栄光あるジオンの名の下に、わたしは生き延びることができるか?「ガンダムタクティクスオンライン」リポート(1/4 ページ)

“MS”という略称から真っ先に“モビルスーツ”と連想する人は要チェックなタイトル「GTO」が、1月24日より正式サービスを開始した。今回、オンラインの戦場に赴いてみたのだけど──いやはや、名を上げるのって難しいもんですね。

» 2008年01月31日 00時00分 公開
[内田志乃,ITmedia]

カンタン操作で奥深い駆け引きを実現

 「ガンダムタクティクスオンライン」(以下、GTO)は、おなじみテレビアニメ「機動戦士ガンダム」の“一年戦争”を舞台にした、リアルタイムの戦術級シミュレーションゲームだ。プレイヤーは地球連邦軍かジオン公国軍いずれかに所属し、部隊を率いて敵軍との戦闘に臨んでいく。ちなみに筆者は“ジーク・ジオン”な人種なので、今回のリポートはそれを念頭にご覧いただければ幸いである。

 では、最初にゲームの大まかな流れを解説しよう。まず行うことは、自身が指揮する部隊の編成だ。本作では、モビルスーツ(以下、MS)やパイロット、戦術等は、すべて「ユニット」と呼ばれるカードで表される。これらユニットを、カードゲームのデッキを組む要領で編制していくのだ。

 編成が終了したら、戦いに繰り出すことになる。実際の戦闘はオートで進行し、プレイヤーは直接操作しない。戦闘中は各パイロットの特殊能力やアイテムが使用でき、そのタイミングだけ操作する、という寸法だ。

画像 MSやパイロットはユニットと呼ばれるカード形式で表示。これらを制限の中上手に編成して、強い舞台を組み上げていくのだ
画像 戦闘中の操作はいたってシンプル。ハイスペックのマシンなら、このような大迫力の戦闘シーンを、余裕をもって存分に楽しむことができる

 すごく単純なゲームに思えるかもしれないが、なかなかどうして、奥が深い。1回の戦闘は数分程度で終了するが、事前の部隊編制は相当の時間、それにアタマを使うことになる。それほどまでにユニットの種類が多く、組み合わせは多彩だからだ。戦術も奥深い。

 対戦する敵はコンピュータの場合もあるが、自分と同じようにアタマをひねって編制してくる他のプレイヤーだったりもするわけで、そしてそんな時にこそこのゲームのキモである“駆け引きの醍醐味”を存分に(場合によっては骨身に沁みて)味わうことができるだろう。

 戦闘終了後には、各パイロット毎の撃墜数はもちろん、与ダメージや被ダメージ、生存時間といったデータが提示される。これを参照しつつ、より強い編制を練り上げ、上の階級やランキング上位を目指していくことが、本作の大きな目的である。

 また、現実の時間の流れとともに“一年戦争”も進行する。それに伴い、新たなMSが開発・配備されたり、原作のストーリーに沿ったさまざまなミッションにチャレンジできる。例えば正式サービス開始直後である2008年1月24日現在、北米を脱出しようとするホワイトベースを援護するミッションが配信されていたり、ジオン軍の最新MSとして赤い“ザクIIS型”(いわゆるシャア専用ザク)が登場したり、といった具合だ。物語や新規MSの配備は約2週間ごとに次の段階へ進む、とのことだ。

 本ゲームにおいては実時間の約5カ月で原作の“一年戦争”が終結する。これを1つのクールとし、クール終了とともに新たなクールが開始される(一年戦争をなぞる展開を最初から新たに開始する)。もちろんクールの途中からプレイすることも可能だが、やはり最初から最後まで順に見届けた方がより楽しめるというものだろう。

 オフィシャルサイトとの連動も強力に展開されており、プレイヤーランキング一覧や新規ユニットのアナウンスはもちろん、一人ひとりの戦果は全体の戦況に反映され、どちらの陣営が優勢であるかといった情報までも日々更新される。新たなユニットを手に入れる手続きもオフィシャルサイトにて行われるのだ。

画像 オフィシャルサイトより、ある日の“ジオン軍戦場リポート”。おなじみホワイトベースを“木馬”と称していたりする。「任務」モードのミッションと連動している情報も
画像 同じくオフィシャルサイトより、ある日の戦績情報……。圧倒されているじゃないか、我が軍は! 公国の興廃これら緒戦に在り、各員一層奮励努力せよ!(←自戒を込めて)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」