ニュース
» 2009年12月28日 16時44分 公開

GRANRODEOのサービスにRODEOBOYも大満足!! 男性限定ライブ「露出男祭 〜漢心はぐらんぐらん〜」 (1/2)

KISHOW(谷山紀章)さんとe-ZUKA(飯塚昌明)さんのユニット、GRANRODEOの男性限定ライブ「露出男祭 〜漢心はぐらんぐらん〜」が開催された。熱気にあふれたライブをリポートする。

[ふじたけ,ITmedia]

 アニメ「NEEDLESS」や「黒神 The Animation」などの主題歌を歌う人気ユニット、GRANRODEOの男性限定ライブ「露出男祭 〜漢(おとこ)心はぐらんぐらん〜」が11月21日、渋谷O-WESTで開催された。当日は2階席までオールスタンディング&超満員の、野太い声が木霊する、熱気あふれる一日となった。

 赤ベースのジャージ衣装を着込んだKISHOWが登場するとRODEOBOY(※男性のGRANRODEOファンのこと)の野太い大歓声が会場に響き渡る。KISHOWは1曲目の「GAMBiT」から舌を出して観客をあおり、「今日はお前らの漢心をぐらんぐらんさせてやるぜ!」と叫ぶ。観客もそれに合わせ、高らかに拳を振り上げる。


KISHOW(左)とe-ZUKA(写真:左上)

満員のRODEOBOYたちに嬉しそうなKISHOW

 KISHOWは「本当にバカばっかり。お前ら最高だ(笑)。しかしRODEOBOYも増えたね」と嬉しそうに笑う。e-ZUKAも、「お前ら今までどこ行ってたんだよ。海の見える方に行ってたんじゃないの?」(※今回のライブは同日2回公演となっており、1回目と同じ時間帯に水樹奈々さんのファンクラブイベントが東京ビッグサイトで開催されていた)と観客を爆笑させる。

 RODEOBOYたちはリリースされたばかりの「BRUSH the SCAR LEMON」のコーラスも完ぺきに合わせ、ライブはそのままノンストップで突き進む。当日唯一のバラードとなった「Rain Beat」になると観客も静まり、KISHOWの歌声にただ聴き惚れるばかり。ライトを受けて、スタンドマイクで歌うKISHOWがステージに映える。



お約束を守るRODEOBOY

 そんな完ぺきなステージングの後で、「受付でボディチェックとかされなかったの? 女子紛れ込んでない? じゃあ女子は手を挙げてみようか!」というKISHOWに、観客たちは当然のように手を挙げる。するとKISHOWは、「おい! なんで乗っかるの(笑)」とたまらず突っ込む。男同士ならではの気楽さが、会場ににじみ出ていた。

 その気安さのままe-ZUKAが「お前ら今日楽しませたんだから、今度のライブではRODEOGIRLに優しくしろよ。優しく抱き締めろ!」と、彼女が欲しいRODEOBOYへ優しくアドバイス。KISHOWも「捕まらない程度にな! でも、RODEOBOYって押し強いよね」とつぶやく。……RODEOGIRLのみなさんは、今度のツアーでいきなり抱きつかれないように自衛をお願いいたします。

 リラックスしてても、締めるところは締めてくれるからGRANRODEOはかっこいい。上着を脱いでタンクトップになったKISHOWは「modern strange cowboy」、「tRANCE」、「ケンゼンな本能」といったロックナンバーをノンストップで披露し、クライマックスへ向けて観客をヒートアップさせる。



「おめーら最高! 男の観客だけでライブがやれることを、いろんな人に、自慢げに話すんです。GRANRODEOは丸4年活動していて12月から5年目に突入するんですけど、着々と歩みを進めている我々、ライブをやるたびに男が増えてるなって感じます。今年終わりから来年にかけては全国ツアーも決まってます」(KISHOW)

KISHOWの宣誓

 「ついていくぞー!」という観客たちの答えに対して、はにかみながらKISHOWは、「昼間も言ったんですが、みなさんGRANRODEOにもっと期待してもいいんじゃないでしょうか! V-ROCKフェスに出たとき、『全然遜色なかったよ』とか、お前らのGRANRODEOはそんなもんかい! こちとら最高のロックバンド目指してやってんだ! これからもよろしく!!」と言い切る。

 その決意を示すかのように「慟哭ノ雨」ではe-ZUKAと肩を組みながら歌い、「Thank you, GRANRODEOでした。愛してるぜ!」(KISHOW)と述べてメンバーたちはステージを後にした。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた