ちょっと新宿でワイヤーアクション――「バイオニック コマンドー マスターD復活計画」を体験プレイ(1/2 ページ)

PS3/Xbox 360「バイオニック コマンドー」の最新作を前に、ダウンロード配信タイトルとしてまもなく発売される予定の「マスターD復活計画」を体験しに、カプコンに行ってみた。

» 2008年07月23日 10時30分 公開
[加藤亘,ITmedia]

ダウンロードタイトルといって侮ることなかれ!

 カプコンが1987年にアーケードゲームとして発売した「トップシークレット」は、後にファミリーコンピュータへ移植される際に「ヒットラーの復活」とタイトルを改め、海外版とゲームボーイアドバンス版が発売されるにあたり、キャラクターデザインや世界設定などを変更し、「バイオニックコマンドー」となった。

 2007年10月、英国で開催された「CAPCOM GAMER’S DAY」で発表されたプレイステーション 3/Xbox 360/PC用三人称視点のアクションゲーム「BIONIC COMMANDO」(バイオニック コマンドー)が、北米、欧州に続き、日本でも発売されると発表になったのが今年の1月だった。今回、20年ぶりに復活したワイヤーアクションが特徴の本作とは別に、昔ながらの「ヒットラーの復活」に新要素を加えつつリメイクした、Xbox 360/プレイステーション 3のダウンロード専用タイトル「バイオニックコマンドー マスターD復活計画」を体験する機会に恵まれた。


実に流ちょうな関西弁を操りながら説明してくれたベン・ジャッド氏

 「バイオニックコマンドー マスターD復活計画」を紹介してくれたのは、本作のプロデューサーを務めるベン・ジャッド氏。基本的にリメイクするにあたり、すべてのキャラクターやオブジェクトを3Dで書き直し、世界観を再構成しながらも、ファミコン版を踏襲したサイドビュースタイルの2Dアクションとしている。次世代機で発売する「BIONIC COMMANDO」の10年前という設定で、いわゆるシリーズ作をつなぐミッシングリンク的な役割をも担っている。


バイオニックアームが異彩を放っている主人公・スペンサー

 ワイヤーでステージからステージへ移動する痛快な“スウィング”アクションは健在で、新たに「バイオニックアーム」というギミックが登場している。バイオニックアームは、壁や天井にワイヤーを飛ばしスウィングを可能とするだけでなく、ドラム缶や兵士をアームでつかんで投げ飛ばすことも可能となった。当然、横への移動やしゃがむ以外、プレイヤーはジャンプすることができず、すべてをバイオニックアームに託すことになる。そのアクション要素こそ、本作の最大の魅力でもある。ジャッド氏は開発をするにあたり、ファミコン版を知るファンの気持ちを大事にしつつ、このスウィングの“難しさ”を、はじめて遊ぶユーザーにも理解できるよう考慮したのだとか。

 往年のゲームの中には、難しいからこそ語られるようになった名作も多い。カプコンの「魔界村」や「ロックマン」シリーズなどはその最たる例で、「バイオニック コマンドー」もまたしかりだ。その精神は残しつつ、本作にはチュートリアルや難易度設定(イージー、ノーマル、ハード、隠しの4段階)のほかに、イージーではスキマに落ちて死ぬことのないようにする、「アシストブロック」が採用されている。このアシストブロックは、「ロックマン」から着想を得ているとジャッド氏は語る。

エリアマップはこのようになっている

 本作は、3Dで開発されている「BIONIC COMMANDO」と同じエンジンを使っていることもあり、エフェクト効果も2Dながら、実にていねいに作り込まれている。銃を撃つと薬きょうが飛ぶなどの細かい効果は臨場感を高めてくれる。

 追加要素を挙げていくと、ゲーム中、敵を倒したりすると獲得できる六角形のスコアトークンをたくさん取ると、ステージのスコアが高くなるのだが、これはランキングに対応している。また、ボス戦も飽きがこないよう工夫が施されている。実際に体験したボス戦でも、ドラム缶を利用したり、スウィングを利用しないと位置取りができないなど、戦略的にも一筋縄ではいかないようだった。

 ほかには、ステージ上に配置してある「通信端末」エリアでは、スコアトークンなどを獲得できるハッキングと呼ばれるパズル仕立てのミニゲームがあったり、隠し要素として懐かしの「弥七」が登場したりと遊び心も忘れていない。さらに、ランキングにも対応している「チャレンジルーム」(50個以上)と呼ばれるそれぞれ8つの課題を好記録でクリアすれば、スウィングの技を高められるといった修練の場も用意されている。

 ジャッド氏は、「バイオニックアーム」を使用したスウィングアクションに、従来のものにはなかった「横投げ」が追加されていると解説する。横投げとは、空中にいる時にワイヤーを横に飛ばすというアクションで、これが加わることでゲーム性を損なうことなく、新たなステージのバリエーションを生むことに成功したのだとか。

通信端末では本部との通信も可能。ストーリーを補う
バイオニックアームでつかんだドラム缶を引き寄せて抱きしめることができる。これを敵に放りこめばダメージもでかい

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  3. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  4. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  5. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」