レビュー
» 2008年06月06日 00時00分 公開

アクションの中に脈々と息づくシミュレーションの魂「突撃!!ファミコンウォーズVS」レビュー(1/3 ページ)

部隊を率いて突撃し、敵を撃破して勝利を掴む。ここだけ聞けば、ワンマンアーミータイプのアクションゲームに思えるだろう。だが、実際にはちょっと違う。これは形を変えたシミュレーションゲーム。大切なのは指先の素早さではなく、的確な作戦を立てる知性なのだ。

[水野隆志,ITmedia]

マリーンたちの大合唱から20年

 ファミコンウォーズといえば、30代以上の人は第1作のテレビCMを思い出すのではないだろうか。アメリカ海兵隊員を出演させて「ファミコンウォーズが出〜るぞ〜♪」と唱わせた(歌自体は吹き替えているが)、あのCMだ。発売された1988年当時はパソコンのウォー・シミュレーションゲームが人気を集めていた時代。その影響がコンシューマにも及んだのだろうが、それにしてもファミコンでウォー・シミュレーションを発売するというのは、なかなかの英断だ。続くフレーズ「母ちゃんたちには内緒だぞ♪」のユーモアセンスも素晴らしかった。

 以来20年。Wiiでのシリーズ初登場作品となったのが「突撃!!ファミコンウォーズVS」である。Wiiという動きのあるコントローラでウォー・シミュレーションを行う。これも野心的な発想だ。ウォー・シミュレーションは軍隊の兵棋演習を元に作られた娯楽なので、将棋やチェスと同じく、思考力勝負のゲーム。盤面を睨み、どうすれば有利になるか必死で頭を絞る。つまり、アクション性とは180度逆向きなのだ。Wiiリモコンやヌンチャクとこのゲーム性をどう融合させたのだろうか。

 店頭でのデモなどを見た人なら、こう答えるはずだ。すなわち「アクションゲーム性を強化して、敵とバンバ撃ち合うゲームになった」と。筆者もプレイするまではそうだと思い込んでいた。ところが、実際にプレイしてみて印象はガラリと変わった。なるほどこう来たか!

無闇に突撃してはいけません

 ところで本題に入る前に1つ。

 みなさんは“突撃”という命令をどうお考えだろうか。例えば、戦争映画で次のセリフを聞いたら、どう思われるだろう。

 「このままではラチが開かない。突撃して決着を付けよう」

 もし実際の戦場でこれを実行した指揮官がいたら、そいつは間違いなく無能である。というより危険人物と言ったほうがいいかもしれない。敵が備えをしているところに突撃などしたら全滅は必至。とりわけ銃器の性能が上がった近代戦ではこんな戦いは死と同じだ。

画像 敵味方の銃弾が飛び交う中を駆け抜ける。見た目にはアクションゲームに思えるが……

 実際には、突撃とは勝利と同義語であるとされる。つまり、敵が抵抗を止めて逃走に移った段階で、追撃するかそれまで敵が籠もっていた拠点を占領することを目的として行われる。指揮官が突撃と叫んだ時、勝利はすでに確定しているのだ。

 「突撃!!ファミコンウォーズVS」における突撃も、まったく同じ意味を持っている。目の前にいる敵に向かって無策に突撃などしたら敗北は避けられない。それも呆れるほどの惨敗を喰らう。タイトルに「突撃」とあるのとは裏腹に、無闇と突撃してはいけないゲームなのだ。作戦を練り、部隊を指揮し、効率よく打撃を与えて勝利を掴む。ゲーム性の面から考えると、アクションゲームよりもむしろシミュレーションゲームに近い。

 もちろん、アクション性がないわけではない。敵の弾をかわす時など、アクションがうまいほうがやられにくいところもある。しかし、どんな達人であっても、歩兵1人で敵を全滅させるなんてマネはできない。なぜかといえば、ユニットによって、例えば空中の敵は攻撃できない、海面下にいる敵は攻撃できないなど、できることとできないことがハッキリしているのだ。敵に航空戦力があるのに対空攻撃力を持ったユニットをすべて破壊されてしまったら、もう負けるのを待つしかない。

 アクションだけでできることには限りがある。それよりも作戦がモノをいう。言い換えれば指先よりも知性が求められる。だから従来からのシリーズファンを含め、シミュレーションゲームが好きな人は結構スンナリとゲームに入っていけるだろう。脊髄反射や直感で勝負したい人は……まあ、たまには左脳を使うゲームをしてみるのも気分が変わっていいのでは?

ストーリーモードでゲームに慣れよう

 ゲームには、一定のシナリオに沿って進んでいくストーリーモードと、インターネットを利用して協力プレイや対人戦を行うWi-Fiモードが用意されている。基本となるのはストーリーモード。プロローグと5つの章で構成され、各章ごとに3〜5個のミッションが用意されている。それらを遊んでいくことで操作性や世界観などの知識も得られるようになっているから、いわばチュートルアルとしての機能も補完していると言えるだろう。

画像 ストーリーモードでは世界を巻き込んだ巨大な陰謀が描かれる。つねに同じ勢力を操作するのではなく、章ごとに異なる国の軍を担当して物語を進めていく
画像 登場する6国のひとつ、ソーラーエンパイア。数世紀前、世界制覇を狙った暴虐な国家に単身立ち向かい、打ち破ることに成功した。文化的には和のテイストが強い
画像 世界に冠たる強国ウエスタンフロンティア。カウボーイハットの似合うオッサンと金髪ナイスバディのお姉サマが指揮官を務める、素晴らしくアメリカンな国
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」