キメラの侵略はついに海を渡りアメリカへ――「RESISTANCE 2」

SCEは、「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」の続編となる新作を発売すると報じた。今度の舞台は海を渡った北米シカゴ……。キメラたちの侵略に立ち向かえ!

» 2008年07月18日 04時49分 公開
[ITmedia]

巨大キメラの傍若無人な進撃

 ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカが現地時間の7月15日、北米ロサンゼルスで開催した「Sony E3 2008 press conference」において、プレイステーション 3用ソフト「RESISTANCE 2」は、その巨大キメラの存在感とド迫力映像をもって、拍手の中公開された。PS3と同日に発売された「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」の続編を描いた「RESISTANCE 2」では、舞台を北米のシカゴに移し、ヨーロッパを制圧したキメラがアメリカ大陸への侵略を開始する。

 プレスカンファレンスでは高層ビルを走りまわり、巨大キメラによって瓦解しようとするビル群を飛び移りながら攻撃をするプレイヤーの姿があった。かつてないスケールの大きさと細部の緻密さを併せ持つグラフィックと演出、そして緊張感ある戦闘が描かれる本作では、バラエティに富んだステージ、ワクワクするような武器の数々、背筋も凍るような敵、ともに戦う頼れる仲間など、これからの情報に期待したい。


1930年代、1つの生科学実験リポートがロシアから漏れ始めた。そこには村々が一夜のうちに全滅し、さらには町ごと失われたという報告が。人々はロシアの兵器開発と考え、恐れたが、真実はそのようなものではなかった。

すべては謎の生物キメラによる地球侵略。しかし、キメラの発生源と考えられるウイルスについては、ほとんど明らかにされず、唯一分かったことは、ロシアからはじまり、わずか数週間で全ヨーロッパをも陥落したこと……。

アメリカ合衆国軍に属する兵士、主人公・ネイサン・ヘイルは、このヨーロッパでの戦いで、キメラウイルスに感染しながらも戦いを切り抜けた人物だ。満身創痍(そうい)の中、謎の部隊へ連れ去られるが、彼の体は確実にえたいの知れない何かによって侵食され始めていた。

そして今、舞台は合衆国へ。

彼に残された時間は19時間。

いまだに解き明かされないキメラの出自、侵略の目的を追え。


300フィートを超える巨大なキメラから、機敏で全力疾走で向かってくるキメラまで

やつらの進撃を食い止めることなどできるのだろうか?

舞台となるシカゴの街並みは、在りし日の姿をとどめていない
「RESISTANCE 2」
対応機種プレイステーション 3
発売日未定
価格未定

関連キーワード

PS3 | ウイルス


RSISTANCE is a registered trademark of Sony Computer Entertainment Inc.
Developed by Insomniac Games. (C)Sony Computer Entertainment America Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  3. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  4. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  5. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」