「Minecraft」に続く成功例となるか? ドット絵サンドボックスゲーム「Terraria」が面白い日々是遊戯

インディーズゲームながら発売10日間で20万本を売り上げ、話題となったRe-Logicの「Terraria」。中毒性は「Minecraft」以上か?

» 2011年07月21日 14時16分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

中毒性は「Minecraft」以上!?

 ここのところハマっているのが、Steamのサマーセール中に買った「Terraria」というインディーズPCゲーム。5月の正式リリース以来、洋ゲー好きの間ではたびたび話題にのぼっていたタイトルですが、遊んでみたところあまりにも面白く、久々に寝食を忘れるほど没頭してしまったので紹介します。


 ゲーム内容はひと言で言えば「Minecraft」の2D版と言ったところ。広大なマップの中で、木を切り倒したり、地面を掘ったりしながら、自由に建物やオブジェを作って遊ぶことができる、いわゆる「サンドボックス型」と呼ばれるゲームです。

 グラフィックはスーパーファミコン風のドット絵で、「Minecraft」と違ってサイドビュー視点を取り入れている点が大きな特徴。またモンスターと戦ってレアアイテムを集めたり、手に入れた鉱石で道具をアップグレードしたりといったハック&スラッシュの要素もあり、「Minecraft」にアクションRPGの楽しさを加えたような内容となっています。

ゲーム開始直後の状態。いきなり冒険に出てもいいけど、まずは家くらいは建てておきたい
近場に手ごろな平地を発見。オノで木を切って、スペースと素材を確保していきます

とりあえずこんな感じで作ってみた。家を造ると、そのうちNPCが住み着いてくれたりも
夜になると凶悪なゾンビが沸き出してくる。最初のうちは夜間の外出は控えたい

 マップはランダム生成で、ゲーム開始時に「Small」、「Medium」、「Large」の3種類からサイズを選択する仕組み(「Small」でもむちゃくちゃ広いので、うっかり初プレイで「Large」を選んだりしないように!)。生成されたマップに降り立ったら、あとは基本的に何をしようがプレイヤーの自由です。斧でそこらへんの木を切って家を建てるもよし、手近な洞窟を見つけて探検してみるもよし。世界の果てにはまだ見ぬダンジョンや宝箱が存在し、地底深くにまで穴を掘り進めていけば、やがては溶岩が吹き出す地底の大空洞に行き着いたりもする。「家の地下を掘っていたら巨大な地底湖にブチ当たってしまった!」――なんてドラマチックな展開もあって、とてもランダム生成とは思えないような、驚きと変化に富んだマップも「Terraria」の大きな魅力のひとつとなっています。

 地面の中にはときおり銅や鉄などの鉱石が埋まっていて、掘り出して持ち帰ることで、オノやピッケルといった道具をグレードアップすることができます。基本的に、金などのレアな鉱石は地下深くの方が見つかりやすいため、掘れば掘るほどキャラクターが強くなる仕組み。カバンがいっぱいになるまで掘ったら、いったん自宅へ戻ってアイテムを生成。邪魔なアイテムをしまったら、洞窟に戻ってまたひたすら掘り続ける――。プレイ時間の大半はこの単調な往復作業の繰り返しですが、遊んでみるとこれが何ともいえず楽しい。もちろん採掘以外にも、家を拡張したり、別のダンジョンを開拓してみたりとやることは多く、「あれもしたい、これもしたい」と悩んでいるうちにアッと言う間に時間は過ぎていきます。

家から少し離れたところに洞窟を発見。とりあえず中に入ってみることに
中に入ると、いきなり宝箱を発見。便利なアイテムは入ってるかな……?

洞窟の奥で採掘中。行き止まっても、ピッケルさえあればどこまでも掘り進んでいける
手に入れたアイテムを組み合わせて、いろんな道具を作れるあたりは「Minecraft」同様

 海外ニュースサイトによれば、インディーズゲームにもかかわらず発売から10日間で約20万本のセールスを記録するなど、「Minecraft」に次ぐ成功例として今後語られていきそうな「Terraria」。開発者によれば本作はまだまだ開発途上とのことで、まだまだ作り込みが甘い部分もありますが、この驚異的な中毒性とワクワク感は他のゲームでは体験できないもの。価格も9.99ドルとお手頃なので、ぜひ多くの人に体験してみてほしい作品です。

本作は最大8人までのマルチプレイにも対応。協力して大きな建物を造ったりしても楽しい

世界のどこかには、地底に広がるジャングルや、溶岩の流れる地底洞窟のようなエリアも

ある程度ゲームが進むと、巨大なボスとの戦闘も。ボスはいずれもかなり手強い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」