奥様メーターを上げることは誰でもできるはず――宮本茂氏基調講演GDC 2007(1/2 ページ)

北米サンフランシスコで開催されているGDCにおいて現地時間の3月8日、任天堂の宮本茂氏が基調講演を行い、ゲームクリエイターにとってのビジョンとはいかなるものなのかを解いた。ところで、奥様メーターってなに?

» 2007年03月09日 16時54分 公開
[加藤亘,ITmedia]
Wiiの写真チャンネルを使用して講演を進める宮本茂氏

 現地時間の3月8日、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで開催されているゲームクリエイター対象のカンファレンスイベント「Game Developers Conference 2007」(以下、GDC)において、任天堂の宮本茂氏の基調講演が行われた。

 昨日行われたGame Developers Choice Awardの授賞式で、Lifetime Achievement Awardを授与された宮本茂氏は、Miiを製作する画面とシンクロし、そこから抜け出してきたという演出で登場。8年ぶりとなるGDCでの講演ということもあり、会場に集まった観衆を一気に引きつけてみせる。会場は立ち見が出るほどの賑わいをみせ、開始予定から30分以上押してのスタートとなった。

任天堂にとってのビジョンは3つ

昨日のGame Developers Choice Awardもそうだったが、今年のGDCでの注目度は一番。胸元にリンクとトライフォースが輝く宮本茂氏

 今回の基調講演は、「A Creative Vision(創造的ビジョン)」と題されており、宮本氏が思うゲームデザイナーが持つビジョンと、任天堂の持つビジョンについて、3つの要素を挙げ説明するというもの。

 まず宮本氏は、自身がゲーム開発に携わった25年前に遡り当時のビデオゲームの状況を振り返り、ビデオゲームをするプレーヤーの姿は健康的だったと切り出した。自身がゲームをする写真などを見せつつ、前回の公演からここ8年で状況は変化したのだという。

 宮本氏はここ数年、取材を受ける度にゲームの内容を聞かれるのではなく、社会状況について聞かれることが増えたのだとか。「ゲームがプレーヤーをゾンビみたいに変えてしまったのではないか?」と質問される度に不安になり、ゲームが取り巻く状況は悪くなっていると気がついたと言うのだ。売上げは上がっているが、ゲームに対する評判は落ち、プレーヤーの求める方向も一緒になりつつある現状で、任天堂は岐路に立たされていた。このまま任天堂が従来から続けているビジョンのままでいくか、それとも現状に迎合してビジョンを改めるか……。そんな岐路に立った宮本氏がいかにして、今こうして自身の持つビジョンと会社のビジョンを共存してきたのか。幸運にも合致していたビジョンの下、何を大事にしてきたのかを解いた。

 それが前述した3つの要素となる。すなわち「ユーザー層の拡大」、「バランス」、「リスク」となる。

ユーザー層の拡大

宮本氏のここ最近のゲーム開発は、いわば「奥様メーター」をいかに上げるかだったといっても過言ではない?

 宮本氏はユーザー層拡大について、極めて身近な尺度として奥さんの存在が大きいと明かす。宮本氏はそれを「奥様メーター」と呼び、彼女の満足度でユーザー層拡大の目安とできると例を挙げていく。曰く、「テトリス」や「スーパーマリオブラザーズ」などゲームに興味がなかった奥さんが、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を宮本氏の娘さんがプレイしているのを後ろで眺め興味を抱き、さらに敵が登場しないと「どうぶつの森」を渡してみるとコントローラーを持つようになり、メーターがググっと上がったのだとか。


投票チャンネルの結果、犬好きが63.7%、猫好きが36.3%となったと余談として報告

 ここで気をよくした宮本氏は、顔の形がギターのピックに似ているからと名付けた愛犬“ピック”を飼い始めたことで、奥さんが犬好きになり、さらに犬を飼っている知り合いも増えていき話題に事欠かないことを受け、ユーザー層の拡大につながると「nintendogs」開発のきっかけになったと紹介。「nintendogs」のおかげで、奥さんはまったく違った視点でゲームを捉えるようになり、「脳トレ」でゲーマーになったと報告。身近なものとしてゲームをとらえ、インタラクティブの面白さに気がついたことで、メーターはさらに上がっていったという。今では投票チャンネルをダウンロードして楽しみ、宮本氏にゲームの勝負を挑むほどになり、親戚やご近所のMiiを作るなどクリエイティブ性も発揮するようになったと驚くほどの成長を短期間で見せていると宮本氏。ユーザー層拡大の確かな根拠とした。

バランス

和歌をテーマにした時雨殿にも触れ、ここでの開発がいい経験になり、さらにニンテンドーDSで若い人も和歌に興味があまりない人も、世代の壁を越え、ゲーム感覚で学べるということで、ユーザー層拡大に一役買っていると余談

 任天堂はひとりでゲームを作るのではなく、何人かのチームで作るものとして、すべてのスタッフが遊び方を知るようバランスよくそろっていると宮本氏。同じビルで仕事をすることで、どこでも話せる環境でゲームを作ることができているのが強みなのだとか。

 そんな環境でも、Wiiのコントローラに関しては苦労したといくつものプロトタイプを試作した時のことを振り返る。元々、大学で工業デザインの勉強をした宮本氏は、ファミコンの頃からコントローラのデザインに携わっており、Wiiリモコンもチームで製作。製作過程において、さまざまな意見があったが、結局デザインやシステムなどバランスを取った結果、シンプルな今の形になったのだと説明する。

コントローラのプロトタイプの中には、あまりにも突飛なものも

リスク

 任天堂前社長の山内溥氏から宮本氏は「新しいことをする際は、人と違うことをしなさい」と言われてきたが、それにはリスクが伴うことだと、Wiiを例に挙げる。リスクを覚悟してビデオゲームはどうあるべきかを考えて来たが、ゲームキューブは人口拡大と命題を果たすことはできず、中途半端な結果となり、コントローラも変えてみたがゲームをしない人には波及することはなかったと吐露する。任天堂はWiiでは、リスクを覚悟して新しいチャレンジに取り組んだからこそ、今があると解説する。

 ゲームを両手で遊ぶものとして10年以上も継続してきた慣習をふりほどくためにも、宮本氏の開発中当初の任務は、いかに社員にWiiのよさを伝道するかであったと振り返る。これにより自分自身も説得していたのだとか。

 しかしそれも、2006年5月に北米ロサンゼルスで開催されたE3でのユーザーの笑顔がすべてを払拭してくれたと明かす。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  3. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  4. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  7. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/03/news014.jpg 双子の赤ちゃんが布をかぶって…… 世界一平和な“いないいないばあ”が100万再生「なんて幸せな世界」「笑い声に癒されます」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」