発売直前! クローズドセッションで明かされた「GT5」最後の秘密とはTGS2010【グランツーリスモセッション】

9月16日、ポリフォニー・デジタルおよびSCEが開催したクローズドセッションで、まもなく発売される「グランツーリスモ5」の様々な新要素が公開された。

» 2010年09月19日 19時22分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

今度の「GT」はPCブラウザからもプレイ可能!?

ポリフォニー・デジタル代表取締役 プレジデントの山内一典氏

 いよいよあと1カ月半ほどで発売を迎える、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のPS3用オンラインカーライフシミュレーター「グランツーリスモ5」(以下、GT5)。東京ゲームショウ2010初日の9月16日、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏はメディア関係者を招いたクローズドセッションを開催し、これまで明かしてこなかった「GT5」の新要素を多数公開した。

 まず、もっともプレイスタイルに影響を与えそうなのが「マイホーム」の要素だろう。本作における「マイホーム」はいわばネットワーク機能の中心であり、山内氏によればメッセージボードやプレイログ、メール、プロファイル、ギフト、フレンドホッピング(他のプレイヤーのマイホームへ移動すること)といった、ありとあらゆるコミュニティ要素がここに集約されているという。マイホームはプレイヤーにとっての「ホーム画面」であり、簡単なメッセージのやりとりからレースへの招待に至るまで、基本的に他のプレイヤーとのやりとりはすべてこの「マイホーム」を介して行っていくこととなる。

 しかし、「マイホーム」機能が本当にスゴいのはここから。実はこの「マイホーム」機能、「グランツーリスモ・ドットコム」にアクセスすることで、PCのブラウザからも閲覧することが可能だ(正式に機能が実装されるのは11月3日から)。山内氏はこの機能を「GranTurismo Anywhere」と表現したが、今作では文字どおり自分がどこにいても「グランツーリスモ」の世界とつながることができるというわけだ。

 また山内氏によれば、PC版の「マイホーム」からでもフレンドとオンラインでレースを楽しむことができるという。この場合、自分で車を操作することはできず、チーム監督として指示を出す「B-Spec」モード限定となるが、それでもPS3を介さずレースまで楽しめてしまうのは驚き。ちなみにブラウザ上からでも簡単なレースの結果は知ることができるが、終了後、PS3からアクセスすることでより詳細なリプレイも見ることが可能だそう。もちろんの通常の対戦同様、レース結果に応じてクレジットを獲得することもできるので、例えば外出中にブラウザから様々なレースに参加し、クレジットを稼ぐといったプレイスタイルもアリだろう。

新しくなった「GT5」のマイホーム画面
コミュニティ機能がかなり強化されているのが分かる
車のカスタマイズなど、従来通りの機能も

 続いて山内氏は、一風変わったルールで対戦することができる「スペシャイベント」の中から、本作で新たに追加される「グランツーリスモラリー」を紹介した。

「スペシャルイベント」では、ラリーやカートレースなど様々なルールが楽しめる

 ルールは実在のラリーとほぼ同様で、決められた区間内を1台ずつ走り、そのタイムを競うというもの。ただし「プレイ毎にコースが自動生成される」という点が通常のレースイベントとは大きく異なっており、プレイヤーはコ・ドライバーの音声案内をよく聞きながらコーナーに対処していく必要があるとのこと。これまでのシリーズにも「ラリー風」のダートコースは収録されていたが、本格的なモードのひとつとして搭載されるのは初めて。ラリー好きにとってはまさに「待ちに待った」新要素と言えそうだ。

 今回のクローズドセッションではこのほかにも、本作に収録される新車種やコース、天候や時間の要素など、これまで未公開だった要素を次々と紹介していった。会場で発表された要素については以下のとおり。

コース

 今回新たに収録が発表されたコースは、「GT」シリーズでおなじみの「トライアルマウンテン」と「ラグナ・セカ」、そして完全新規での収録となる「サルト・サーキット」の3つ。「サルト・サーキット」については今作の見所のひとつでもある「夜間レース」に対応しており、昼夜2種類の表情を併せ持つのが特徴。また既存の「トライアルマウンテン」と「ラグナ・セカ」も今作のために新しく作り直されているとのこと。

トライアルマウンテン

ラグナ・セカ

サルト・サーキット(夜)

サルト・サーキット(昼)

車種

 フェルディナント・ポルシェらに設計されたドイツの軍用車輌「キューベルワーゲン」や、水陸両用車輌として第二次世界大戦で活躍した「シュビムワーゲン」、ヒッピームーブメントの象徴としてしばしば語られる「サンババス」など5車種を新たに公開。ちなみにシュビムワーゲンの水中走行機能については、残念ながら「そこまでは実現できていません」(山内氏)とのことだった。

Volkswagen Kubelwagen typ82 '44

Volkswagen Schwimmwagen typ166 '42

Volkswagen typ2(T1) SambaBus '62

Isuzu 4200R '89

GT by Citroen Race Car

天候

 本作で新たに搭載される「天候」システム。これは「Dynamic Weather System」と呼ばれ、気温や気圧、湿度といったデータをもとに、天候の変化をダイナミックにシミュレートできるのが特徴。天候ひとつとっても妥協せず、きちんと「シミュレート」しようとするあたりがなんとも「GT」らしい。もちろん視界や路面の滑りやすさなど天候がレースに与える影響についてもしっかり再現されており、悪天候下ではこれまで以上にテクニカルな操作が求められることになりそうだ。

悪天候下でのレースの様子

Project “X1 Prototype”

 今回、会場で新しく発表されたプロジェクト。これはポリフォニー・デジタルとレッドブル・レーシングとの共同プロジェクトとして行われるもので、簡単に言えば「もしもレギュレーションに縛られず、今ある技術の中で“最速”の車を作ったとしたら……?」という「IF」を実現してしまおう、というもの。コンセプトおよびデザインはポリフォニー・デジタルが担当し、実際の開発はレッドブル・レーシングが中心となって行う。プロジェクトは現在進行形で進んでいるが、そのひとつの答えが「GT5」内には収録されるようだ。当然、あらゆる意味で「規格外」のトンでもないレースカーになることが予想され、実際に使うことができるのは「それなりにがんばった人」(山内氏)のみとのこと。

「地上最速」のレースカーを目指す「Project "X1 Prototype」

企画はレッドブル・レーシングの協力により現在も進行中

(C)Sony Computer Entertainment Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.
ALT ITmedia Gamezの「東京ゲームショウ2010」特設サイトもご覧ください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」