石井めぐるデザインアイテム発表会のち、めぐると巡る「メイプルストーリー」

ネクソンジャパンはMMORPG「メイプルストーリー」のCMに出演する石井めぐるさんを招いて、彼女がデザインしたアイテムの発表会を開催。ID登録数が150万を突破したことなどを発表した。

» 2007年06月04日 13時57分 公開
[ITmedia]

「メイプルストーリー」ID登録数150万突破

CMでもおなじみの石井めぐるさん(右)と説明に立つ島嵜直樹氏(左)

 ネクソンジャパンは6月2日、オンラインRPG「メイプルストーリー」のCMに出演しているグラビアアイドルの石井めぐるさんを招いた「メイプルストーリー 石井めぐるデザインアイテム発表会」を開催した。

 これは、めぐるさん自身がデザインしたゲームアイテムを先着200名のユーザー限定のもと行われるオンラインゲームイベント内で発表するというもの。それに先駆けメディアを集めて、デザインするに至った経緯などを説明してくれた。

 「メイプルストーリー」は、この度ID登録数が150万をめでたく突破した。ネクソンジャパンマーケティング部マーケティングチームの島嵜直樹氏は、石井めぐるさんが出演するテレビCMの影響も大きかったと説明する。

 本作は横スクロールタイプのオンラインアクションゲームで、アバター方式を採用したさまざまな島や村でキノコやブタといった可愛らしいモンスターと格闘するMMORPG。現在、アジア・北米・ヨーロッパの58カ国でサービスを展開しており、各国に合わせたローカライズが好評で、全世界でおよそ5000万人以上の会員数を誇っている。韓国では会員数1400万人を記録しており、まさに国民的タイトルとして認知されている。日本では、18歳以下のユーザーが70%を超え、小・中学生を中心とした年齢層が占めているのが特徴だ。2005年12月に100万IDを突破し、わずか半年でさらに50万人を獲得したことになる。

 今回の発表会は、3部構成になっており、まずメディア向けにデザインアイテムの発表を行い、次にオンラインゲーム内イベントとして「メイプルストーリー 石井めぐるデザインアイテム発表会」を開催。そして、発表したデザインアイテムに着替えためぐるさんとゲーム内を巡るという「めぐると巡る!メイプルストーリー」が催されることになっていた。

こちらが休憩時間に突如覚醒しためぐるさんの画才によって描かれた奇跡の1枚

 石井めぐるさんがデザインしたゲーム内アイテムは、CM撮影中の休憩時間でのイタズラ書きに端を発すると前出の島嵜氏は明かす。めぐるさんがなんの気なしに「アイテムなんかになればいいですよねぇ」と発言してしまったのをスタッフは聞き逃さなかったのだそうだ。めぐるさん自身も「画才がなくて」と我々に発表した直筆のデザインアイテム案(イタズラ書き)は、確かに上手とはいえない(失礼)ウサギのようなキャラクターが描かれていた。

 これを元にデザイナーは可愛らしいデザインアイテムを製作し、こうしてこの場で発表することができたとのこと。モチーフはずばり「ハート」で、飼っているウサギのアレンジも施されているのが特徴だ。ちなみに帽子のところにあるMのマークにもハートがあしらわれている。こちらのMは、メイプルストーリーのMとめぐるのMをかけているのだそうだ。


こうして誕生したのがこちらの「めぐる帽子」、「めぐるステッキ」、「めぐるのにんじん」となる

 それぞれ「めぐる帽子」、「めぐるステッキ」、そして「めぐるのにんじん」として、アイテムに加わることになる。帽子はギルティアンにウサギの耳をつけたような形をしており、ステッキを振ると大小さまざまなハートが飛び出すエフェクトが付いている。

 アイテムデザインは初めての経験だっためぐるさんは、その後行われたオンライン内イベントでの200名限定発表会で、ユーザーからの温かい歓声をもらい、「かわいい」や「ほしい!」といったコメントにやっと安心できたと語っていた。

 このオンライン発表会では高台にいるめぐるさんのアバターが、デザインしたアイテムに変身してみせて発表するという形態。50人ずつ、計4回行われたのだが、すべての回で概ね好評で、一緒にジャンプしてみたり伏せてみたりと、ユーザーと触れあう姿が笑いを誘っていた。

発表会での様子。悪戦苦闘しながらも一生懸命にメッセージを打ち込む。「実は偽物なんじゃない?」なんて心ない質問にも、「本物のめぐるですよ」と真摯に答えていた

 続いて行われた「めぐると巡る!メイプルストーリー」は、めぐるさんと一緒にビクトリアアイランドを一周するというもの。時々、めぐるさんやGMたちが落としていく「めぐるのにんじん」を拾った方には、のちほどめぐるオリジナルデザインのアイテムが贈られるというおまけ付きだ。


画面左上の現在その場にいるプレーヤーの濃度をご覧いただければ分かるが、真っ赤である。この真っ赤になるほどの大集団がこぞってめぐるさんに付いていき、敵を粉砕していく

 こちらのイベントに参加しようと2時間前から待っていたファンもいたようで、開始時間前の「ぷらむ」サーバー10chのヘネシスタクシー前は、大渋滞が起こっていた。その数にめぐるさんも思わず「すごい」と絶句するほどで、めぐるさんが登場するやいなや「にんじんをくれ」の大合唱が起きていた。

 ビクトリアアイランドを1周する間にも強力な敵が立ちはだかったりと、何度かめぐるさんを含め、何人かのユーザーが力尽きてしまってはいたが、大混雑を起こすほどの人数には歯が立たずに、敵が瞬殺されていく場面が続く。めぐるさんも慣れない手つきで会話を楽しみながら、所々でにんじんを配ってまわっていた。


画才がないんですけど、さすが本職のデザイナーさんは違いますねとめぐるさん

 イベントを終えためぐるさんは、「少人数でのチャットは経験があったが、あんなにも多くのユーザーを対象にしたことはなく、メッセージを見ながらキーボートに打ち込む作業が大変だった」と振り返る。「オンライン内イベントでは、エフェクトで攻撃されたり、こちらからの呼びかけに応えてくれたりとユーザーとの交流が楽しかったです。顔が見えないのに、すぐに返事があったりして」と、現実にはそこにいないユーザーとの触れあいが面白かったと笑顔を見せる。以前は自宅にPCがなかったので、遊ぶとしたら事務所でしかできなかったが、やっと最近入手したので、家でも遊んでみたいとますます本作の魅力に引き込まれたとコメントしてくれた。

先月の28日に20歳を向かえたばかりのめぐるさんは、お祝いのケーキと花束がプレゼントするサプライズも。めぐるさんはこのうれしいどっきりに「素敵な大人の女性になりたい」とコメント。ケーキにはメイプルストーリーでおなじみのキノコが

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  6. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  7. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  9. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評