ニュース
» 2010年03月23日 21時23分 公開

あなたの良心が試される、革命的決済サービス「Kwedit」ってなんだ?日々是遊戯

クレジットカードも電子マネーも不要で、今すぐオンラインゲームのアイテムが買える――そんな魔法のような決済サービスがアメリカでスタートしました。

[池谷勇人,ITmedia]

決済サービスなのに、決済しなくてもいい!?

 オンラインゲームやソーシャルゲームで遊んでいると、ついつい手を出したくなるのが有料アイテム。筆者もmixiアプリの「ブラウザ三国志」に一時期ハマっており、「今すぐこのアイテムを買えば……!」なんて生唾を飲み込んだことがしばしばありました。

 まあ、大人の場合は「欲しい!」と思ったらすぐに決済できるのでいいんですが、クレジットカードが使えない未成年の場合はそうもいきません。そんな時、クレジットカードも銀行口座も不要で、思い立ったらすぐにお目当てのアイテムを購入できるサービスがあったら便利だと思いませんか? もちろん、コンビニに電子マネーを買いに走る必要もありません。

 こう書くとまるで魔法のようですが、アメリカで実際にそんなサービスが開始され、大きな波紋を広げています。サービス名は「Kwedit(クウェジット)」。アヒルのロゴマークからも分かるとおり、アヒルの鳴き声と「Credit(クレジット)」をかけてあるわけですね。

Kweditのトップページ

 このサービスがスゴいのは、「約束」だけでゲーム内アイテムが買えてしまうこと。クウェジットに登録したユーザーは、「後でちゃんとお金を振り込みます」という約束をクウェジット側と交わすことで、カード決済も銀行振り込みもなしで、いきなり有料アイテムを購入することができてしまう。ドラえもんの道具に「後で○○するから、今すぐ○○させて!」と約束すると、すぐにそれを叶えてくれる――というものがありましたが、イメージとしてはまさにそんな感じです。

 そしてもっととんでもないのが、その「約束」にはなんの法的拘束力もないということ。クウェジットでアイテムを購入した後、本当にお金を振り込むかどうかはユーザー次第。払わなかったからといって、クウェジットから怖いお兄さんが取り立てにくるようなことはなく、子供がクウェジットで買い物をしまくったとしても、親がその責任を負うようなこともありません。そのかわり支払いが遅れれば「Kwedit Score(クウェジットスコア)」と呼ばれる「信用度」のようなものが下がっていき、何度も約束を破るといずれは使えなくなってしまう。逆にちゃんとお金を振り込めばスコアは上がっていき、より多くの金額を使えるようになっていきます。一応、ちゃんと払わせるための抑止力のようなものは仕組みとして持っているわけですね。

ペット育成ゲーム「FooPets」でKwedit決済を利用しようとしているところ

自分の信頼度を表す「Kwedit Score」。きちんと支払わないとこれが下がっていきます

 決済サービスなのに、決済しなくてもいい。聞けば聞くほど魔法のようですが、どうしてこんなサービスが成立してしまうんでしょうか? クウェジット側が先日発表したところによると、正式サービス開始から約1カ月が経過した時点で、ユーザーによる支払い率は約26%だそうです。これはつまり約4分の3ものユーザーが、ちゃんと約束を守らずに購入代金を踏み倒しているということ。これじゃあクウェジットも、アイテムを販売しているメーカー側も大損じゃないか! ――と普通は考えますよね。

 しかし逆に「26%ものお客が支払ってくれた」と考えてみたらどうでしょうか。クウェジット利用者の大半は、クレジットカードも銀行口座も持たない低年齢層が中心。つまり本来ならば、メーカーにとっては絶対にお客になり得なかったはずの層です。また徴収率26%ということは「100円の商品を26円に値引きして売った」のと実質的には同じことですが、ゲームのアイテムなら原価は0円ですから、とにかく売れさえすればメーカーはちゃんと利益を得ることができます。「本来1円も払ってくれないはずの層からお金を徴収できるのなら、たとえ74%OFFでもいい!」と賛同するメーカーは少なくないのではないでしょうか。

 いやはや、こうして見ると確かによくできたビジネスモデルのように思えます。現時点ではまだ北米の一部タイトルにしか対応していませんが、もし軌道に乗ればオンラインゲーム業界にとって大きな衝撃となることは確実。本当にちゃんとビジネスとして成立するのか? 今後日本に上陸することはあるのか? 気になる点はまだまだ多いのですが、今もっともホットなサービスのひとつとして注意深く動向を見守っていきたいところです。

(C) 2010 Kwedit Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」