レビュー
» 2007年02月15日 00時00分 公開

8年の歳月が流れても、その感動は色あせない──泣きゲーの金字塔をPSPで遊んでみました「Kanon」レビュー(2/2 ページ)

[雛見沢秀一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

今も昔も、泣ける話は泣けるんです

 今回「Kanon」をプレイして、最初のうちは「そんなに泣けないのでは?」と思っていた。しかし、その予想は見事に裏切られる結果となった。

画像 真琴の初登場シーン。このシーンの真琴だけは凛々しく、キャラクターがかぶっている川澄舞(かわすみまい)と同様に、ものすごいシリアスな展開になるかと思っていたのだが……

 最後までプレイして、泣いた。ボロボロ泣いた。えぇ泣きましたとも! あゆシナリオには泣かせてもらいました。ネタバレになるので詳細は語らないが、終盤でとてつもなく印象に残るあゆのセリフがある。この一言に込められたあゆの想いを考えると、……もう涙腺が緩みきってしまい、泣いても泣いてもとめどなく涙があふれてきた。思わず「この展開はずるい! ずるいよ開発者さん!!」と内心毒づいてしまう。レビューを書かなくてはいけないのに涙が止まらないのだ。

 しかし、あゆエンディングの余韻に浸りながら、ある疑念が浮かんだ。「本当に5人全員泣かせるエンディングが待っているのだろうか? あゆだけ特別に泣かせるシナリオになっているのでは?」と変に疑いだし、2周目は、あゆが泣けると言ったライターにまた助言をもらい、次に泣けるヒロインは沢渡真琴(さわたりまこと)だという情報を得て、真琴を攻略することにした。

 メッセージは「環境設定」より、一度読んだテキストをスキップする「既読のみ」と全てのテキストをスキップする「既読無視」が選べるので、それを活用してクリア。結局、真琴シナリオでも泣いてしまいました。特に印象的なのが、終盤での水瀬親子と祐一、真琴の掛け合い。血はつながらなくとも、家族をほうふつとさせる関係に、ただただ涙。

画像 名セリフ「了承」や、何を材料に使っているのか分からない手作りジャムを作ったりと、脇役であるにもかかわらず、その存在感をアピールする秋子さん。個人的に「Kanon」の真のヒロインは絶対に秋子さんだと思う

 8年前はどうか分からないが、あゆのシナリオも真琴のシナリオも、今となってはありふれたオチと言える。しかし、話の展開や、キャラクターたちのセリフといった演出が絶妙なのだ。Keyの楽曲についてはコチラでも触れているが、音楽もやはりよい。シナリオ後半は夢中になり、“泣きゲーに今も昔も関係ない”ということに気づいた。泣きゲーは、どれだけ時間が経とうと、いつプレイしても泣けるのだ。

泣きゲーにも萌えはあるの?

 本作は泣けるのか? という点に集中しすぎて危うく忘れるところだったが、本作は美少女ゲームであり、萌えゲー。そして筆者は萌えゲーレビュアー。ならば萌える部分を探すのが、筆者の務め。というわけで、登場するヒロイン5人を、筆者の独断と偏見で、星5つからなる萌え度で評価してみた。

月宮あゆ CV:堀江由衣

画像
  • 萌え度:★★★★☆

 たいやき好きの明るいドジっ娘で、羽のついたリュックとミトンの手袋、そして“うぐぅ”という口癖が特徴的。特にこの口癖は、本作をプレイしたことがなかった筆者でも、よく知っていたほど有名なセリフだ。暗い場所や幽霊といったホラー系がダメで、深夜のトイレにいけないというエピソードはかなり萌えた。

水瀬名雪 CV:國府田マリ子

画像
  • 萌え度:★★★☆☆

 祐一の幼なじみにして、従姉妹でもある名雪。同年代の女の子と一緒に暮らすというシチュエーションが、なんだかエロイなぁ。だが、名雪や母親の秋子の言動を見ていると、そんな劣情も吹き飛んで、ものすごく癒される。また大のネコ好きで、野良猫を追いかけるシーンの「ねこーねこー」というセリフには萌えた! 萌えと癒しのサブミッションですね。

沢渡真琴 CV:飯塚雅弓

画像
  • 萌え度:★★★☆☆

 祐一を恨んでいるということだけ覚えている、記憶喪失娘。他のヒロインを攻略中の時は、なにかとちょっかいをだしてくるのが邪魔に感じてしまう。しかし、真琴ルートに入ると、イタズラから、徐々に甘えに変わりはじめるのだ。その過程がたまらなく萌える。もしかしたら、今で言うツンデレなのかもしれない。真琴が履いているボーダーの靴下が、なんだか1990年代っぽく感じるのは筆者だけ?

美坂栞 CV:佐藤朱

画像
  • 萌え度:★★★★☆

 祐一の後輩で、体が弱いため学校をよく休むヒロイン。“病弱”という設定が、泣きゲーにぴったり当てはまりすぎて、若干“狙ってる”感が否めない。でもニーソックスがまぶしい。この頃だと、今のように“エロかわいいから”という理由で、若い女性を中心にニーソックスブームが起きるとは思っても見ないだろう。“絶対領域”なんて言葉も、まだ使われていないはず。ニーソックスを考えた人に国民栄誉賞を送りたい。

川澄舞 CV:田村ゆかり

画像
  • 萌え度:★★★★★

 筆者的最萌え賞は川澄舞。彼女の魅力は、もう声! 声が最高! 普段から無口な舞が、時折しゃべると、その一言一言が貴重に思えてきてしまう。夜な夜な学校に忍び込んでは魔物を倒すという設定とミステリアスなシナリオは、筆者にとって実はどうでもよく、ただ舞と普通の日常を送りたい。舞と一緒に登下校して、一緒に昼ごはんを食べて、そんな妄想をレビュー中ではずっとしてました。はしを口にくわえつつ「……タコさんウィンナー」と言いながら物ほしそうにこっちを見てきたら! もうその場で転がりながら悶えます。

終盤で魅せる展開が秀逸

 個人的に、泣きゲーというジャンルの土台を作り上げた記念碑的作品なだけあって、プレイして変に感慨深いものがあった本作。美少女ゲームとして見たら割と普通だが、泣きゲーとしてなら文句なく泣かせてくれるので、まだ泣きゲーをプレイしたことがない人には、オススメできる作品だ。ただ、PSPの“ジーッジーッ”というロード音が、ちょっと耳障りかもしれない。

 気をつけてほしい点は、うっかり電車内などでクライマックスを迎えると、とても恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないことだ。お外で本作を遊ぶ場合は、人通りの多い場所で泣いてしまわないよう、注意してほしい。

画像画像画像

Kanon
発売日 2007年2月15日
ジャンル 恋愛アドベンチャー
機種 PSP
価格(税込) 5040円
CERO B区分(12才以上対象)
(C)2006 VisualArt's/Key/PROTOTYPE


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」