ゲイムマンもたまにはガジェットっぽい話をしないと。「クイックス」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

ITmediaガジェットの記事の中で、この連載だけどうも浮いてるような気がする。そこで、第95回となる今回はガジェットらしく、ニンテンドー3DSで配信された「クイックス」(タイトー)を取り上げてみよう。

» 2011年07月29日 10時53分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

3DSでバーチャルコンソールが始まったぞ記念

タイトーの開発センターがある海老名市にて。海老名駅前のショッピングモール・ビナウォーク

 せっかくITmedia GamezからITmediaガジェットに移ったのに、今までこの連載で、ガジェットっぽい記事を一切書いてない。だからトップページを見ても、わたしの記事だけなんか浮いてる。これでは記事のページビューにも影響しかねない。なので今回はガジェット絡みで書いてみることにした。

 で、ニンテンドー3DSの話である。レトロゲーム好きとしては、バーチャルコンソールがWiiに続いて3DSでも始まったことがうれしい。ゲームボーイのソフトを、3DSで買って遊ぶことが可能になったのだ。過去に当連載で取り上げたことのある、「スーパーマリオランド」「星のカービィ」「ドンキーコング」「レッドアリーマー」もラインアップに入っている。

 今回は、3DSバーチャルコンソールのラインアップの中から、もう1本取り上げてみよう。「クイックス」である。ゲームボーイ版は1990年に任天堂から発売されたが、もともとは1981年にタイトーから登場したアーケードゲームだ。ゲームボーイ版発売の時点で、既にレトロゲーム扱いだったような記憶がある。

 本来ならファミコンに移植されててもおかしくないゲームなのだが、どうもファミコンの性能では、このゲームの基本動作である、“線を引く”という表現が難しかったらしい(ナムコの「リブルラブル」も同じ理由でファミコンには移植されなかった)。

 ……と書いた後で調べてみたら、ゲームボーイ版発売後の1991年、海外版ファミコンのNES(ニンテンドーエンターテインメントシステム)に、「クイックス」が移植されていたらしい。知らなかった。

 あと、「ガジェット」という単語の意味が、いまだによく分かっていない。

「クイックス」は、プレイステーション2「タイトーメモリーズ下巻」に収録されている
こちらはゲームボーイ版。ゲームキューブで表示させているから色がついてるが、もともとはモノクロ4階調

点と線

 「クイックス」のゲーム画面には、人間や動物や車といった、実在の何かを模したキャラクターがない。自機も敵も線や点で構成され、あとはフィールドがあるだけ。1981年当時としても異質なグラフィックになっているのは、タイトーアメリカが開発したからだろうか。

 アメリカでは「アステロイド」(アタリ)など、ベクタースキャン方式で表示されたゲームが多数登場した。日本で唯一発売された、ベクタースキャン式の家庭用ゲーム機「光速船」(バンダイ)も、もとはアメリカのGCEという会社が出した「ベクトレックス」というゲーム機だ。

 「クイックス」自体は、通常のブラウン管テレビと同じラスタースキャンで表示されているが、そのゲーム画面は、直線で画面が構成されるベクタースキャンに近い。だからベクタースキャンのゲームが多かったアメリカでは、「クイックス」の画面は違和感なく受け入れられたのかもしれない。

囲まれた面が色分けされるという表現は、ベクタースキャンでは難しいけど

 「クイックス」は、自機“マーカー”を操作し、敵の“クイックス”と“スパーク”を避けながら、フィールドに線を引いて囲むゲーム。フィールドの75%以上を囲むとクリアとなる。操作は4方向レバーと2つのボタンを使用。ボタンに触れずにレバーを動かすと、既に囲んだエリアとまだ囲んでないエリアとの境界線を移動する。ボタンを押しながらレバーを操作すると、新たに線が引ける。

 ボタンが2つあるのは、線を引くときの移動速度が2種類あるから。エリアを囲むとその面積に応じて得点が入るのだが、低速で線を引いて囲むと、得点は高速で囲んだときの2倍になる。

 ゲーム自体のタイトルにもなっているクイックスは、フィールド内のまだ囲まれてないエリアを、縦横無尽に動き回る。マーカーが線を引いている途中で、クイックスにマーカーもしくは引きかけの線が触れるとミスになる。

 スパークはフィールドの、囲んだエリアと囲んでないエリアとの境界線を移動する。2体いて、それぞれ逆方向に移動するので、ぼーっとしてるとマーカーが挟み撃ちに遭う。スパークは、引いている途中の線には入ってこないので、近づいてきたら線を引いて避けよう。もっとも、時間が経つとスパークはもう2体増えるし、さらに時間が経つと、今引いている線にも入り込んでくるようになるのだが。

マーカーのみならず、引いている途中の線に触れてもアウト。線を引いてないときは、クイックスに触れても大丈夫
線を引かなければクイックスには当たらないが、スパークには当たる。引いている途中はその逆
時間が経つと、引きかけの線にスパークが入ってくる。ただしゲームボーイ版は、こうなってもそこそこ粘れる

75%じゃ物足りない

 囲んだ面積が75%になればステージクリアだが、75%を1%上回るごとに、1000点のスペシャルボーナスが得られる。もちろん75%を超えた時点でクリアしてしまうので、75%未満の状態から、どれだけ大きな面積を、一発で切り取れるかが、このゲームいちばんの勝負どころといえるだろう。ただし大きな面積を確保するには、それだけクイックスに近づかなければならず、ミスする危険性も高くなる。

 3面めからは、クイックスが2体現れる。うまく分断するとステージクリアとなり、次のステージの得点が2倍になる。もっとも、囲む面積が少ない分、75%をクリアするより得られる点数が減る。そして、クイックスが2体となると、分断せずにクリアするのは難しい。

高速で細かく陣地を伸ばし、低速で広い面積を確保するのがセオリー
2体のクイックスを分断してクリアしたところ

 「クイックス」はゲームボーイのほか、プレイステーションとプレイステーション2、PSPに移植されている。プレイステーション版は2000年、サクセスの「SuperLite1500」シリーズの1作として、「クイックス2000」というタイトルで発売された。また、2005年に発売されたプレイステーション2の「タイトーメモリーズ下巻」、さらにPSPの「タイトーメモリーズポケット」や「QIX++」にも収録されている。

 プレイステーション版「クイックス2000」には、オリジナルモードとアレンジメントモードがある。アレンジメントではグラフィックが変わり、またスピードアップアイテムが現れる。

プレイステーション版ではオプションで縦画面と横画面どちらかを選ぶことができる
横画面だとレイアウトが変わるが、フィールドの縦横比はあまり違和感がない
プレイステーション版はスパークの動きがオリジナルとやや異なる。線を引いて避けても追いかけてくることがある

 プレイステーション 2で「クイックス」をやってみたが、まあ難しい。クイックスの動きは不規則で読めないし、スパークが速い。3面行けたらいい方だ。もっとも自分の場合、「スペースインベーダー」も3面までしか行けないんだけど。

 プレイステーション 2版は、他機種版に比べて特に難しいようだ。こないだ、秋葉原のナツゲーミュージアムにアーケード版「クイックス」が入っていたのでプレイしてきたが、アーケード版の方がまだ易しかった。アーケード版とSuperLite版がだいたい同程度の難易度で、プレイステーション 2版はそれらより難度が高いといった感じ。

プレイステーション2版のクイックスは速い上に動きが読めない。開始早々にミスしかねない
スパークも速い。まだこれしか線を引いてないのに、フィールド上部からマーカーの位置までもう来てしまう

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」