ゲイムマンもたまにはガジェットっぽい話をしないと。「クイックス」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

ITmediaガジェットの記事の中で、この連載だけどうも浮いてるような気がする。そこで、第95回となる今回はガジェットらしく、ニンテンドー3DSで配信された「クイックス」(タイトー)を取り上げてみよう。

» 2011年07月29日 10時53分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

3DSでバーチャルコンソールが始まったぞ記念

タイトーの開発センターがある海老名市にて。海老名駅前のショッピングモール・ビナウォーク

 せっかくITmedia GamezからITmediaガジェットに移ったのに、今までこの連載で、ガジェットっぽい記事を一切書いてない。だからトップページを見ても、わたしの記事だけなんか浮いてる。これでは記事のページビューにも影響しかねない。なので今回はガジェット絡みで書いてみることにした。

 で、ニンテンドー3DSの話である。レトロゲーム好きとしては、バーチャルコンソールがWiiに続いて3DSでも始まったことがうれしい。ゲームボーイのソフトを、3DSで買って遊ぶことが可能になったのだ。過去に当連載で取り上げたことのある、「スーパーマリオランド」「星のカービィ」「ドンキーコング」「レッドアリーマー」もラインアップに入っている。

 今回は、3DSバーチャルコンソールのラインアップの中から、もう1本取り上げてみよう。「クイックス」である。ゲームボーイ版は1990年に任天堂から発売されたが、もともとは1981年にタイトーから登場したアーケードゲームだ。ゲームボーイ版発売の時点で、既にレトロゲーム扱いだったような記憶がある。

 本来ならファミコンに移植されててもおかしくないゲームなのだが、どうもファミコンの性能では、このゲームの基本動作である、“線を引く”という表現が難しかったらしい(ナムコの「リブルラブル」も同じ理由でファミコンには移植されなかった)。

 ……と書いた後で調べてみたら、ゲームボーイ版発売後の1991年、海外版ファミコンのNES(ニンテンドーエンターテインメントシステム)に、「クイックス」が移植されていたらしい。知らなかった。

 あと、「ガジェット」という単語の意味が、いまだによく分かっていない。

「クイックス」は、プレイステーション2「タイトーメモリーズ下巻」に収録されている
こちらはゲームボーイ版。ゲームキューブで表示させているから色がついてるが、もともとはモノクロ4階調

点と線

 「クイックス」のゲーム画面には、人間や動物や車といった、実在の何かを模したキャラクターがない。自機も敵も線や点で構成され、あとはフィールドがあるだけ。1981年当時としても異質なグラフィックになっているのは、タイトーアメリカが開発したからだろうか。

 アメリカでは「アステロイド」(アタリ)など、ベクタースキャン方式で表示されたゲームが多数登場した。日本で唯一発売された、ベクタースキャン式の家庭用ゲーム機「光速船」(バンダイ)も、もとはアメリカのGCEという会社が出した「ベクトレックス」というゲーム機だ。

 「クイックス」自体は、通常のブラウン管テレビと同じラスタースキャンで表示されているが、そのゲーム画面は、直線で画面が構成されるベクタースキャンに近い。だからベクタースキャンのゲームが多かったアメリカでは、「クイックス」の画面は違和感なく受け入れられたのかもしれない。

囲まれた面が色分けされるという表現は、ベクタースキャンでは難しいけど

 「クイックス」は、自機“マーカー”を操作し、敵の“クイックス”と“スパーク”を避けながら、フィールドに線を引いて囲むゲーム。フィールドの75%以上を囲むとクリアとなる。操作は4方向レバーと2つのボタンを使用。ボタンに触れずにレバーを動かすと、既に囲んだエリアとまだ囲んでないエリアとの境界線を移動する。ボタンを押しながらレバーを操作すると、新たに線が引ける。

 ボタンが2つあるのは、線を引くときの移動速度が2種類あるから。エリアを囲むとその面積に応じて得点が入るのだが、低速で線を引いて囲むと、得点は高速で囲んだときの2倍になる。

 ゲーム自体のタイトルにもなっているクイックスは、フィールド内のまだ囲まれてないエリアを、縦横無尽に動き回る。マーカーが線を引いている途中で、クイックスにマーカーもしくは引きかけの線が触れるとミスになる。

 スパークはフィールドの、囲んだエリアと囲んでないエリアとの境界線を移動する。2体いて、それぞれ逆方向に移動するので、ぼーっとしてるとマーカーが挟み撃ちに遭う。スパークは、引いている途中の線には入ってこないので、近づいてきたら線を引いて避けよう。もっとも、時間が経つとスパークはもう2体増えるし、さらに時間が経つと、今引いている線にも入り込んでくるようになるのだが。

マーカーのみならず、引いている途中の線に触れてもアウト。線を引いてないときは、クイックスに触れても大丈夫
線を引かなければクイックスには当たらないが、スパークには当たる。引いている途中はその逆
時間が経つと、引きかけの線にスパークが入ってくる。ただしゲームボーイ版は、こうなってもそこそこ粘れる

75%じゃ物足りない

 囲んだ面積が75%になればステージクリアだが、75%を1%上回るごとに、1000点のスペシャルボーナスが得られる。もちろん75%を超えた時点でクリアしてしまうので、75%未満の状態から、どれだけ大きな面積を、一発で切り取れるかが、このゲームいちばんの勝負どころといえるだろう。ただし大きな面積を確保するには、それだけクイックスに近づかなければならず、ミスする危険性も高くなる。

 3面めからは、クイックスが2体現れる。うまく分断するとステージクリアとなり、次のステージの得点が2倍になる。もっとも、囲む面積が少ない分、75%をクリアするより得られる点数が減る。そして、クイックスが2体となると、分断せずにクリアするのは難しい。

高速で細かく陣地を伸ばし、低速で広い面積を確保するのがセオリー
2体のクイックスを分断してクリアしたところ

 「クイックス」はゲームボーイのほか、プレイステーションとプレイステーション2、PSPに移植されている。プレイステーション版は2000年、サクセスの「SuperLite1500」シリーズの1作として、「クイックス2000」というタイトルで発売された。また、2005年に発売されたプレイステーション2の「タイトーメモリーズ下巻」、さらにPSPの「タイトーメモリーズポケット」や「QIX++」にも収録されている。

 プレイステーション版「クイックス2000」には、オリジナルモードとアレンジメントモードがある。アレンジメントではグラフィックが変わり、またスピードアップアイテムが現れる。

プレイステーション版ではオプションで縦画面と横画面どちらかを選ぶことができる
横画面だとレイアウトが変わるが、フィールドの縦横比はあまり違和感がない
プレイステーション版はスパークの動きがオリジナルとやや異なる。線を引いて避けても追いかけてくることがある

 プレイステーション 2で「クイックス」をやってみたが、まあ難しい。クイックスの動きは不規則で読めないし、スパークが速い。3面行けたらいい方だ。もっとも自分の場合、「スペースインベーダー」も3面までしか行けないんだけど。

 プレイステーション 2版は、他機種版に比べて特に難しいようだ。こないだ、秋葉原のナツゲーミュージアムにアーケード版「クイックス」が入っていたのでプレイしてきたが、アーケード版の方がまだ易しかった。アーケード版とSuperLite版がだいたい同程度の難易度で、プレイステーション 2版はそれらより難度が高いといった感じ。

プレイステーション2版のクイックスは速い上に動きが読めない。開始早々にミスしかねない
スパークも速い。まだこれしか線を引いてないのに、フィールド上部からマーカーの位置までもう来てしまう

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評