レビュー
» 2007年01月11日 14時52分 公開

「地球防衛軍3」レビュー:今日から俺も地球のヒーロー!――超巨大生物と戦えるお手軽アクション (1/2)

プレイステーション 2のSIMPLE2000シリーズとして人気を博した「地球防衛軍」シリーズが、Xbox 360に殴り込み! フルプライス版として生まれ変わった本作、どのように進化したのかを体験してみた。

[板橋舟人,ITmedia]

地球を防衛するエリート軍団“EDF”

ひしひしと日本を感じられる、庶民感あふれるステージ。消火栓の立て看板やガードレール、電線など、細部の作り込みは見事である

 お手軽なゲームを低価格で遊べる、ディースリー・パブリッシャーのSIMPLEシリーズ。その中でも、特に高い人気を誇っているのが、アクションゲームの「地球防衛軍」シリーズだ。プレイステーション 2では2作が発売され、シリーズ最新作である「地球防衛軍3」は、ハードをXbox 360に変えてのリリースとなった。また、低価格路線ではなく、通常のパッケージソフトとして発売される。

 ちなみに、双璧をなしているタイトルに「お姉チャンバラ」シリーズもあるが、そちらに関しては「お姉チャンバラ vorteX 〜忌血を継ぐ者たち〜」のレビューを参考にしていただきたい。

 「地球防衛軍3」は、三人称視点のアクションゲームだ。プレーヤーは、地球防衛軍(The Earth Defense Force)、通称EDFと呼ばれる連合地球軍のチームの一員となり、地球を防衛することが目的なのである。

 舞台は2017年という近未来の地球、宇宙から凶暴な来訪者が地球を襲撃、人類の平和を守るため、戦いに赴くのである。というわけで、EDF出撃開始!

リアルに再現された日本の都市に、正直驚いた!

なんだか切ない気持ちを感じてしまった、児童公園。カラフルなすべり台が、子供の頃を思い出させる……

 プレイ開始後、もっとも驚いたのはその映像のすごさだ。元々が低価格ソフトということもあり、あまり期待していなかったのだが(失礼!)、かなり作り込まれている。

 まず、序盤ステージの舞台である日本の作り込みがすごい。ガードレールや郵便ポスト、自転車(ママチャリ)といった日本ならではのオブジェクトが多数配置され、その雰囲気は誰がどう見ても日本。立ち並ぶビル群は遠くまで描写されており、またフレームレートも安定しているため、“俺は日本を守るために戦っているぜ感”をビンビンに感じられるのだ。個人的には、すべり台が配置された公園に猛烈な哀愁を感じてしまった。

建物を破壊できるのは、本作の隠れた魅力。目に映る物すべてをデストロイしまくるのだ!

 また、立ち並ぶ建物のほとんどを、ロケットランチャーなどの武器でぶっ壊せる点も気に入った。巨大なビルが「ドドドドドーン」と一瞬で崩れ落ちるその様は、大迫力だ。加えて建物の耐久力が猛烈に低い(1発で壊せる)ため、町並みをガシガシ破壊する爽快感も味わえるのだ。「シムシティ」や「メックアサルト」、「エイジ オブ エンパイア」などのゲームで、多数の町並みを壊し続けてきた“街破壊ファン”の筆者でも、満足できる破壊のクオリティだ。日頃ストレスを溜め続けているサラリーマンの方々も、手軽にストレスを解消できることだろう。

 いわゆる次世代的な表現は乏しいため、静止画だと地味に見えてしまうが、筆者はこのようなアプローチもありだと思う。

 ちなみに各ステージは10分前後でクリアーできるものが多く、かなり手軽に遊べる。ただ、ステージ数は全部で50以上あり、さらに難易度も5種類から選択できるため、ボリュームは相当ある。似通ったステージが多いのが、ちょっと残念なところであろうか。

登場する敵が……どいつもコイツも巨大すぎる!!

空を浮遊するタイプの敵も登場。こんな感じで数にモノをいわせて襲ってくる。その迫力は圧倒的だ

 「うっひょー、気持ちいい!」と町並みを破壊しまくり、年末の過酷な労働で溜まったストレスを解消させた筆者。そろそろ地球を防衛せねば、というわけで戦いに戻る。

 本作には、とにかく巨大な敵が登場する。代表的なのが、アリによく似た侵略者だ。というか、デカくなったアリにしか見えない。その大きさは、大型トラックほどもある。そんな、通常のアクションゲームでは中ボスとして登場しそうな奴らが、文字通りアリの巣をつついたような騒ぎで、大量に襲ってくるのだ。

 地球人を食らいつくそうと、ワラワラと襲ってくるアリの大軍はかなりの驚異だが、耐久力はあまり高くないため、ガシガシなぎ倒す爽快感を味わえる。特に、大量に群がっている奴らをロケットランチャーなどの爆発兵器で一気に吹き飛ばしたときのキモチヨサは、格別である。爆風で宙を舞う大量のアリを見ていると、「オレって最強!」な気分に浸れること間違いナシだ。ちなみに大量の敵と戦っていても、処理落ちがほとんど発生しないポイントも評価したい。一部、あまりに大量に敵が出現する場面では、さすがに処理落ちするが、我慢できるレベルだ。

 なお、登場する敵はアリだけではない。ステージが進むと、巨大なクモや巨大なロボット兵器など、とにかくデカい敵ばかりが登場する。特に要塞タイプの敵は、アリなんかは比べものにならないほどの大きさなので、ぜひその圧倒的な迫力を体験していただきたい。

とにかく巨大なアリさんたち。害虫とは違ってそこそこ愛嬌があるのが魅力だろうか。とりあえず倒すべし
ステージによっては、巣穴が登場することも。ここまで1カ所に集中されると、さすがにキモい
巨大な母船から、これまた巨大なクモが投下! アリはまだかわいげがあったが、クモは冗談ぬきに気持ち悪い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2009/23/news159.jpg 「私の勘違い」「虐待ではありません」 華原朋美、高嶋ちさ子に号泣謝罪 尋常でない様子の動画に心配の声やまず
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2009/24/news053.jpg 1歳児の寝かしつけ後、布団を離脱した母が見たものとは…… 育児の「思わぬ伏兵」を描いた漫画が予想外にかわいい
  4. /nl/articles/2009/24/news155.jpg 井村屋が具のない素の中華まん「すまん」を開発中 Twitter担当者とフォロワーの熱意で試作までこぎつける
  5. /nl/articles/2009/25/news014.jpg 「こんなこともできないの?」と言う人は“出来ないこと”がわからない――傷つく言葉が出てくる理由を考えた漫画にハッとする
  6. /nl/articles/2009/21/news037.jpg 「辞めさせていただきます」 「半沢直樹」最終回予告で半沢の出向辞令&退職願提出……衝撃展開にネット考察相次ぐ
  7. /nl/articles/2009/24/news112.jpg アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く
  8. /nl/articles/2009/24/news177.jpg 「Microsoft Flight Simulator」無料アップデートで日本マップを大幅刷新 “完全に実写”だこれ!
  9. /nl/articles/2009/25/news063.jpg 税率が変更されるお酒が一目で分かる! Yahoo! JAPANが特設サイト「酒税法改正 なにがどうなる?」を公開
  10. /nl/articles/2009/24/news159.jpg 「年齢なんてただの数字よ!」夫たちのカミングアウトから始まったおばあちゃん2人の共同生活は…… 「グレイス&フランキー」がコミカルでパワフル

先週の総合アクセスTOP10