないほどの大きさなので、ぜひその圧倒的な迫力を体験していただきたい。

とにかく巨大なアリさんたち。害虫とは違ってそこそこ愛嬌があるのが魅力だろうか。とりあえず倒すべし
ステージによっては、巣穴が登場することも。ここまで1カ所に集中されると、さすがにキモい
巨大な母船から、これまた巨大なクモが投下! アリはまだかわいげがあったが、クモは冗談ぬきに気持ち悪い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」