ニュース
» 2010年07月06日 10時29分 公開

梶浦由記、過去最大規模のツアーが開幕!! 「FictionJunction/Yuki Kajiura LIVE vol.#6 at 横浜BLITZ」(1/2 ページ)

梶浦由記プロデュースによる「Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR」が開幕。ゲストに伊東えりを迎えて横浜BLITZで開催されたFictionJunctionのステージをリポートする。

[ふじたけ,ITmedia]
梶浦由記

 昨年、東京・名古屋・大阪を巡る初のライブツアーを行い、今年1月には“日本語封印スペシャルLIVE”を開催、さらに5月12日にライブ・ベストアルバムをリリースするなど、破竹の勢いに乗る梶浦由記。2008年に開催された初のライブから3年目を迎えたことを祝して、この度「Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR」が開幕した。

過去最大規模でのツアー

 今回のツアーでは自身がプロデュースするKalafinaFictionJunctionが、それぞれ同じ会場でKalafinaが土曜、FictionJunctionが日曜にライブを行うという異例の展開(※仙台はFictionJunctionのみだが、オープニングアクトにKalafinaが登場)だ。ツアー規模も大阪・仙台・横浜・名古屋・東京の5カ所に拡大し、過去最大となっている。今回は、ツアーど真ん中の横浜BLITZで5月30日に開催された、FictionJunctionのライブの模様をお送りする。

 開演時間になるとシンフォニックなメロディーと観客たちの大きな拍手に迎えられ、メンバーがステージへ。これから始まる幻想的な世界に思いを馳せている中、是永巧一の力強いギターと今野均が奏でる繊細なヴァイオリンが印象的なインストゥルメンタル曲「Crush」でライブの幕が切って落とされる。

スタートから梶浦語のオンパレード

 そのまま「frenetic」や「the image theme of Xenosaga II」といった疾走感あふれるサウンド――そしてそのサウンドに乗る、黒と白を基調としたシックな衣装に身を包むWakana、Yuriko Kaida、Keiko、Kaoriといった歌姫たちが紡ぐ梶浦語(※日本語や英語などではない、梶浦が創りだす独自の造語)の歌声によって観客たちは一気に高揚し、梶浦が織り成す世界へ入り込んでいく。

右からKaori、Keiko、Yuriko Kaida、Wakana

 世界の入口で待ち受けるのは、もちろん梶浦。「『FictionJunction/Yuki Kajiura LIVE vol.#6』へようこそいらっしゃいました! 今日は私たちも楽しんでいきたいと思います。みなさんも楽しんでください」と素敵なお客様の来訪を笑顔で迎えた。

 梶浦という当代きっての音楽コンシェルジュはまず、人気シリーズ「.hack」の楽曲で愉しませてくれる。5月9日に開催された「.hack//LiVE 劇奏」でも披露された「Liminality」、「fake wings」、「in the land of twilight, under the moon」を堪能した後は、いったんMCへ。


メンバーへのアンケート結果発表

 Yuki Kajiura LIVEでは恒例となっているツアーメンバーへのアンケート、今回は「家にある食べ物で絶対に切らしたくないもの」だ。まずは歌姫たちの回答が明かされた。Wakanaはトマト缶、Yuriko Kaidaは納豆、KeikoのボルヴィックにKaoriはビールという回答を受けて梶浦は、食卓に彩りを添えるようなアドバイスを4人それぞれに与えた。きっと音楽制作でもこういった、個性を尊重しつつ相手に適したアドバイスを与えるような関係性なんだろうな、と観客も笑顔になったところで今度は昨年リリースされたアルバム「Everlasting Songs」のパートが始まる。

 本日初の日本語曲となる「星屑」と「花守の丘」の、童謡のように一定のテンポを刻む音楽に浸っていると、それに続くアニメ「noir」のコーナーでは一転して、駆け抜けるようなメドレーが展開された。梶浦の仕掛ける揺さぶりに心地よくなっているところで、本日のゲスト、伊東えりが登場!


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声